重賞回顧ブログ~The結果論~

レースの後からなら何とでも言える。そんな結果論から次の当たりを導き出すBlogです。

2018中日新聞杯の回顧

 実はクロフネの後継って、現状フサイチリシャールしかいないんですよね。活躍馬が牝馬に偏ってしかも芝短距離馬…大半の産駒の主戦場であるダート系の馬となれば初めてって事になります。オーナー系の牧場ですから種付け数は見込めないかもしれませんが、非サンデー&キンカメでミスプロのみ内包(母父フォーティーナイナー)って結構使い勝手が良かったりすると思うので、頑張って欲しいなぁと思う次第です。

 

中日新聞杯

Lap・馬場振り返り

12.6-11.0-12.2-11.5-11.4-11.8-12.3-12.3-11.8-12.4=1:59.3

 マイスタイルが出て1角までにハナを取りきったのだが、例年であればもっとペースの落ちる3F目であまり落とさず、向正面に入ってからは更に加速する始末…結局4F目までについた差が6F目以降でジリジリと詰まって残り350m位で吸収されており、追いかける側もかなり苦しいペースになったと言えるだろう。位置取り的には後ろにいればいるほど有利だったのではないだろうか。

 

各馬振り返り

 ギベオン:中団から地力勝負で早めに先頭に立ってそのまま押し切った。ココでは力が一枚上だというパフォーマンス。器用さもある馬で、G1云々は置いといたとしても、かなり好走パターンが広く安定して走れそうな予感。

 ショウナンバッハ:今回は寄られて後方からの競馬になったことがプラスに働いた結果。とは言え、いつでも自身の脚はしっかりと使える馬だけに、このクラスでも常にヒモには加えておきたい一頭だ。

 ストロングタイタン:比較的前目で踏ん張っただけに価値はありそうだが、この上りになって一番恩恵を受けたのはこの馬で、その点はあまり考えないでよいだろう。引き続き上がりの掛かる舞台で。

 レイホーロマンス:キャラ設定としては2着馬と同じ。いつでも自分の脚は使えるタイプ。人気ではあまり買いたくないがこの斤量で出られる以上、常に注視は必要。

 メートルダール:後継持続力勝負でこその馬。ここはペースが合わなかった。直線でモタレ加減なところもあったので見直し可能と判断する。

 エンジニア:気になっていた馬。この流れは流石にキツすぎた。G3レベルで流れが合えばやれる馬なので、懲りずに狙ってみたい。

 マイスタイル:チークピーシーズが完全に裏目。鞍上も逃げ馬に乗るといつも以上に信頼度が下がるので、変えたほうがいいと思う。

 

 

 流石に狙い馬という感じにはなりませんが、全く流れが合わなかったのがこの馬… それに加え2角で挟まれるような形になったのも痛かったです。後継持続力Lapが見込める舞台なら巻き返せるはず。







(↑よろしければクリックしてやって下さいませ)

(↑ブログ更新のメール配信をご希望の方は…開催日には、メール通知限定の狙い馬も配信してます)

2018カペラSの回顧

 ここは香港マイル完勝のBeauty Generation(美麗傳承)が出てくるっぽいですね。この馬ならいい勝負が出来ると思うので、期待したいです。

 

カペラS

Lap・馬場振り返り

11.8-10.3-11.3-11.8-12.1-12.9=1:10.2

 前後半差3秒がデフォルトのレースだが、今年は3.4を記録。ただ同日8R(1000万下)が33.5-37.1=1:10.6(前後半差+3.6)だったことを考えると、ラストのLapの落ち込み方はかなり不満。しかも逃げ馬を追いかけた先行組は直線早々に止まってしまう体たらくぶりであり、基本的には「前の馬も踏ん張れるだけのペースだったものの、それらの馬がだらしなく後方の馬の台頭を許した」という図式と見ておきたい。

 

各馬振り返り

 コパノキッキング:芝スタートでダッシュ付かず後方からも、直線だけでごぼう抜き。とは言え、相手に恵まれた感は拭えず、安定感のないスタートもプラスには捉えられない。それでいて勝ち方は派手だった分、次以降も人気にはなるだろうし、個人的には積極的に買いたいタイプではない。

 サイタスリーレッド:元々ダッシュのある馬で行き切ってナンボなだけに、お望み通りの展開になったということだろう。また、決して厳しいペースを作ったわけではないことは覚えておきたい。基本は6F専用だが、息の入りやすい地方交流なら7Fでも対応はできそうだ。

 キタサンミカヅキ団子状態の先団を見る位置から、上手く内目を捌いてきた。58キロであることを考えると上々の内容だが、JBC位走れたら普通に勝っていた可能性も高く、流石に状態がそこまではなかったと言うことか。いずれにせよ7Fでも脚は使える馬で、来年以降も比較的安定した結果が望めそう。

 タテヤマ500万下を勝ちきれなかった馬が、今秋1000万~1600万と連勝し、重賞のココでも掲示板確保。センスがあって立ち回り力の高い馬で、馬群の中でも競馬が出来るようになったのは大きい。OP特別なら普通に勝ち負け。

 ヴェンジェンス序盤からついていけず。差しに回って悪い馬というわけではないだけに力負けとも取れる内容だったが、今なら追走が楽な7F戦のほうがベターかも。

 キングズガード:ちょっと期待したのだが…手変わりが裏目に出たとしか言いようがない。

 

 

 5着馬と似たような評価ですが、差しに回って安定感を欠いてしまうタイプの馬が…
 同じくこのレベルでの6F戦はあまり向かない印象で、次以降距離延長の舞台なら狙ってみて面白いかもしれません。




(↑よろしければクリックしてやって下さいませ)

(↑ブログ更新のメール配信をご希望の方は…開催日には、メール通知限定の狙い馬も配信してます)

2018阪神JFの回顧

 リスグラシューは惜しかったですが、後は…な感じで。純粋な力負けも展開に負けたたレースもありましたが、近年の香港勢は本当に力をつけてきています。内地のトレセンが出来れば、更に底上げが図られそうで日本のG1にも遠征…うかうかしれられない日がやってくるかもしれませんね。

 

阪神ジュヴェナイルフィリーズ

Lap・馬場振り返り

12.2-10.7-11.9-12.2-12.1-11.0-11.8-12.2=1:34.1

 内からベルスールが出るところをメイショウショウブが競って行き2F目はペースは速くなったのだが、前者がハナを取り切ると一気にペースダウン。緩みを作っての直線勝負となった。後半で特徴的なのは上がり3F目で一気に最速Lapを叩き出して我慢比べに持ち込んだこと。1.1のペースアップというのはやはり前を行く馬の中で対応できるものは少なく、それが後方からの差し込みを呼んだと言える。前哨戦で言えばアルテミスSに近かったと言えるだろう。

 

各馬振り返り

 ダノンファンタジーすっと控えて後方から。枠なりに外目を追走しつつ、直線入り口では先に動いた2着馬と馬体を併せつつ、すっと前に出て、その状態のまま一気に前を捕らえきった。前走もそうだったが、基本的に溜めて弾けさせる馬で、高い上がり性能を有していることは分かった。ただ前半中盤が厳し目のペースになった時にも、それが出来るのかという懸念点は拭えておらず、クラシックの明るい展望が開けたというわけでもない。あくまで有力どころの一角という感じで見ておこう。

 クロノジェネシス流れも悪くなかったし、しっかりと自身の脚を使えた分、結果的に出遅れさえなければいう感想が強く残る内容だった。鞍上の差含めてみても、勝ち馬と互角の力はあると個人的には見ている。バゴなので瞬発力特化型というわけではないだろうが、勝ち馬同様、しっかり流れた時にどんなパフォーマンスになるかは要チェック。

 ビーチサンバ:中団から直線外に出して追い上げたが、残り300時点で勝ち馬には並ばれており、勝てる要素の少ない3着だった。裏を返せばギアアップを必要とする勝負は向いていないということだろう。ただこういった馬のほうが立ち回る力もあり、来年以降ペースが上がったレースになった時に穴を開ける可能性が高いことは覚えておきたい。

 シェーングランツ:内目から直線だけ外目に。結果そこで若干もたついてしまった。出負けでもして後方から外を使う競馬だったらどうだったのか…枠的にも展開的にも不可抗力とは言え、少しもったいない競馬だった。距離が伸びるのも悪くなさそうで、個人的にはオークスで注目したい。

 プールヴィル:最速区間を最内で上手くやり過ごせた事が大きく、決してトップスピードに長ける馬ではない。それでも外の決め脚上位馬優勢の中で、メイショウショウブに挟まれながら、残り1Fからもう一度伸びたあたりは実力の片鱗を垣間見せただけに、来年も少し注目したい一頭。

 

 

 ギアアップが必要な外回りになって適正が比較的ハッキリと出るレースになったと思うのだが、行きっぷりからやはり距離が短いほうがベターだと感じたのはこの馬→
 早い時期から完成していただけに上積みを望むのは難しいかもしれないが、春いっぱいくらいならどこかで巻き返しがあっても驚かない。







(↑よろしければクリックしてやって下さいませ)

(↑ブログ更新のメール配信をご希望の方は…開催日には、メール通知限定の狙い馬も配信してます)

2018中日新聞杯の気になる馬

 時間も時間ですので手短に。明日はエントリすら上げられない可能性がありますので。

 

中京11R 中日新聞杯(G3) 芝2000m

ちょっと気になる馬

エンジニア

 →前走は掲示板止まりだったが、上がりが速すぎて対応できず。その前の新潟記念は流れこそ悪くなかったが、外枠が災いしてあと一歩伸びきれなかった。今回は後傾持続力勝負想定の中で内で脚を溜められるという理想的なレース運びが叶いそう。メンバー的にも決め手にかける中途半端な構成で、一発あっても頷ける条件は揃った。

 

馬券はどう買う

 前段の通り、人気どころも信用できないタイプが多いので、手広く均等買いで高め待ちといった感じが面白そう。02 03 04 06 07 08 09 10 11 14の45点まで広げたいが、14絡みはガミの可能性があるので、そこだけは重ね買いで。ただ合成オッズは3倍台なので、あくまでお遊び程度の小銭でという感じで。

 

 

その他気になる馬

中京12R 

 →距離短縮と初ブリを狙いたい。上がりの脚がない馬なのでそこそこ流れるこの距離のほうが走りやすそうだ。






(↑よろしければクリックしてやって下さいませ)

(↑ブログ更新のメール配信をご希望の方は…開催日には、メール通知限定の狙い馬も配信してます)

2018チャレンジカップの回顧

 チャレンジカップチャンピオンズカップを同じ週にするのはどうなんでしょうかね。前者は施行日程や距離がコロコロ変わって可哀相な重賞なんですが…

 

チャレンジカップ

Lap・馬場振り返り

12.7-11.4-12.3-11.8-11.5-11.7-11.7-11.7-11.5-12.0=1:58.3

 マルターズアポジーのペース…3番手との差で見ると5F通過で1.7程度だったのが残り4Fから詰まりだして、残り1Fで吸収されたことを考えると上がり3F目で最速を記録する出し切るタイプのロングスパート線だったと言えるだろう。

 

各馬振り返り

 エアウインザー:Lap最速を記録した区間で自ら動いて捕まえての完勝で目下の充実ぶりを示したと言える。有力どころとの対戦はまだだがそれすら楽しみにさせる内容で来年が楽しみな一頭。溜めて切れるタイプではないので、やはりロングスパート戦の方が良いのは覚えておきたい。

 マウントゴールド:切れ味に乏しい馬で勝ち馬に来られた時に抵抗できなかったのは仕方なし。それでも地味に力をつけており距離が伸びても面白そう。

 ステイフーリッシュ:差しに回っても伸びてきた辺りようやく復調してきたと思えるし、距離もこのくらいが良いのだろう。ただ4角での反応は勝ち馬に劣っており、トップスピードは高くなさそうなので、勝ち負けまで来るには流れを選びそう。

 ダンビュライト:スタート一息。差しに回って強調できる馬ではないので仕方なし。見直し可能。

 レイエンダ:この流れで前にすら迫れていないのはかなり不満。弱いわけではないが、基本的に人気が先行するタイプで次以降もあまり信用しないほうが…

 

 

 見え見えだが、全く自身の競馬ができずにやらずに終止したのは→(ロードヴァンドール)楽逃げできればまだチャンスは有るはず。







(↑よろしければクリックしてやって下さいませ)

(↑ブログ更新のメール配信をご希望の方は…開催日には、メール通知限定の狙い馬も配信してます)

2018ステイヤーズSの回顧

 

 長谷川浩大セフティーエンペラ。良かったね。

 

ステイヤーズS

Lap・馬場振り返り

13.0-12.0-13.7-12.4-12.0-12.9-12.8-12.9-12.8-12.8-13.4-12.7-12.4-11.6-11.7-11.8-11.7-12.6=3:45.2

 カレンラストショーがすんなりとハナで隊列も早々に決まりスローへ。有力どころも比較的好位で運んで牽制し合うように道中もほぼ動きのないレースとなった。動き出しは内回りらしく向正面からだったが、ラストは12.6まで落としてのゴール。この距離のレースで時計を語っても仕方ないのだが、ラストはもう少しまとめてほしかった…やはりアルバートのためのレースだったということだろう。

 

各馬振り返り

 リッジマン:前を見ながらしっかり運んで差し切り。メンバー内では距離適性が最も上だったということだろう。ダイヤモンドSならいい勝負が出来るだろうが、それ以外は…

 アドマイヤエイカン決して条件は良かったとは思えないが、しぶとく粘った。器用貧乏タイプで今後もそんなレースが続きそう。

 モンドインテロ:久々の重賞での好走もメンバーに恵まれた事と、鞍上強化の賜物という印象が強く、評価を変える必要はないだろう。

 

 

 年に1回しか行われないレースで今年のメンバーならあまり語ることはないのですが、内目で仕掛けそびれた印象があるのはこの馬→(マサハヤダイヤ)上がりはしっかりと出しているので、そこまで気にする必要ないかもしれませんが、自己条件で上がりが掛かる流れになれば戦えそうです。






(↑よろしければクリックしてやって下さいませ)

(↑ブログ更新のメール配信をご希望の方は…開催日には、メール通知限定の狙い馬も配信してます)

2018チャンピオンズカップの回顧

 日本滞在時恒例となった積み残しですが、恐らくそのまま放っておくことになると思います。ご了承ください。

 

チャンピオンズカップ

Lap・馬場振り返り

12.8-11.2-13.1-12.5-12.3-12.3-12.3-11.7-11.9=1:50.1

 先行争いはほぼなく淡々とした流れ…4角での溜めは無かったが、スローから残り5F以降の下り坂でも大してペースが上がらずに、登り坂部分で上がり最速を記録しており、中京らしい前有利の展開だったと言える。

 

各馬振り返り

 ルヴァンスレーヴ:出遅れが懸念材料と思っていたが、スタート決めてがっちり番手から後は抜け出すだけだった。流れ的には悪くなかったが、3歳の時点で上がり2位の脚を使って後ろを完封してしまった事は、過去にも見られなかったことで、来年以降も無双ができそうな気配。ドバイは難しいかもしれないが、是非行って頂ければ。

 ウェスタールンド:ポツン最後方から3~4角最内でワープ。結果芝並みの上がりを記録して突っ込んできた。シリウスSでも見せたが、その特性を生かす好騎乗と言えるだろう。まともに乗っては威力半減で、再現性の低い乗り方しか出来ないが、ハマればG1でも…とりあえずフェブラリーSはいらない。

 サンライズソア:3~4角で外目をいかざるを得なかった点も踏まえて、結果的にもっと張っていけばよかったということ…この上がりで受けに回って良さが出る馬ではないので。モレイラ…うーん。

 アンジュデジール:JBCとはまるで違うペースを逃げて演出。結果あわやのシーンを作っただけに取った作戦としては悪くなかったと言えるだろう。上位とは力負けも、対牡馬でも噛み合えば比較的やれそう。

 オメガパフューム:結局、正攻法の差し系の馬がやれる流れではなかったということ。色々とロスが多い中でも掲示板を確保できたことは力の裏返しと見て良い。この舞台ではサウンドトゥルーの時くらいの流れならばだが、他の舞台では巻き返し可能。

 サンライズノヴァ:まぁよくやったほうで、現状の好調ぶりを示す結果だったと思う。2着馬はおいておいてもそれ以外で最速になれていない以上、距離限界と見たほうが良さそうだ。

 ケイティブレイヴ:促すも行けずに後方よりの競馬に。それでいて自身で動くシーンを作れなかった以上、こうなるのは仕方のないところだろう。ちょっと前ならいっくんらしいとか言っていたのだろうが、今年はJBC以後状態面で本物ではなかった可能性も。あと坂は良くない疑惑も。

 


 速すぎる上がりに対応できなかった部分もあり、適条件なら普通にやれそうに感じたのがこの馬→(ヒラボクラターシュ)G1では歯が立たなかったが、重賞クラスなら普通に戦える馬…外枠がベターでもある。







(↑よろしければクリックしてやって下さいませ)

(↑ブログ更新のメール配信をご希望の方は…開催日には、メール通知限定の狙い馬も配信してます)

フォローする