重賞回顧ブログ~The結果論~

レースの後からなら何とでも言える。そんな結果論から次の当たりを導き出すBlogです。

先週の反省 7/8 その2 プロキオンS篇

 出張中でちょっとバタバタモードですので手短に行こうと思います。次週もそんな感じになりますのでご容赦くださいませ。

 

プロキオンS

Lap・馬場振り返り

11.9-10.7-10.9-11.2-11.6-11.2-12.8=1:20.3(R)

 日本レコードすら1.2秒も更新する超高速決着…元々開催初日の良馬場でも時計は速かったのだが、それが不良になれば尚更という結果だった。驚くべきはこれで加速Lapが含まれているという事である。それでもラストは通常の良馬場以上にガクッと掛かっており、後ろからでも間に合うだけの余地はあったとおもうのだが、体感的にはかなり速い事は差しに構えたジョッキーも分かっていたはずで、その中で後方から積極的に仕掛けていくのは難しかったのではないかと想像する。

 

ちょっと気になっていた馬

☆ 05 ルグランフリソン(11着/8人気)

 →押せ押せながら中団キープも直線は全く伸びず。道中を見ている限りここまでの高速馬場でスピード負けしていた節もある。ここまで負ける馬ではないが、重賞では少し荷が重いのかも。いずれにせよ狙いすぎ陳謝。

 

その他の馬

 マテラスカイ:好発、好ダッシュでマイペース。ラストは止まり気味になったが、後ろの馬はもっと止まっており楽勝だった。ドバイを挟んでの4連勝の中に良馬場は無し。とにかく基礎スピードが高い馬であることは再確認できたし、7Fも芝スタートも全く問題なかった。後は時計の掛かる馬場になってどうか…個人的にはそこまでのスーパーホースではないと思っているので、条件次第でしっかりと出し入れしたい。

 インカンテーションやや出負け。そしてスピードについて行けない形で押しながらも中団。直線もやや狭くなりかけたが、前が空いた後からはしっかりと伸びて2着は確保した。初距離そして超高速馬場と、言い訳できる要素はあったし、乗り方も結構ひどかった中で結果を出せたのはやはり力の裏返しと言えるだろう。力落ちはなくこの秋も期待できる一頭として考えたい。

 ウインムート:勝ち馬が速すぎて控える競馬も慌てること無く追走…勝ち馬に並ぶシーンはなかったが、しっかりと自身の脚だけはつかって馬券圏内は確保できた。このプランでも結果を出せたのは安定感の証。距離が伸びるのは良くないだろうが、7F戦なら今後も無視できない存在。恐らく6Fでも対応可能。

 サクセスエナジー:この馬の速さなら、中団からの競馬になるのも仕方なし。直線も内を突いてそれなりに伸びていた。58キロのスピード比べの条件でも結果を出せたのは好材料。次走も要注目。外枠ならなおベター。

 ブラゾンドゥリス:ベスト条件を利して好位からの粘り込み。まぁこの人気は舐められていたと思うが、必要以上に評価を上げる必要もないだろう。

 キングズガード:前も止まらない中、自力でどうにかできるタイプの馬ではないだけにこの結果も仕方ない。高速馬場で勝負どころで差を詰めるのも難しかった。一応参考外としておきたい。

 

 今回もバレバレかもしれませんが、ここに挙げなかった馬で次走もちょっと注目したいのがこの馬…自身の競馬が出来ていなくても止まっていないのは立派です→

 




(↑よろしければクリックしてやって下さいませ)

(↑ブログ更新のメール配信をご希望の方は…開催日には、メール通知限定の狙い馬も配信してます)

先週の反省 7/8 その1 七夕賞篇

 オッサン達の無駄遣い大会2日間が終わりました。果たして今日落札された馬たちの生涯獲得金額は179億に届くのでしょうか。自分も七夕賞の馬券が当たってれば参戦しよ…(以下、省略)

 

七夕賞

Lap・馬場振り返り

12.4-10.8-11.2-12.0-11.8-11.9-12.1-12.6-12.9-13.1=2:00.8

 いくら1角までの距離が長いとはいえ、マイネルミラノがこのペースを踏めた事が驚き…更に後続各馬もあまり離されずについていったことで、どの馬にもしっかりと負荷の掛かる完全消耗戦での決着となった。位置取りで言えば後ろにいればいたほど流れが向いたということになる。また馬場的には発表は良馬場だったが、稍重から回復したばかり…いかにもパワー必須で時計が掛かる馬場だった事は覚えておきたい。

 

ちょっとだけ気になっていた馬

△ 04 メドウラーク(1着/11人気)

 →スタート直後は前目を目指したが、ペースが早くすぐに控えて後方へ。3~4角で押しながら前を目指し射程圏に入れると直線もしぶとく伸びて押し切った。ペースを読み違えている以上、全く褒められた推奨ではなかったが、上がりの掛かる馬場でこその馬というのは、この舞台でもしっかりと発揮できた要因と言えるだろう。また鞍上の好判断も光った。合わせて考えても再現性の乏しい結果であることには違いなく、次の狙い目は立ちそうにない。

 

その他の馬

 マイネルサージュ:マイネル3頭の中では、この馬のためのペースだったと言っても過言ではないし、それをしっかりと生かして伸びてきた。勝ち馬よりはまだ速い馬場の適性はあるものの、ピッタリと言うわけではないので、サマー2000制覇まで見た時にはちょっと厳しいかも。

 パワーポケット:この流れで後方組が外をぶん回している中、内目の経済コースを突いて3着目まで浮上してきた。軽量、流れ、立ち回り全てが向いた結果であり、自己条件でも流れが向かないと勝ち負けは厳しいはず。

 サーブルオール:この馬にとっても流れは悪くなかったし、人気を考えると早目に前を目指すのも仕方のない部分ではある。この馬も高速馬場や、上がりの質で勝負するレースは合わないので、サマー2000続戦なら馬場の見極めは重要となる。

 ワンブレスアウェイ:前を積極的に追いかけ、早くに手が動き始めるものの何とか掲示板は確保。ようやく出が安定してきたのは好材料だし、ここまでの消耗戦が合う馬ではないので、一定の評価はしておきたい。本来は小回りの10Fで一瞬の脚を生かすようなレースがあっており、サマー2000の舞台で狙える要素はまだあると思うのだが。

 レイホーロマンス:最初から流れが分かっていたら、恐らくこの馬を買っていたとおもうのだが、序盤は高い位置…特に2角までの速い部分で脚が溜まらなかったのは痛かった。後傾持続力勝負で今一度。ハンデの乱戦であれば突っ込んでこられる余地はあるはず。

 

 再現性の乏しいレースでしたので、負けた馬にも見直しができる馬がいるのですが、馬場も位置取りも全く合わなかったのはこの馬。この流れで向正面で前を突きに掛かるか…というのが正直なところでした。ここまで書いたらバレバレかもしれませんが、一応…この馬です→ マイネルフロスト…個人的には新潟記念ならまだ買えると思っています)

 




(↑よろしければクリックしてやって下さいませ)

(↑ブログ更新のメール配信をご希望の方は…開催日には、メール通知限定の狙い馬も配信してます)

7/8 ちょっと気になる馬

 オジュウチョウサンのローテーションに関して、外野が騒がしいようです。個人的には有馬記念を目指すならそれはアリかなと思います。ファン投票さえあれば500万の馬でも出られるという、元々そういう性質のレースですからね。ただ賑やかしで終わらないためには、少なくともステイヤーズS辺りでもいい勝負出来ていないといけないわけで、それだけの力はないかなとも思っているのですが…まぁ、もし有馬記念に出てきて、それ以降も平地を走らせるというのであれば、うーんともなりますが、少なくとも今年はいいんじゃないのかなと思う次第です。

 

中京11R プロキオンS(G3) ダ1400m

Lap・馬場想定

 行きたい馬がこれだけ揃ったレースも珍しい。こういうレースは意外とペースが落ち着くというのが展開読みあるあるなのだが、今回は素直に激流になる線に乗ってみたい。狙いはもちろん差し系の馬だが、単純に外々を回すような競馬では届かないのが中京ダートであり、その辺りで少しだけ捻ってみたいところだ。

 

ちょっと気になる馬

☆ 05 ルグランフリソン

 →基本は前付けからの抜け出しが好走パターンの馬だが、最初から差しに構えるのであれば脚も使える馬…それでいてある程度のダッシュ力もあって大きく置かれる事もなさそうでこの舞台では格好の狙い目に映る。前走は内で伸びあぐねた通り、内枠はあまり良くない馬だが、前述の通り、最初から差しに構えて立ち回るだけに、自由にコース取りが出来るはずと前向きに捉えたい…こういった展開はレースは受けに回って良いこの鞍上がいかにも合いそうだ。

 

馬券はどう買う?

 謙虚に(?)3連複メイン。逃げ先行組も骨っぽいメンツだけに、前が壊滅というわけではなさそうで、一応2列目は01 03 06辺りに固定し、3列目はズラッと並べてみたい。無茶苦茶に荒れるところまでは期待しないほうが良さそうだ。

 

 

その他気になる馬

△ 福島11R 

 →テンの遅いマイネルミラノが行けそうなメンバー構成。それでいて時計はしっかりと掛かりそうな馬場で、というわけで位置取りの利もあって上がりの速くない馬場でしか勝負にならないこの馬を小銭で買ってみたい。1頭軸流しの100円多点買いで。

 






(↑よろしければクリックしてやって下さいませ)

(↑ブログ更新のメール配信をご希望の方は…開催日には、メール通知限定の狙い馬も配信してます)

先週の反省 7/1 その2 ラジオNIKKEI賞篇

 名伯楽であることは言うまでもないのですが、サンクスホースプロジェクトなども手がけておられる程の方が、普通に酒のんで運転しちゃうレベルのムラ社会なんでしょうね…きっと。そんな中でも、まともな側の人だと思っていたのに残念です。そういや、にんじん倶楽部でこの厩舎の一頭に出資してて、中た…(以下、省略)

 

ラジオNIKKEI賞

Lap・馬場振り返り

12.2-10.4-11.6-12.1-12.4-12.3-11.9-11.6-11.6=1:46.1

 ケイティクレバーは遅くて行けず…代わってダッシュよく飛び出したのがキボウノダイチ。2F目で10.4と叩き出してぶっ飛ばし体制かと思いきや、向正面ではしっかり緩めて一団で後半の上がり勝負となったのだが、ペースが上がるのが遅れ、かつラストまでLapを落とさずゴールしており、差してくる馬は軒並み脚を余すような形になったと言えるだろう。馬場的には開幕週で内目優勢かと思いきや、そこまでの有利不利はなくフラットに近い状態だった。

 

各馬振り返り

 メイショウテッコン:緩急にうまく対応しての抜け出し。唯一のOP勝ち馬で力上位だったのに違いはないが、今回のLap構成が白百合Sのものとかなり似ており、コース形態は違えど、ペース適性はあったということである。元々の長距離での立ち回り巧者ということで考えると、神戸新聞杯で負けて、菊花賞で内枠でも引けば巻き返し…そんな未来が見え隠れするのだが果たして。

 フィエールマン:出負けで後方から。一団で勝負どころを迎えた故、大外をぶん回す結果になったのだが、それでも鋭く伸びてきた。流れ、位置取り、そして下手乗りといっても良いくらいの立ち回りを考えると、勝馬より上と見るべきだろう。前走も上がり1F最速Lapを差し切っており、内容以上の力を秘めた馬と見ておきたい。ただバレバレで旨味はほぼないだろうが…

 キボウノダイチ:前走はスロー逃げの恩恵もあったという感じだったが、今回はテン飛ばして、中盤緩めての再加速という図式での好走。ただペースアップをギリギリまで遅らせた事もプラスに働いており、必要以上の評価はしなくて良い。コーナー4つのコースで立ち回り力を活かす競馬で引き続き。

 マイハートビート:後方内目から。4角まではコーナーワークでポジションを上げ、直線だけ少し外に出して伸びてきた。これは立ち回りでもぎ取った4着。逆に言えばそれでもこの程度の上がりしか出せない馬という事は覚えておくべき…基本、高速馬場は向かない。

 エイムアンドエンド:3角でメイショウテッコンがやや外目に行ってくれたおかげで、前との差を詰めて2列目のポケットで直線を迎えたのだが、ラスト1Fで見劣ってしまった。これで前の馬をかわせなかった以上、力負けと言わざるをえない。まだ500万に出られるので、その辺りは問題ないだろうが。

 イエッツト:枠的に仕方ないかもしれないが、終始外を回り、4角では更に大外をぶん回して来た。流石にやや強引だったと言わざるをえない騎乗…プリンシパルSの3着は中々良い競馬だっただけに、改めて見直したい。

 

 もはやバレバレかもしれませんが、ここは参考外にしていいかなと思える馬を挙げておきましょう→(キューグレーダー…距離長い、また小回りも合わない可能性大。)






(↑よろしければクリックしてやって下さいませ)

(↑ブログ更新のメール配信をご希望の方は…開催日には、メール通知限定の狙い馬も配信してます)

先週の反省 7/1 その1 CBC賞篇

 最初に言い訳とお断りを。このエントリ…火曜にUPしたはずのものが、なぜか下書きに残ったままの状態になっておりました。枕のネタが古臭いものになってしまっておりますが書き直すのも面倒くさいのでそのままUPさせて頂きます。ご了承くださいませ。

 

 2点差ついて、こりゃイケるかも?と思った自分は甘かったです。やっぱりちょっと力差があるということでしょう。言うなればG1の定量戦ですから…まだG3ハンデ戦なら何とか…というレベルなんでしょうね。川島だぁ、山口螢だぁと言われていますが、それも含めてチカラっちゅうことだと思いますし、個人的にはかなり楽しませて頂きました。ここまで面白くW杯を見られたのも久しぶりかなと思います。ここから先もしばらくは楽しめそうです。

 

 あ…それと、これも忘れちゃいけませんぜ。最終日の8アンダーは圧巻でした。

 

CBC賞

Lap・馬場振り返り

11.9-10.3-10.5-10.9-11.5-11.9=1:07.0

 ワンスインナムーンが外から行ってハイペース…も、後ろもそこまで離れずに追走…直線早々に各馬ズラッと横に並ぶような形になり、早目に差し馬が台頭する展開となった。とはいえ、先行勢が全滅という形ではなく、全馬1秒以内の団子での入線。適正が6F戦にあるような純粋なスプリンターであれば、それぞれに力の出せる流れだったと言えるだろう。

 

各馬振り返り

 アレスバローズ:出は悪くなく馬なりで中団へ。4角までは馬群の中だったが、直線でやや外目に振り向けるとスムーズに伸びて、ラスト100mで前を捕えきった。6F専用の差し馬だが、自力で差し切れるタイプではないので、今回は展開が向いたと言える。北九州記念もそういったペースになりがちなので、続けての好走があっても驚かないが、平坦コースに変わるのは恐らくマイナス…いずれにせよ人気を背負って期待に応えるタイプでもなく、個人的には次走も半信半疑で。

 ガラフラワー:勝ち馬を見ながらやや内目を追走。直線も内目からジリジリと外に出しつつの追撃でラスト1Fで2着目まで浮上してきた。6F戦に切り替えて比較的成績が安定してきたのだが、軽量ながら重賞のハイLapの舞台でも結果を出してきた。上積みはさほど無いだろうが、この舞台なら重賞でも力は通用することは分かったし、少なくとも北九州記念に出るなら要チェックとしておこう。

 セカンドテーブル押して押して先行策。ワンスインナムーンをしっかりと追いかけ、坂の登りで先頭に立った。すぐに勝ち馬には交わされたものの、大きくは止まらずに馬券圏内はキープしてのゴール。ハイラップ上等の稀有な先行馬で、昨年も同じような形で波乱を演出した。とにかく揉まれないように運ぶことが絶対条件の馬だけに、次走以降もそこを気をつけながらの出し入れすればよい。

 アサクサゲンキ:出負けで最後方集団から。4角で外に振り出して大外から…特にラスト1Fの伸びは顕著だった。結果的に出負けしたことはプラスになるようなペースで、直線までふかさなかった事がラストの伸びにつながったと言える。加速Lapにも対応できるだけに、次走以降もペース問わずに注目したいが、ここ2走続いている出負けが心配。

 レーヴムーン:このペースで先行できたことは驚きだが、踏ん張って掲示板を確保できたことはもっと驚き。格上挑戦だっただけに、準OPなら普通に通過できそうだが。

 ダイメイフジ:ここまでの前傾Lapはついていくのが精一杯だったのでは。基本は加速が入るLapでこその馬なので、北九州記念に出るなら同じく軽視の方向で。

 ペイシャフェリシタ:やや出が良くない中、結構な勢いで巻き返して先団からの競馬。結果それが響いたような下がり方だった。ここは参考外で、次以降人気が落ちるようなことがあれば狙い目なのだが…

 

 

 ココには書きませんでしたが、次走以降も穴で一考できそうなのがこの馬→
(コウエイタケル…6F激流は向かない。加速Lapか7F以上の方がベター)

 






(↑よろしければクリックしてやって下さいませ)

(↑ブログ更新のメール配信をご希望の方は…開催日には、メール通知限定の狙い馬も配信してます)

先週の反省 6/24 宝塚記念篇

 セネガル戦の影に隠れていますが、これも中々の快挙なんですけどねぇ。しかもこのキャディさんは大山志保プロのキャディをずっとしていて、彼女が怪我で休養している時だけのサポートだったようですが…その大山さんはすでに復帰していて、日本でハウスキャディさんを使っているようです。このままの勢いで次のメジャーも好成績を目指してほしいです。寝不足になりながらも早朝にゴルフ中継を見るのが結構好きなんですよね~。

 

宝塚記念

Lap・馬場振り返り

12.2-10.8-11.4-12.7-12.3-12.0-11.8-12.1-12.2-11.7-12.4=1:11.6

 サイモンラムセスが行くものの、決してスタートが良くなかったタツゴウゲキが突くようにして1角へ…2角で少し緩むものの、向正面でまた差が詰まってペースアップ。最後まで息が入らない流れでのゴールとなった。前後半差ではややハイの部類だが、6F過ぎて11秒台に入った後で、サトノダイヤモンドが捲りを開始するなど、比較的動きの激しい競馬で数字以上に厳しいレースだったと想像できる。馬場的には土曜にかなり降ってからの回復途上の馬場…土曜は前有利の情勢だったが、日曜はペース次第で差しも届く馬場だった。

 

ちょっとだけ気になっていた馬

△ 15 ゼーヴィント(14着/9人気)

 →外々の3番手からも手応えは良くなく3角以降ズルズルと下がっていった。ロスの多い競馬だったことは間違いないし、力が足りなかった事も間違いないが、ここまで負けてしまうのも不可解…いずれにせよトンチンカン推奨だったという事には変わりないのだが。サーセンでした。

 

その他の馬

 ミッキーロケット:スタート決めて好位から。前が早めに潰れ、サトノダイヤモンドが積極的に押し上げてきたが、コース利を使って労せずに先頭へ…そのまま、ワーザーの追撃を何とか封じての初G1となった。まず大きかったのがスタートを決めたこと。そして重馬場がうまくない中、何とか稍重まで回復してソコソコの時計が出る状態まで回復した事も大きかった。上がりが速すぎても遅すぎても良くない馬だけに、ここはベストの条件が揃った印象で、秋以降につながるかと言われれば微妙だが、和田Jが勝ち切ってくれたことは非常に嬉しい出来事だった。

 ワーザー:27キロ減も何のその。3・4角中間から一気に外目に振って追い出されると1頭だけ外からグイグイと伸びてきた。数字が示すとおり、決してベストの状態ではないアウェイの中でやれたのは、この馬の力の裏返し、そしてこのレースの低レベルさを物語っていると言えるだろう。というわけで地元に返って次シーズン強い競馬ができるかは…

 ノーブルマーズ:序盤は押して行く気満々だったが、位置は取れずに中団より後ろから。それでもラチ沿いを使って位置をジリジリと上げると、前を行く勝ち馬の後ろをしぶとく伸びてきた。目黒記念でも新味を見せたのだが、更に時計の掛かる上がり勝負でも結果を出せたことは大きい。秋も始動戦に関わらずしっかりと注目したい一頭と言える。

 ヴィブロス中団馬群の中で掛かりながらの追走。サトノダイヤモンドの後ろを追って直線に入りそれなりに伸びていたのだが、内を通った馬を捕まえるまでには至らず。海外帰りで調整も今ひとつだったことを考えると、及第点の内容と言えるだろう。休養を挟んで国内でしっかりとターゲットを見据えて仕上げて行けば、秋は牡馬相手でも戦えそうな気配。

 ダンビュライト:馬場云々より切れる脚がないだけに位置取り的に前目が取れなかった時点でこの辺りが精一杯だろう。勝負どころの反応がイマイチなのも相変わらず。特に評価の上げ下げは無しということで。

 サトノダイヤモンド実績馬らしく、力でねじ伏せる競馬を試みたが、ラスト1Fで脚がなくなってしまった。ちょっと強引とも思える仕掛けも、このメンバーなら十分太刀打ち出来るはずの馬なのだが…凱旋門賞以降、やはり力が戻っていないということだろう。休んで秋という事になるだろうが、もし戻ってきたとしても、高速馬場になりそうな京都大賞典であれば軽視したい所。

 キセキ:出負け気味で後方から。4角まで内を通っていたが、直線は今ひとつ伸びず。一応上がり3位ながら、この馬のポテンシャルを見せたようなレースではないだけに、この馬も香港以降の状態が今ひとつなのだろう。上がりのみのレースは難しいかもしれないが、高速馬場のロングスパート戦は適正が高そうなだけに京都大賞典なら狙い目が立つのだが…

 パフォーマプロミス:高い位置を狙っていたが行けず…その影響もあるだろうが、やはり格上のレースでは力が足りなかったと見るべきだろう。

 サトノクラウン願わくばあまり乾かないで欲しかったクチだろうが、この流れでやれない以上、状態的に微妙だったのかも。適正ははっきりしているので、秋以降も出し入れはそう難しくないはず。

 

 ココには挙げませんでしたが、残り1Fまではもしや…と、思わせたのはこの馬→ステファノス…残り1Fまでは来ていただけに、秋もワンチャンあるかも)






(↑よろしければクリックしてやって下さいませ)

(↑ブログ更新のメール配信をご希望の方は…開催日には、メール通知限定の狙い馬も配信してます)

6/24 ちょっと気になる馬

 上半期総決算!という割には若干メンバーが寂しい感もしますね。オッズ的にはチャンスのある馬が10頭以上あるかなという分布をしているのですが、どの馬をチョイスしても妙味的には微妙で、正直ただただ難しいレースという印象です。

 

阪神11R 宝塚記念(G1) 芝2200m

Lap・馬場想定

 前日の雨を引き摺っての稍重馬場もそうなのだが、このレースの特徴として、とにかく速い上がりが必要ないというものが挙げられる。普段のレースで上がり負け、キレ負けといった形で負けている馬が巻き返す絶好の舞台と言えるだろう。今年はサイモンラムセスの単騎が濃厚だが、後半は早い段階での動き出しが想定されるため、例年通りの展開と見ておきたい。

 

ちょっとだけ気になる馬

△ 15 ゼーヴィント

 →目黒記念でも推奨し安定の4…馬群を割れなかったこともあるが、速い時計に対応できなかったきらいもある。G1レベルという訳ではないのだが、加速Lapが必要なく上がりが掛かるようなレースになるのは条件が好転どころか一変と言っていいレベルであり、このメンバーならワンチャンスあっておかしくないと判断する。

 

馬券はどう買う?

 メインは3連複。上位人気は軒並み不安要素があるため1頭軸の多頭流しで臨みたい。

 

 

その他気になる馬

☆ 函館10R 

 →前走は出遅れながら一応上がりは使っている。出遅れさえ無ければ好位で追走できるはずで、力は足りている中でこの人気はいかにも美味しい。3連複の軸で。






(↑よろしければクリックしてやって下さいませ)

(↑ブログ更新のメール配信をご希望の方は…開催日には、メール通知限定の狙い馬も配信してます)

フォローする