重賞回顧ブログ~The結果論~

レースの後からなら何とでも言える。そんな結果論から次の当たりを導き出すBlogです。

5/20 ちょっと気になる馬

 昨日は散々な予想でした。「は」ではなく「も」かもしれませんが…という訳で、今日「も」トンチンカンな予想をお届けしようと思います。

 

東京11R 優駿牝馬(G1) 芝2400m

Lap・馬場想定

 東京芝は依然として内外関係なくフラットに近い状態。力のある馬が順当に来られる下地は揃っており、荒れる要素は極めて少ないという前提下での推奨という事を予めお断りしておく。それでも何かを狙うとすれば、展開的にはサヤカチャンが行って、他の馬がフタをする係になる可能性が高く、スローからの後傾持続力勝負…妙味があるとすればソコソコの位置で競馬し、かつペース適性の高い馬ではないかと妄想する。

 

ちょっとだけ気になる馬

△ 11 パイオニアバイオ

 →前走も遅めながら決して前の馬に有利とは言えない流れを、早めの動きから粘り込んだ。1勝馬だが連対率は66.7%、かつ5着以下がない超堅実派であり、相手関係なく力を出せると考えると、勝ちきるまではともかく3着ならワンチャンあっておかしくない存在とみておきたい。

 

馬券はどう買う?

 もちろん3連複。この馬のペースになるのであれば、ラッキーライラックが粘れる要素も十分と見て、まずはこの馬との2頭軸…もちろんアーモンドアイも買うのだが、これまでのフローラS組とは少し違う1、2Fの勝利経験のあるサトノワルキューレも候補。思い切ってこの3点だけ…3連単は、アーモンドアイが勝たない組み合わせ(8点)で買ってみたい。もちろん観戦料程度の少額投資で。

 

 

その他気になる馬

☆ 東京12R 

 →前に行く脚はあり、このメンバーならそれが叶いそう。距離延長の舞台でこそ狙いたい馬で、逃げ馬を積極的に追いかけるような展開なら…力的には通用しておかしくない。

 

 




(↑よろしければクリックしてやって下さいませ)

(↑ブログ更新のメール配信をご希望の方は…開催日には、メール通知限定の狙い馬も配信してます)

5/19 ちょっと気になる馬

 今日は事前予想で…と言っても、重賞は全く自信がありません。というより買う気が全く無いというのが正しいでしょうか。ヒモ候補を2頭だけ上げておこうと思います。

 

京都11R 平安S(G3) ダ1900m

ちょっとだけ気になる馬

△ 15 トップディーヴォ

△ 02 コスモカナディアン

 →明確に行く馬はいないものの、早めの進出を図るテイエムをグレイトが追いかけ4角で並びかける…そんな展開が最有力と考えられ、相手も道中でしっかりと動ける馬が有力ではないだろうか。そんな訳でまずは地方交流で機動力を見せているトップディーヴォ、この馬は前走出遅れてなし崩しに脚を使われており、参考外。アンタレスSは勝負どころで動けない不利がありながら掲示板を確保しており、ここでも3着くらいならば…という狙い。また後者は、テイエムと接戦を演じた東海Sが向正面で積極的にポジションを上げる競馬。結果的に好騎乗だったのだが、この馬自身もそういった競馬で力を出せるタイプで距離延長もプラス。同じ競馬をするかは分からないが、そうなった時に押さえておいた方が…という感じで上げておく。

 

馬券はどう買う?

 上記2頭を1列目においた3連複だが、2頭とも馬券になることは考えず、2列目は3枠の2頭にして、3列目は適当に。メインは5-6-△の2点だが、あくまで小銭投下に留めておくレースということは忘れないように…

 

 

その他気になる馬

▲ 京都8R 

 →ここは単騎濃厚。距離短縮で得意距離となれば馬場が微妙でも残り目を考えるのは決しておかしくない話だ。後ろを出し抜くギアアップ能力もあって、出来るだけ競られず直線を迎えたい。






(↑よろしければクリックしてやって下さいませ)

(↑ブログ更新のメール配信をご希望の方は…開催日には、メール通知限定の狙い馬も配信してます)

先々週の反省 5/6 その2 新潟大賞典篇

 土曜日前に積み残しだけは…という感じで、簡易版で振り返っておこうと思います。

 

新潟大賞典

Lap・馬場振り返り

12.8-11.6-12.5-12.5-12.9-12.7-11.9-10.9-10.6-11.6=2:00.0

 数字で見て分かる通り、ドスローからの極限に近い上がり勝負。とは言え、前の馬でも上がりをまとめることが出来るレベルのスローだっただけに、切れ味自慢が台頭する余地すら無かったと言うこと。またメンバー内に上がり特化型という馬がいなかったということもある。

 

各馬振り返り

 スズカデヴィアス:直線までは内で我慢し、各馬が馬場の中ほどへ移動した時に前がすんなり空いてきっちり伸びてきた。東京のスローでも好走歴があるように、速い上がりに対応できる数少ない馬。更に経済コースを通れたこともあり、念願の初重賞に届いたと言える。もちろん特殊条件のレースであり特に大きく評価を上げる必要もない。好走ペースが多岐にわたる馬だが、どちらかと言えば上がりに寄ったレースの方が確率は高い。

 ステイインシアトル:番手に譲って、ペースが上がった時に逃げ馬が対応できずに自然に先頭に立つと前でしぶとく粘った。この馬も鳴尾記念で逃げて上がりをまとめていた様に、ペースへの適性が全然なかった訳ではなく、それに位置取りが加わっての粘り込みだったと言うこと。

 ナスノセイカン:溜めればそれなりにキレる馬だが、今回は3番手でも脚が溜まった…そういう事でいいだろう。

 トリオンフ:そもそもここまでの上がりを使える馬ではなく評価を落とす必要はないが、もっと積極的に上がっていったらいいのにな…と。

 マイスタイル:いやいや…行っとけよ。控えるんならせめて馬券圏内に…

 

 

 これ以外も、参考外やノーカンという事でいい馬がたくさんおり…というか、このレース自体、回顧する意味はほぼないのですが、数少ない極限の上がり勝負にも対応できたのに、内を突いて前が詰まってしまった馬は…(ハクサンルドルフ…丸田マジック(前づまり)だぜ!下手じゃないんだけどね…)





(↑よろしければクリックしてやって下さいませ)

(↑ブログ更新のメール配信をご希望の方は…開催日には、メール通知限定の狙い馬も配信してます)

先週の反省 5/12 京王杯SC篇

 

 なんとびっくり…大魔神の気が変わったということなんでしょうか。個人的には手が戻るのは大歓迎なんですがね~。

 

京王杯SC

Lap・馬場振り返り

12.3-10.9-11.0-11.2-11.2-11.2-11.7=1:19.5(R)

 トウショウピストとラインスピリットが内から出るが、前者がハナを取り切って競り合いはなし。そのまま淡々とレースは流れた。直線も残り1Fまでは先行馬が頑張っていたが、ラストで差し勢が逆転…数字上はイーブンLapだが、前の馬たちは数字以上に負荷がかかっていたと見たい。

 

ちょっとだけ気になっていた馬

△ 12 テオドール(10着/13人気)

 →例によりじっくり構えて末を伸ばす作戦だったが…ここは力負けだが、乗り難しさもある中で噛み合えば重賞でも一発を秘めている素材であり、ここでリリースはせずにもう少し様子を見たい。

 

その他の馬

 ムーンクエイク:アドマイヤムーンがこの時計で走れんの?というのが率直な所だったが、初重賞挑戦で速い流れを差しに回りながら、キレはないものの最後までしっかりと脚を伸ばして前を捕らえきった。直線序盤の部分では反応が今ひとつで、ラストに伸びを見せた辺り、スピード持続型であることは間違いなく、普通に行けば安田記念も有力と言わざるを得ない。ただ軽めの時計の出る馬場のほうが良さそうで、パワーのいる馬場になれば評価を見直す必要があるかも。

 キャンベルジュニア:出は決して良くなかったが巻き返して中団。直線入り口ですっと反応しラスト1Fで先頭に立ったが、勝ち馬の末脚に屈してしまった。中山マイル特化型だが、その特徴である凹凸の少ないLapがココでも再現されたわけで、そういう意味では好走も分からないでもないのだが、ここまでの高速馬場に対応してしまったことは驚き…対応できる条件を広げてきたのだとしたら、次もチャンスはあるはず。個人的には決して安定感のある馬ではないと思うので、そこまで信頼はできないが。

 サトノアレス:出負けで後方から。4角までは内目で脚をためつつ、直線入り口にかけて勢いをつけながら上手く外目に持ち出して伸びてきた。幅広いペース適性を持ち、しっかりと自身の脚が使える馬で、今回も好騎乗と相まって結果を出したという感じ。上位との差は僅かだったが、次も軸で買おうとはあまり思わない。

 グレーターロンドン:前走の結果から「溜めれば弾ける」を実践した形。究極に近い脚を使って追い込んできたが、これがベストのパフォーマンスを出せる戦法というのであれば、差し遅れは常に頭に入れておかねばならないわけで、特に評価を上げる必要はない。安田記念は恐らく賞金が…

 ラインスピリット:ハナを譲り番手に控え、直線早々に先頭に立って粘り込んだ。この距離と流れで粘れたことは評価できるが、大きく評価を上げる必要もなく、引き続き加速が必要なイーブンに近い6F戦なら…という感じで。

 ダンスディレクター五分の発馬も無理せず中団からだったが、直線では全く手応え無く見せ場すら無い敗戦だった。力を出せない流れではなく、ここまで負けることは想像つかなかった。続戦するなら次も半信半疑で見ておきたい。

 

 直線で全く前が空かずにほぼ流していた馬がいました…この馬です→重賞云々ではないですが、条件の合うOP特別くらいならやれて全然おかしくない存在です。(アイライン…時計の掛かる前傾気味の6~7F戦ならOPでも)

 





(↑よろしければクリックしてやって下さいませ)

(↑ブログ更新のメール配信をご希望の方は…開催日には、メール通知限定の狙い馬も配信してます)

先週の反省 5/13 ヴィクトリアマイル篇

 珍しく順調にエントリが進んでいっております。特に気の利いた枕もございませんが、先に進めてまいりましょう。

 

ヴィクトリアマイル

Lap・馬場振り返り

12.4-11.3-11.5-11.6-11.5-11.1-11.2-11.7=1:32.3

 この距離でもカワキタエンカがスッとハナに立つと、他馬も競り合わず…前半3Fはスロー気味で、そのぶん中盤が緩みの少ない形の一貫Lapとなった。前後半差でいうと-1.3と後傾Lapだが、そんな中でも、どの馬に有利不利があったという事もなく、現状の出来や力がスンナリと反映やすいレースだったのではないだろうか。ただこんな馬場でも11.1-11.2と速いLapを求められている以上、速い上がりへの対応力は必須だった。

 

ちょっと気になっていた馬

☆ 05 レーヌミノル(10着/9人気)

 →内からハナをうかがう勢いだったが、控えて2列目の内…直線は最内に進路を取ったがラスト1Fで失速…降りしきる雨の中での最内選択の影響は無くはなかっただろうが、最速Lapの部分で置かれた訳でもないので、速い上がりに対応できなかったというより、力負けの要素が強い敗戦。次以降の狙い所が難しくなった。

 

その他の馬

 ジュールポレール二の脚があまり良くなく中団から。3角手前でやや外目に振るとその位置をキープしつつ直線で鋭く伸びてきた。上がり対応が出来る馬で、流れは決して悪くなかったが、阪神牝馬Sの内容から中心視するのは難しかったというのが正直な所。安田記念には出ないようだが、ペースさえ合えば牡馬相手でもそこそこはやれそうだ。

 リスグラシュー中団馬群の中から、直線は勝ち馬の直後を取って追い出されたが、後一歩届かなかった。条件は悪くなかったし、唯一の32秒台としっかりと自身の脚はつかったと言えるのだが…出来落ちさえ無ければ、安田記念でもチャンスはあるはず。

 レッドアヴァンセ先団から抜け出し、一旦は勝ち切るシーンまで見えたが、外目からの差し込みに屈して3着。全てはエリモピクシーが為せる技と言えるだろう。前目から上がりが使える馬であることは分かっていたが、この流れでもしっかりとポジショニング出来たことは大きい。この手の馬は流れさえ合えば、どこでもやれるケースが多いので、場問わずに今後も注意したい。

 アエロリット:無難な感じで力は出せているのかもしれないが、やはり手が替わってしまったことは大きいと思わせる結果。ミスパンテールに先着したのは馬の力の差をいうことでいいだろう。いずれにせよ末をまとめる競馬より、どこかで厳しい部分を作りながら、後ろをふるい落とすようなレースが合っているのは間違いない。

 ミスパンテール:気持ち出負けを巻き返して中団から。直線は3着馬の直後につけて追い出されたが、坂を登ってからの伸びが悪く掲示板確保が精一杯だった。流れも合わなかったわけではないし、力負けと言っていい内容。G1で好勝負するにはもうワンパンチ欲しいところだ。

 レッツゴードンキ伸びなかったのは、いつもより高めの位置だった分ではなく、マイルの上がり勝負で足りなかったということだろう。次以降距離短縮なら買えるシーンはあるはず。

 ソウルスターリング前走に引き続き流れ合わず…だいぶ真面目に走れるようにはなっており、適舞台に出てくるのであれば、もう一度だけは買ってみたいのだが…

 アドマイヤリード:出負け、そして二の脚も今ひとつで後方から…それでも流れもこういった馬場も悪くなかっただけに、不可解と言える敗戦だった。まぁ去年のこのレースも特殊な流れだっただけに、このメンバーで力上位というわけではないことは覚えておこう。

 

 

 ここでは上げませんでしたが、パトロールを見る限り「致命的に左回り下手」と思わせたのは、この馬… (カワキタエンカ…右回り、単騎、牝馬限定、この3つが揃えば巻き返せる)

 

 




(↑よろしければクリックしてやって下さいませ)

(↑ブログ更新のメール配信をご希望の方は…開催日には、メール通知限定の狙い馬も配信してます)

ダービーを前にして、先々週の反省 5/5 京都新聞杯篇

 昨今、Twitter界隈を賑わしているこのエントリですが、依存とかは関係なく、両さんのこの言葉が思い出されます。

f:id:beraan:20180515152854j:plain

 毎週馬券と格闘している私を、中には「依存」と呼ぶ人もいるかもしれませんが、藤岡兄がG1を勝って、自身の馬券が外れててもよかったね~と思えてる以上、その領域には足を踏み入れていないと自己判断しておくことにします。

 

京都新聞杯

Lap・馬場振り返り

12.5-10.5-11.7-11.7-12.1-13.2-12.6-12.1-11.3-11.4-11.9=2:11.0

 メイショウテッコンがハナで外からステイフーリッシュが番手につけるも、競り合いはなくスンナリとした序盤戦。4~5F目で前が飛ばし、やや縦長になったが、その後の2Fで調整し坂の登りきった後にはだいぶ凝縮された形になっていた。3角3番手以降の馬はややスローからの4F上がり勝負という京都外回りらしい決着だったと見ておいたほうが良さそうだ。

 

ちょっとだけ気になっていた馬

☆ 10 レイエスプランドル(11着/6人気)

 →出負け気味も巻き返して中団前目から。直線ではすでに余力がなく下がる一方だった。力負けでもあるが、高速馬場に対応できなかった感も強い。いずれにせよココで狙うべき馬ではなかったということ…サーセンでした。

 

その他の馬

 ステイフーリッシュ:行きっぷり良く番手へ。道中、前と離されるシーンもあったが自身のペースは守りつつの競馬。勝負どころでは余裕を持って前との間を空けるようにして早めに先頭に立つと、そのまま後続の追撃を完封した。馬体をしっかり戻したこと、馬具を替えて掛からずに追走できたことは大きいが、メンバーの中ではかなり負荷の掛かる位置で競馬ながら内容は完勝と、このメンバーでは力の違う所を見せたと言えるだろう。個人的には一応ダービーでの好走の余地は残したと見ておきたいが、鞍上が替わるのは…

 アドマイヤアルバ:坂の下りで外目を押し上げていく正攻法で前に迫ったが、前とは差が詰まらず、逆にラストは3着馬の猛追をなんとか凌いでのゴールだった。とは言え、一気の距離延長と高速馬場をこなしての権利獲得は基礎能力の高さを示すもの。ダービーはともかく、秋が楽しみな一頭と言えるだろう。

 シャルドネゴールド:3角以降は馬群に入れて、馬場の中ほどを追い上げてきたが、わずかに届かず。溜めて切れるタイプではないので、今回はこの馬なりの最大限の切れ味を見せての結果と言えるだろう。今回は決して持ち味を生かす競馬では無かっただけに、そういう意味でも秋に期待。

 グローリーウェイズ:内目をロスなく立ち回ったが、直線入り口で前が壁になって少し踏み遅れてしまった。その後の11.4の所では改めて伸びているだけに、少しもったいない競馬だった。ギアアップ能力は高く、前目でも競馬できるだけに、今後も重賞で走れるシーンは数多く見られそうなタイプ…その分、スケールはあまりないが。

 フランツ:出負けで最後方から脚を伸ばす競馬だったが、直線半ばではすでに諦め加減…アルメリア賞にしても流れが向いた側面もあるだけに、現状では人気先行型ということだろう。夏で一皮むけてどうか…という感じで。

 タニノフランケル前半の段階でスピードについて行けない印象…高速馬場対応が出来ない以上、OPクラスで安定した成績を望むのは難しい。条件戦でも重馬場以外は嫌う方向で。

 

 




(↑よろしければクリックしてやって下さいませ)

(↑ブログ更新のメール配信をご希望の方は…開催日には、メール通知限定の狙い馬も配信してます)

ダービーの前に…だいぶ前の週の反省 4/28 青葉賞篇

 今週は青葉賞→ダービー→ヴィクトリアマイル→京王杯の順で回顧していこうと思います。新潟大賞典やら、そのもっと前の積み残しに関してはその内に…という感じでご容赦ください。

 

青葉賞

Lap・馬場振り返り

13.2-11.2-11.8-12.2-12.4-12.7-12.3-12.2-12.0-11.6-11.1-11.7=2:24.4

 ディープインラヴが1角までであっさりとハナ。他も競ることなく淡々としたペースになると思いきや、3F目手前から後ろを離し始め、5F通過位で最大差…それが7F(残り5F)辺りで2番手が追いつき、それに応じて馬群も少し小さくなる様な展開となった。数字上は6F目に12.7があるものの、後続にしてみるとその部分を使って前との差を詰めており、あまり緩まない厳し目のレースだったと想像できる。またそんな中でも上がり2つ目では11.1とトップスピードの質も求められており、比較的レベルの高いレースだったのではないだろうか。

 

ちょっとだけ気になっていた馬

△ 01 カフジバンガード(9着/10人気)

 →まさかの先行策。上手くインの番手に落ち着いたが、直線では今ひとつ伸びきれなかった。11.1の部分で対応できなかった感もあるが、距離は少し長く、力負けの部分も見て取れただけに…とりあえず狙いすぎという感じで、サーセンでした。

 

その他の馬

 ゴーフォザサミット:好位を前に見る、中団を引っ張るような位置から。直線で外目に振ると、残り1Fで先頭に立ちそのまま押し切った。スプリングSの回顧で「青葉賞でもう一度だけ買いたい」と書いたことは忘れていないのだが、鞍上が代わったことを嫌って中心視出来なかった事は恥を忍んで晒しておく。厳しい流れでも瞬発力や速い上がりを使える事が分かった時点でダービーの好走条件は満たしたと言えるが、青葉賞馬の呪いは解けていないだけに…

 エタリオウ:この馬の特性を生かし、東京でも早めの進出を図り抜け出した。勝ち馬には完敗も、同厩の3着馬との争いは制して権利獲得となったのだが、ダービーでも同じような走りをしたとしても、皐月賞組との兼ね合いもあるだけに、あまり狙いたいとは思えない。

 スーパーフェザー:中団から外目をスムーズに上がっていき抜群の手応えで直線を向いたが、坂上から少し甘くなり、2着馬を交わすことが出来ずにゴール…切れ味を問われるレースでも対応できており、出し切った分、力負けということでよいだろう。現状では距離が伸びるのは良いとは言えないのだが、今後の成長次第ということで。

 サトノソルタス:大外から向正面でポジションアップ。その分なのか、直線の入り口から手応えは今一つで、見せ場の少ない結果に終わってしまった。流石にこの動きで勝ちきれるだけのポテンシャルは持ち合わせていないということだろう。この馬も秋に改めて期待。

 ダノンマジェスティ:中団から3着馬の後ろで追い出されたが、今一つ伸びなかった。これも力負け。条件戦からやり直しということで。

 オブセッション特に気の悪いところを見せたわけではないが、直線でも全く見せ場が無かった。器用さの無さを改めて露呈した形だが、現状では完全に人気先行型であり、当面は様子見で。

 

 




(↑よろしければクリックしてやって下さいませ)

(↑ブログ更新のメール配信をご希望の方は…開催日には、メール通知限定の狙い馬も配信してます)

フォローする