重賞回顧ブログ~The結果論~

レースの後からなら何とでも言える。そんな結果論から次の当たりを導き出すBlogです。

2019 北九州記念の気になる馬

 時間がありませんので、手短に行きましょう。

 

小倉11R 北九州記念(G3) 芝1200m

気になる馬

アンヴァル

 →予想するにポイントにしたいのが2点。まずは馬場…昨日のレースを見ていると、3~4角を中心にやや内が荒れてきている印象。それにつれてやや外目からの差しも目立つようになってきた。そして展開…ここはモズスーパーフレアの単騎が確定だが、2番手以降が団子になりそうな気配。外が伸びるとは言いながらも、外すぎる馬場を押し上げていくタイプは流石にロスが大きいのではないかというが2点目。そこでこの馬…本当ならもっと内の馬で狙える馬がいれば良いのだが、ここならギリギリセーフということで推奨。上手く馬場のいい所にはまって追走することができそうなのが最大のポイント。そして前走は行きっぷりが良くないながらも、直線では遅れて伸びてきて勝ち負けまで持ってきており、このメンバーなら勝負になっていいはずだ。

 

馬券はどう買う?

 基本は3連複で手広く…1頭軸で02 03 08 10 12 13 16 17 18の45点を買って、モズスーパーフレア絡みを厚めに。ミラアイトーン絡みはガミの可能性もあるので、思い切って切ってみてもいいかもしれないが、個人的には金額調整して買う方向で考えたい。

 

 

その他気になる馬

札幌11R 

 →ロードヴァンドールが締まったペースを演出すると想定し、この距離でもスタミナ優位の馬を少し買ってみたい。この馬はダービーでも健闘はしたが基本的にペースが合わずに、評価したいのはやはり青葉賞。この距離で少しでもスタミナが必要になるなら、面白いところがあっても…というスケベ心からの推奨。基本はフィエールマンのレースになると思うので、買うかどうかは微妙…

 






(↑よろしければクリックしてやって下さいませ)

(↑ブログ更新のメール配信をご希望の方は…開催日には、メール通知限定の狙い馬も配信してます)

2019 エルムSの回顧

 こちらはお盆とは全く関係ないのですが、日本からのメールが皆無なのも影響してか、なんとなくまったりした空気が流れております。個人的にもやるべきことが捗るので、こういう状況もたまには悪くなかったりするのですが、このエントリはいつも滞りがちで、今週も通常運転という感じです。まぁそれはそれということで、ご了承下さい。

 そんな中、ちょっとボーッとして考えてみたのが…

f:id:beraan:20190815152558j:plain

 はい、昨年の凱旋門賞1・2着馬の配合ですね。アーバンシーの4x3ですよ。夢が広がります。クロスオブスターズではなく、その父シーザスターズを付けて4x2でもいいかもしれませんね。今更ながらアーバンシーの血脈は末恐ろしいものがあります。

 

 

エルムS

Lap・馬場振り返り

6.5-10.6-11.4-11.9-12.1-12.1-12.3-12.4-12.6=1:41.9

 内から出ムチをくれてドリームキラリが主張も、大外リアンヴェリテも譲らない。コーナーワークで前者が前に出るも、ほぼ雁行状態でペースも緩まず…前半2.5Fの個別Lap(6.5-10.6-11.4)はいずれも過去20年まで遡っても最速(もしくは最速タイ)を踏んでの通過と明らかなハイペースと言える序盤戦となった。5番手以降はやや離された位置からの追走だったが、緩んで押し上げるポイントがあったわけではないので、後ろの馬に有利な流れの中でも、力がないと追い上げ自体がままならないレースだったと言える。

 

各馬振り返り

 モズアトラクション:出負け気味で後方も、向正面からジワっと進出開始し、4角出口は前を捕まえられる勢い…そのままラスト1Fで抜けきっての快勝だった。前走は勝ち馬のペースに嵌りながらも地力で2着まで持ってきており、そこに流れと位置取りの後押しがあるとこうなると言った感じ。ここに来て小回りでも結果を出してきている辺り地力強化は見て取れ、差し馬にしては安定感が出てきているのは事実だが、中央に戻り同じことが出来るとは限らないので、個人的にはまだ半信半疑で見ておきたい。

 ハイランドピーク:普通に出て馬なりで中団。前が飛ばしたことで、外々を回ること無く、かつ馬群の中に入ることもないこの馬にとって最高のポジショニングが出来た。3~4角もロス無く進めて、直線だけやや外という立ち回りも完璧…馬込みが苦手という馬にとってはかなり恵まれたレースになったと言える。再現性は?なので、次以降もと言う訳には行かないだろうが、噛み合えばやれるだけのモノは持っているので、状況次第で押さえておく必要はありそうだ。

 サトノティターン後方から3~4角は外目を回して勢いをつけ、ラストのラストで3着まで上がってきた。この馬らしい競馬だったが、小回りでも届いたのは流れのアシストがあったからという事。立ち回りを見てもいかにも距離不足という感はあるが、距離が伸びたとて、展開待ちという点は変わらないと思うし、少なくとも同じ流れになるなら、勝ち馬の方を買うべきだろうと思うだけに、評価的には少し微妙…

 レッドアトゥ:この馬らしい正攻法の競馬。厳しいペースでも対応できていたのはある程度の評価はできるが、力を出し切ったとも言えるだけに、現状でこれ以上を求めるのは少し厳しいのかも。それでも3着とはわずかだっただけに、重賞でも噛み合えば…という感じで見ておきたい。

 リアンヴェリテ:ハナをびっしりと追いかける競馬。それでも一旦は先頭に立って掲示板まで粘り込んだのだから大したもの。スピード比べでも負けなかった辺り、先々は短い距離で持ち味を活かす競馬になるのではないだろうか。外枠ならハナじゃなくても競馬はできそうなのもプラス。

 グリム:行きたい馬を行かせて後続集団のトップ。楽に追走できている感もあったのだが、3~4角での手応えは今一つで、完敗と言える7着だった。スピード比べで勝負できる馬ではなかったので、この舞台では流石に厳しかったということだろう。とりあえずノーカンで。

 

 

 なぜか先団グループに付いていき、それなりに競馬になっていたのがこの馬→(タイムフライヤー)初ダートに目処のつく内容だったので、次もダートに使うなら注目しておきたい一頭です。シリウスSに出てきたら厚めに買ってみたいなぁ。






(↑よろしければクリックしてやって下さいませ)

(↑ブログ更新のメール配信をご希望の方は…開催日には、メール通知限定の狙い馬も配信してます)

2019 関屋記念の回顧

 ルメールの今秋の布陣がだいぶ固まって来た感じですね。後はサートゥルナーリアが秋天に向かった時に、どう兼ね合いを着けるかでしょうが、間違いなくアーモンドアイを選択するでしょうし、それ故のサートゥルナーリア…菊へ!とかいうパターンもゼロではないと個人的には思っております。出来れば秋天でガチンコしてほしいんですがねぇ。

 

関屋記念

Lap・馬場振り返り

12.6-10.9-11.2-11.8-11.5-11.8-10.8-11.5=1:32.1

 マイネルアウラートの離し逃げだが、後続と最も差が付いたのは4F目の11.8の部分で、その差が一気に吸収されたのが上がり3つ目の11.8の部分だった点から見ると、後続に関しては、かなり上がりに寄ったレースになったと見ていい。少なくとも4Fの持続力と上がり性能…この2つがポイントになったレースと言える。

 

各馬振り返り

 ミッキーグローリー:やや出負けで後方から。上がり3F~2F目…いわゆる最速区間では目立った脚は見せていなかったが、ラスト1Fでズバッと抜けきってきた辺り、やはり基本は持続力で勝負したい馬ということだろう。昨年は掲示板を賑わすまでにとどまったG1でも流れ一つで圏内…ワンチャンあっておかしくない。ただ↑の通り、鞍上が変わってしまうのは確定なので、そこは割引材料と言えるのだが。

 ミエノサクシード:決して出はよくなかったが、じわじわと巻き返し、3角には好位を見る位置まで押し上げていた。終始外々を回りつつも馬なりで先頭に並びかけると、3着馬との叩き合いまで持ち込んだが、ラストは勝ち馬の決め脚に屈する形になってしまった。前付けしてのラスト失速だけに、仕方ない部分もあるといえる。どんな競馬でも出来る器用なタイプだけに、京成杯でもチャンスはあるとみるが、基本はワンターンのコースでこその馬なので、あくまで抑え程度で考えておきたい。

 ソーグリッタリング:スムーズな先行策。この馬の上がりが使えたと言っていいだろうが、逆に言えばもう少し早めに前を追いかける競馬でも良かったような気もする。京成杯の方も馬場次第だが、流れ的には合いそうなので、メンバー一つで好勝負可能と見ておきたい。

 ディメンシオン:馬なりで中団やや後ろから。最速区間でもしっかりと伸びを見せていただのが、ラストはやはり少し甘くなってしまった。新潟外回りでも好走歴のある馬で、流れとしても悪くなかったし、一瞬の脚も強調できていただけに、もう少し位置取りが前だったらと思わせる内容。コーナーでの機動力もあり、立ち回り戦も対応できるだけに、京成杯に出てくるなら巻き返せて不思議じゃない。

 サラキア:流れとしては悪くなかっただけに3角で少し狭くなったことを差し引いても力負け。前走はかなり恵まれただけに、現状はこんなもんという事でよいだろう。

 

 

 ここが絶好の狙い目と思っていたのですが、前半で掛かってしまっていたのが、この馬→(エントシャイデン)京成杯で巻き返せるとはいいませんが、ここも着差はわずかでしたので、適条件ならもう少しやれるシーンがあるはずです。






(↑よろしければクリックしてやって下さいませ)

(↑ブログ更新のメール配信をご希望の方は…開催日には、メール通知限定の狙い馬も配信してます)

2019 レパードSの回顧

 やはりこれまでとは一風違う輸送経路になりそうですね。現地でシュヴァルグランやディアドラと合流するパターンも考えられますし、こういう点でもノーザンファームは一歩どころか十歩くらいは先に行ってるんじゃないでしょうか。もし今年ダメでも確実に積み重ねて次に生かせるでしょうし。

 さて日本は明日からお盆休みなんですねぇ。カレンダー的には9連休まであるんでしょうか。いやはや羨ましい限りです。という訳…ではないのですが、私も土日はちょっと遠出をしてこようと思います。予想関連エントリは簡易版、もしくはすっ飛ばしになると思いますが、ご了承下さい。

 

レパードS

Lap・馬場振り返り

12.4-10.5-11.7-12.5-13.0-12.6-13.2-12.8-12.6=1:51.3

 団子になっての先行争い…最終的にはハヤブサナンデクンがハナに収まったが、1角すぎてもサトノギャロスが抵抗しており、前半の入りとしてはかなり速め…その惰性で4F目もあまり落ちずに中盤戦に入る。ここで一旦ペースが落ちるものの、後続の馬たちが追いついて、一団のまま3角以降の勝負どころを迎えることに…流石に前の馬には厳しいペース、更にそれを追いかける組も脚の使いどころが難しく、完全に後ろの組の競馬…ラスト1Fで後ろの馬が一気に交わすという、新潟ダートらしからぬ決着となった。

 

各馬振り返り

 ハヤヤッコ:3角は馬群の後方。そこから外目を回りながら勢いをつけて加速していくと直線まで勢いを持続させての差し切り。東京マイルの上がり勝負で惨敗してからの巻き返しであり、スタミナ面での優位性を見せたレースとなった。もちろん位置取りの優位性もあっての結果だけに、次も手放しでという訳には行かないが、買うのであれば、少なくとも条件面の精査は必須ということは覚えておきたい。

 デルマルーヴル:ペースが落ちた所で、行き場を探しつつ追っ付けながらポジションアップ。3角以降は内を選択し一旦息を入れると、直線序盤でやや強引に逃げ馬すぐ外のポジションを確保して伸びてきた。位置取りと挙動を考えると、力上位であったことは間違いないが、更に上でも大威張りと言う感じのパフォーマンスでもなかった。器用さはあるので、その辺りを活かせる舞台で…という感じで見ておく。

 トイガー:3角では勝ち馬と同じような位置。そこから内を通りポジションを上げると、直線はラチ沿いに飛び込んで伸びてきた。位置取り面での優位性はあったのだが、良馬場のラチ沿いを勢いよく伸びるのは、どんな馬でも出来る芸当ではないので、ただ恵まれただけの結果とは捉えないほうが良さそうだ。まぁスタミナ比べで優位性が出せるタイプということは間違いないので、距離延長の舞台で狙ってみたい。

 ブルベアイリーデ:3角では勝ち馬より後ろ。4角まであまり仕掛けずに追走すると出口あたりから一気に仕掛けて大外に振り出して脚を伸ばした。脚をためた割にはラストは止まってしまった辺り、やはり距離の限界が見えたような気がする。もちろん力の一端は見せているので、短い距離で見直したい。

 サトノギャロス:外から割と長い時間ハナをこだわるレースをしながら、ここまで粘れたのは、性能の高さを示すもの。短い距離ならかなりやれそうだ。

 ヴァイトブリック:4角で下がる馬を捌ききれない不利はあったが、その時点でこの馬が馬券になる気配もなさそうだっただけに…条件的には悪くなかったし、成長力に疑問符がつく結果だった。

 

 

 この馬→ハヤブサナンデクン)も次に繋がる…という訳ではありませんが、位置取りの割には比較的頑張れていた方だろう。降級馬のいなくなった今年なら2勝クラスでも普通に勝ち負けできると思います。






(↑よろしければクリックしてやって下さいませ)

(↑ブログ更新のメール配信をご希望の方は…開催日には、メール通知限定の狙い馬も配信してます)

2019 小倉記念の回顧

 バタバタしていて完全に出遅れました。最後のバーディーパットもそうですが、最終日のバックナイン自体が展開的にも痺れましたね~。あそこまでドキドキしてゴルフを見ることもこれまでありませんでしたから、最後のパットが入った時に脚がつってしまいましたよ。

 恐らく週末は強気にパッティングをするオトーサンたちが増えるんでしょうね。ただあれはライン読みが完璧だから為せる技で、我々素人が入る要素のないラインで強く打つことは、全く意味がありません、どころか逆に3パットを増やす結果につながるのでお忘れなく!

 

小倉記念

Lap・馬場振り返り

12.0-11.5-12.0-12.9-12.0-11.5-11.5-11.6-11.6-12.2=1:58.8

 タニノフランケル馬なりでストロングタイタンが交わして行く序盤戦だったが、ペースは上がらずほぼ一団で推移。残り5F過ぎてから前の3頭がつれる様ににペースを上げて持続力勝負に持ち込まれた。前後半で2秒差がある事、更に3~4角は終始早めのLapを刻んでいる事から見ても、持続力勝負でも前が有利な流れだったと言えるだろう。

 

各馬振り返り

 メールドグラース:後方よりの外目から。3~4角で動き出した各馬を余裕たっぷりに追走すると、直線できっちり交わし、更に後ろから伸びてきた2着馬を押さえ込んで5連勝となった。通った位置、ハンデ、流れを考えると、少なくとも1枚は力が上だったと言わざるを得ない勝ちっぷりと言えるだろう。個人的には前走の時点で宝塚記念でも面白いと言っていたが、グッと我慢し秋がより楽しみになった1頭と言えるだろう。

 カデナ勝ち馬より更に後ろからの競馬。3角以降は勝ち馬の後ろを付いて回り、直線は内から併せにかかったが、僅かに届かなかった。末を活かす馬なのは変わりないが、ここ3走はギアアップが必要ないレースで好走を続けており、現状のスイートスポットはその辺りという事なのだろう。ただ小回りでできるだけ脚をためて末を活かすパターンが良さげなので、新潟記念あたりに出るようなら、ちょっと敬遠気味で。

 ノーブルマーズ:押し気味に1角までに先団に取り付き流れに乗った。流れとしては悪くなかっただけに、1角までに位置が取れたことが全てだろう。距離的には足りていないと思える中での好走は、次以降の光が少し見えてきた印象。もちろん買いたいのは距離延長の舞台。

 タニノフランケル気になっていた馬。ハナではなかったものの、比較的ラクなペースで運べていたし、力を出せない要素は比較的少なかったと言える。もう少しやれてほしかったが、現状、重賞では少し足りないのかなという印象。サーセンでした。

 クリノヤマトノオー:中団内目から4角で前を射程に入れる絶好の競馬。直線は3着馬の直後で前が壁になるかと思いきや、逆にジリジリと離されていってしまった。こんな流れなら重賞でもそこそこやれるというのを見せたが、上位とはやや力負けの印象もあり、積極的に買いたいのはOP特別までということになるだろう。

 アイスバブル:前の3頭を見ながらの競馬も4角でアップアップに。距離や流れは問題ない範疇だっただけに、前走をすこし買いかぶりすぎたきらいはあるのかも…ちょっと次は買いづらくなった。

 アイスストーム:さすがにここは人気しすぎだろう。ただコーナー部分で外目を押し上げており、一応情状酌量の余地はある。ワンターン外回りに変わって再度見直し。

 

 

 次に繋がるとまでは言えませんが、同じくコーナー部分で積極的に位置を上げていき、脚が失くなってしまったのが、この馬→(アドマイヤアルバ)その前にこの馬の場合は出遅れをなんとかしないといけないので、覚えておく必要もないかもしれませんが、一応…ということで。







(↑よろしければクリックしてやって下さいませ)

(↑ブログ更新のメール配信をご希望の方は…開催日には、メール通知限定の狙い馬も配信してます)

2019 小倉記念の気になる馬

 昨日のノーフィアーは痛恨の4着…2着馬はしっかりとヒモに入れていたので、かなりダメージの残る結果になってしまいました。気を取り直してここで巻き返そうと思います。そんなことより、競馬終了後の事が気になって仕方ありません。松山より先にメジャーを勝つというのはこういうパターンもあったんだねぇ。とにかく頑張ってほしいです。

 

小倉11R 小倉記念(G3) 芝2000m

気になる馬

タニノフランケル

 →前々走はブラックスピネルにハナを取られて緩まないペースを追走。前走もマルターズアポジーを行かせての番手でフタをする係になりながら、自身も厳しいペースを刻んでおり、ハナが理想のこの馬にとって厳しい結果が見えていたのだが、バッタリと止まらずに1秒差に留まった。今回は競られる可能性は少なく、テンの速くないこの馬が楽にハナを取れそう。ハナを取ってしまえば後傾Lapにも対応できるし、高速馬場も問題ないとなれば、4番人気でも勝ち負けを視野に入れて買える存在と言えるだろう。

 

馬券はどう買う?

 前段の通り、勝ち負けを期待しているので、馬単馬連で構成したいのだが、人気どころではメールドグラースとアイスバブルはやや信頼度が上がりそうなので、この2頭は厚めに…何なら思い切って相手2頭でもいいかも。その場合に3連系を買うなら3列目は超手広く構えておこう。

 

 

その他気になる馬

新潟11R 

 →今年は意外とメンバーレベルが低そうな感じ。2勝クラスを勝ち上がってきた馬は多数なのだが、この馬は更にその上のクラスで好走しての参戦…更にその前走がかなりのハイペースで外々を回しつつの差し込みで、今回のこの枠もプラスに働きそう。意外に人気がなかったので、ちょっと買ってみたい。






(↑よろしければクリックしてやって下さいませ)

(↑ブログ更新のメール配信をご希望の方は…開催日には、メール通知限定の狙い馬も配信してます)

2019 越後Sのちょっと気になる馬

 日本は猛暑が続いているようですが、こちらは台風の接近で雨模様…気温も20度台と湿度が高いわりには比較的心地よく過ごしております。さて…競馬と行きたいのですが、ざっと見ても買ってみたいなと思わせる馬がほとんどいなかったりします。とりあえず無理やり気味に一頭挙げておきますが、あまり自信はないですねぇ。

 

 

新潟11R 

 →前走も推奨したような気がするのだが、ハナに立たされつつも終始番手の馬に突かれるという厳しい展開。結果1秒負けとなったのだが、勝った馬が強すぎただけで、実は2着馬とはコンマ3秒差。ここは距離短縮の舞台で、ハナということはなさそうだし、そもそも先行組があまり多くないというメリットもあるだけに、もう一度だけ3連複の軸で買ってみたい。

 

 

 明日も大なり小なりエントリは挙げてみようと思います。今日で色々と見えればいいけどなぁ。




(↑よろしければクリックしてやって下さいませ)

(↑ブログ更新のメール配信をご希望の方は…開催日には、メール通知限定の狙い馬も配信してます)

フォローする