重賞回顧ブログ~The結果論~

レースの後からなら何とでも言える。そんな結果論から次の当たりを導き出すBlogです。

9/17 ちょっと気になる馬

 仕事の絡みもあって、平日の更新がないまま週末を迎えてしまいました。当面、こんな感じになりそうな気配が漂っておりますので、先にお断りしておきます。タイトルに偽りありですね…申し訳ございません。

 

 そんなこんなで全く当たらない予想を垂れ流すだけという全く価値を見いだせない状態になっておりますが、いそいそと予想を置いて立ち去ろうと思います。

 

阪神11R ローズS(G2) 芝1800m

Lap・馬場想定

 土曜の悪化一途から一転して、1つ回復し稍重スタートの阪神芝。レースの間は強い雨はないとの予報であり、このままの回復基調で考えてみたい。土曜は外回りを中心に少し差し優勢という感じだったが、ここからも乾いてくることを考えると、そこまで極端に考える必要はないだろう。それよりも、行く馬が限られているココはスローが確実なだけに、ペース適性のある馬をピックアップするのが、勝利への近道なのかもしれない。

 

気になる馬

☆ 16 カワキタエンカ

 →前走は上がり負けの2着だが、直線の長いコースでギアアップ出来るようなレースでも対応してのもので、逃げて33.9でまとめられるのは強みとも取れるし、厳しいペースを作って沈んだ桜花賞も、コンマ6秒差の7着ならむしろこの馬の力を評価できる内容だったと今なら思うことが出来るのではないだろうか。叩き台ではなく権利取り必須の舞台と、変化自在のペースメイクが可能の鞍上…狙うはココだろう。

 

馬券はどう買う?

 とは言え、力上位馬との比較で勝ち負けまでは難しいし、過去を紐解いても1000万下の馬は例外なく3着で権利取りをしており、ここも3着狙いでの3連複を買ってみたい。相手は素直に前走G1組の4頭(1~4人気)だが、万一の紛れがあった時として、共に500万下を出色の切れ味で差し切った07メイズオブオナーと14ラビットランだけは押さえておきたい。

 

 

その他気になる馬

阪神7R 

 →初ダート前走、内で砂をかぶりながらも完勝でダート適性は高そうで、連勝可能と見る。





(↑よろしければクリックしてやって下さいませ)

9/10 ちょっと気になる馬

 井上尚弥とロマゴンを気にしながら、グリーンチャンネルWOWOWを行き来する昼下がりになりそうです。夜はサトノダイヤモンドがあるしね。

 

阪神11R セントウルS(G2) 芝1200m

Lap・馬場想定

 開幕週の土曜阪神芝は、例年と違って差しも届きやすい状況。ただ外回りを中心にペースが影響したレースも多そうで、そこまで極端に考える必要はないだろう。ここは隊列はすんなりと決まりそうで、差してくる馬は割引、逆に立ち回りの上手い馬は加点して考えたい所だ。

 

気になる馬

☆ 03 アルティマブラッド

 →前走も3連複の2列目として挙げたのだが、意外な(?)ハイペースを先行して失速。ペース適性がなかった以上は仕方なしと言った所だ。ココはフィドゥーシアがすんなりで大きくペースが乱れることはないし、阪神6Fという舞台も、前後半差がほとんど無く、加速Lapすらありえる舞台であり、この馬の立ち回り力が発揮できると見たい。

 

馬券はどう買う?

 やはり基本は3連複。相手筆頭はすんなりハナに行け加速Lapにも対応できるフィドゥーシア。絞るならこの2頭軸で行ってもいいかもしれないが、個人的には外目からすんなり番手に付けられそうなラヴァーズポイントも大穴狙いで付け加えて買っておきたい。メラグラーナにせよ、ファインニードルにせよ、この舞台ではそこまで信頼できるレベルにはないだけに、3列目は拡げて高めが来たらラッキー程度で考えておきたい。

 

 

中山11R 京成杯AH(G3) 芝1600m

Lap・馬場想定

 こちらも開幕初日の土曜の振り返りから…こちらは当初の想定より前目が残るシーンが見られたが、こちらもペースの影響が大きいのではと推測。少なくともこのレースでLapが緩むことは考えにくいので、極端なバイアスは考えず、あくまで内外フラットという見立てで臨みたい。

 

気になる馬

△ 09 ウキヨノカゼ

△ 14 ミッキージョイ

 →ペースを作るのはマルターズアポジーで間違いない。悪意を持って競り合う馬がいない以上、マイルでの安定感はピカイチであり大きく崩れるのは考えにくく、まずこれを前提で考えたい。そしてOP以降この馬が逃げ切ったレース(小回り限定)で考えると、相手は差し馬に限られており、ココではその観点から2頭をピックアップしておく。共に厳し目のペースで差し脚を生かす馬で、マルターズLapは歓迎のクチと言えるだけに、チャンスは十分と思えるのだが…

 

馬券はどう買う?

 メインはマルターズアポジーとの馬連。3連複は2列目にこの2頭を置いて3列目手広くというのをメインに、万一マルターズアポジーが逆噴射したときのことを考えて、グランシルクとの3連複も押さえておくことにする。

 

 

その他気になる馬

◎ 中山7R

 →このメンバーならハナもしくは前を見る番手が濃厚。乾いたダートもプラスで押し切りまであると見て抜擢。

 

 






(↑よろしければクリックしてやって下さいませ)

9/9のちょっと気になる馬

 秋競馬に突入し土曜重賞も出てきましたので、軽めにエントリを立てておこうと思います。

 

中山11R 紫苑S(G3) 芝2000m

Lap・馬場想定

 皐月賞以来の使用となる中山芝。1年のうちで最も長く空くだけあって、常に絶好の状況での開幕となるのだが、エアレーションを行うようになってから、超のつく高速馬場にはならず、流れ次第では差しも届くような状況になっている。今年もその流れを引き継ぎいで考えていきたい所だ。ペース的には前走逃げた馬は1頭だけではあるものの、小回り中山10Fという舞台を考えると単純なスローは考えにくく、後半は持続力勝負になると想定…同コースに実績のある馬を積極的にチョイスしたい所だ。

 

気になる馬

☆ 03 ライジングリーズン

 →前走のラジオNIKKEI賞牝馬で55キロ、更に先行して掛かってしまうという最悪の結果。フェアリーSアネモネSと連勝したように差しに回ればココでも互角に戦えるものがあるのは春の時点で証明されている。距離が伸びるのは決してプラスではないものの、ディアドラがココまで人気になるのであれば、ペース適性も上々で人気があまりないこの馬の方を買いたくなるのは必然と言える。

 

馬券はどう買う?

 とは言え、距離という明確に不安になる部分がある以上、ココは小銭のみの投下で押さえておきたい。1頭軸の3連複で相手は07・16の2頭に絞り、3列目にズラリと並べての高め待ちという感じにしておきたい。

 

 

その他気になる馬

阪神11R

 →ここ2走でOP特別辺りではやれそうな所を示している。1番人気が楽逃げできそうなので勝つまではいかないまでも、その後ろくらいなら何とかなりそう。






(↑よろしければクリックしてやって下さいませ)

先週の反省 9/1 札幌2歳S篇

 先週の3重賞の中で、このレースを一番早く回顧すべきだったかもしれませんね。開催が始まる前に急ぎ振り返っておきましょう。

 

札幌2歳S

Lap・馬場振り返り

12.7-12.0-12.5-12.6-12.6-12.4-12.3-11.9-12.4=1:51.4

 サージュミノルが主張も1角ですぐに隊列が固まる…ややスロー気味からのロングスパート決着はこのレースのデフォルト通りと言えるのだが、より特徴的だったのが馬場。開催末期で内が悪くなったというより、スピードに任せて押し切る馬が持ち味を生かせず、逆に力任せに捲ってくるような馬の特性が活きる馬場だったということである。また、過去10年の良馬場で最も遅いレースだったという点からも、特殊な馬場だったという見立てが自然であり、このレースの結果だけを取っての評価はやめておいたほうが良さそうだ。

 

各馬振り返り

 ロックディスタウン:中団外目から前を行く2着馬を目標に歩を進め、ゴール前でクビながらキッチリと捕らえきった。跳びの大きな走りを見ていると、このコースは合っていなかったが、外目を楽に走らせた点はプラスに働いたといえる。このレース単体でと言うより、新潟外回りを32.6で差し切った新馬戦と合わせて考えると、やはり内容のある勝利…現状の2歳馬の中で総合力は最上位で、阪神JFでも勝ち負け可能だろう。

 ファストアプローチ:好位から4角でほぼ先頭の正攻法もラストは勝ち馬にねじ伏せられた。やや早仕掛けの感もあるが、馬場・鞍上も相まって力を出せた内容と見るべきだろう。東京の新馬で上がり負けして、札幌の未勝利で捲くって完勝している辺り、持続力に長けた馬と見ておきたいし、その勝利が開催2週目の高速馬場だった事から、力のいる馬場専用という訳でもなさそうだ。ただこの馬も跳びが大きいので、内に入ると割引かも。

 ダブルシャープ:無理せず序盤は下げた形だが結果的に最後方に。3角以降は大外を回して進出したが、直線序盤は伸びあぐねつつも、ラストでLapが落ちた時に前に迫ってきた。この馬に関し思うことは2点ある。まず1点は、かなり強引な競馬でこのレースにおいてはロスが多かったと思えるという事。もう1点はラスト2Fのところでは差が詰められず、1Fの所から伸びてきた事を考えると、時計の掛かる馬場が合っていたのではという点。合わせると、このレースに関してはもうちょっと上もあったと思えるのだが、今後中央の舞台で戦うにはちょっと適性がないのかなと…まぁそんな感じで。

 シスターフラッグ:この馬も函館開催最終日のやや時計の掛かる新馬戦を勝っての参戦で、馬場への適性は高かったと言える。この馬場で2戦しただけでは何とも言えないが、中央に戻った際には半信半疑で。ただこの馬自身、まだ伸びしろはありそうなだけに、そういう意味で蔑ろにはしないようにしておきたい。

 クリノクーニング:後方集団の競馬も3角以降、動くに動けず。最後はそれなりに伸びていただけに、今回は立ち回りが下手だったと言わざるをえない。この力のいる馬場も合わなかった可能性もあり、ここは参考外としてよいだろう。

 カレンチリエージョ:7頭立ての競馬から14頭立てになって馬群の中で怯んでしまった感じ。とは言え、3番人気になるほどの力関係でもなかったと見ておきたい。

 

 

 今回に限って言えば、馬場も特殊でしたし、内枠だったというだけで少し不利と見ても良いと思います。それを踏まえて考えても上位2頭はしっかりと評価すべき内容ではないでしょうか。特に勝ち馬…サンデーレーシングの大将格がようやく出てきましたかね。スペルヴィオだけではねぇ… 






(↑よろしければクリックしてやって下さいませ)

先週の反省 9/2 その2 小倉2歳S篇

 愛用PCを変更して1年…今回はあえてマイクロソフトのOffice機能を付けて導入したのですが、その際にOneDrive(マイクロソフトクラウドストレージ)の容量も増量されておりまして(通常使用5GBがなんと1TBに)それを忘れて結構な容量をストレージに放り込んでいたら、1年経って容量がもとの5GBに戻った今、何も仕事ができないという事態に陥ってしまいました…結局ファイルを整理し何とか50GBまでにまとめて、ストレージの増量購入(課金)で事なきを得ましたが、これで、アップル(iCloud)、Google(GoogleDrive)に続いて3つ目のストレージの増量…これ何の課金ゲームなんでしょうか。

 

 さて、こちらの課金はお金が戻ってくるはずなのですが…こちらもこの2ヶ月ほど私だけが違うシステムに足を踏み入れているようです。誰か救って下さい…

 

小倉2歳S

Lap・馬場振り返り

11.8-10.2-11.3-11.6-12.0-12.2=1:09.1

 前半33.3というのはこのレースで見ると標準的な感じ。それでいて前後半差が+2.5も出ているという事は、このLapに耐えられる馬が少なかったということ。現に勝ち時計の1:09.1は同日の2歳未勝利戦より遅い決着であり、まずレースレベル的にかなりお寒い感じだったという事を覚えておきたい。

 

気になっていた馬

◎ 07 ペイシャルアス(6着/4人気)

 →やや出負けで後方から。最後もジリジリとしか差を詰められず…出遅れたビハインドは認めるが、それを踏まえてもこの流れの中ならば、もう少しやれる所を見せてほしかったというのが正直な所である。一応参考外ではあるものの、次の狙い目を語れるレベルでは無いとしておく。

 

 その他の馬

 アサクサゲンキ:スタート良く、スピードコントロールをしながら3番手追走。そのまま早め先頭で押し切った。ペースが速くても対応できる下地はあっただけに、この鞍上に変わり良さが更に出たという感じだろう。逆に言えばいい面が出尽くしての結果でもあるわけで、これ以上を求めるのは難しそう。距離的にはあと200m伸びるくらいなら何とかなりそうだが…現状ではそこまでの評価としておきたい。

 アイアンクロー:少し出負けも巻き返して中団から。勝ち馬を少し前に見る位置から運んだが、ラストは脚色が同じになってしまった。この流れで勝ち馬を追いかけて交わせなかった以上、力負けと言わざるをえない。重賞なら苦しい戦いになりそうだ。

 バーニングペスカ:スタートのタイミングが合わずに中団から。道中もかなり手応え良く運び、直線も伸びていたのだが、最後はジリジリとしか伸びず。ペース適性はあっただけに、結果論だがもう少し高い位置を取れていれば…という印象は拭えない。自己条件なら見直し可能。

 ヴァイザー:出は悪くなかったが、付いて行かずに後方から。3~4角で浮上を狙ったが、他馬に入られブレーキ、さらに直線に入っても立て直す不利がありながら、外からの伸びは目立っていた。7Fデビューの馬らしく、前半は行かずに後半から徐々に吹かしていく作戦だっただけに、コーナーで勢いをそがれてしまったのは痛かった。次走7F戦までなら見直したい。

 モズスーパーフレア簡単に言えばペースに巻き込まれてしまったということだが、何度も言うが、このペースで踏ん張りきれない以上、強い馬とは言えない。距離的には、むしろ7F戦あたりのほうがイイのかも。

 

 

 昨年は桜花賞馬を出したこのレースでしたが、1年経って逆戻りと言った感じでしょうか?ここ数年2歳限定戦の数が増えたので、余計にその傾向に拍車がかかりそうですが。 






(↑よろしければクリックしてやって下さいませ)

先週の反省 9/2 その1 新潟記念篇

 さて武井咲ショックも瘉えたところで…いつもの反省会参りましょう。夏競馬ラストも轟沈し、秋まで引き摺りそうな勢いでお届けいたします。

 

新潟記念

Lap・馬場振り返り

 ウインガナドルのペースも、内目でタツゴウゲキが付かず離れず…結果的にペースがジリジリと上がっていく、新潟らしからぬLap構成での決着となった。馬場的には想定段階で書いていたように、逃げ先行馬が馬場を選びながら直線に入り、差し馬はその内外を突いて差してくるパターン…結果も先に行く馬とチョイ差し組の決着という想定通りの結末となった。ただ差し馬が来れない流れではなかっただけに、持続力勝負の馬たちの力関係が見えたレースとも言えるだろう。

 

気になっていた馬

☆ 12 マイネルフロスト(6着/2人気)

 →流石に最終2番人気まで押し上げられいた。決して速い流れではないが、標準に近い感じのテンでいつもより後ろ目の位置取りになってしまったことが最後まで響いたといえる。後から言っても全て言い訳なのを承知で言うと、2番人気なら軸にしてませんって話である。とは言え、見直せる要素はあるわけで、次以降はココまでの人気にはならないだろうし、展開ひとつでお金を返してもらえる可能性はありそうだ。

 

その他の馬

 タツゴウゲキ:番手ながら実質前のペースをコントロールする絶妙の騎乗で、上がり勝負には持ち込ませずにそのまま押し切っての連勝…サマー2000優勝を決めた。前走こそが完全に買い時だっただけに、新潟替わりでこの人気になるのも仕方なしだったが、この流れを作り出してしまえば、という所まで考えが及ばなかった(恥)。適性ペース内での好走とは言え、3キロ増でも結果を出せたことは力をつけたことの裏返しといえるのだろうが、これ以上を求めるのはちと酷かも。

 アストラエンブレム:この所パターン化していた先行策…も、最後まで前を捕まえることはできなかった。斤量を考えるとよく頑張っている方だが、現状底割れしかかっているのも事実。基本は人気先行型だけに、3連単の2~3着付けの様な馬券で買うのがいいかも。

 カフジプリンス:気合をつけて先行策。勝負どころでもいち早く押し始め遅れかけたのだが、ラストじりじり伸びてきわどい2着争いまで盛り返した。この流れになったことも良かったのだが、広い新潟で思い切って先行した事が大きかった。差しに回っても同じようにしか脚が使えないだけに、今後も広いコースでの先行策なら何とかなるかも。

 ウインガナドル:この馬自身はもう少し緩めに走りたかったはずなのだが…ただ勝ち馬に早々に交わされても止まらずに掲示板は確保。3歳ながらある程度の力は見せたと言えるだろう。前回の回顧でも書いたように、この馬のペースで走れるのであれば、もう少しやれて良い馬。次走も要注目。

 フルーキー直線で内目を選択し、ジリジリと伸びてきた。少し劣化は否めないものの、今回のようにラストが掛かるようなレースならば、3着位ならあっておかしくない。今なら距離を伸ばすのも面白いかも。

 トーセンバジル:やや出負けも差しに徹するこの馬のレース。上がり最速は記録したものの基本的にはこの馬のペースではなかった。見直し可能も、基本的には自力でどうにかできるタイプではない事は覚えておきたい。

 ルミナスウォリアー:出負けも内から巻き返して中団から。直線でも伸びかけたのは一瞬で早々に脚がなくなって脱落してしまった。内枠ながら内は極端に悪くなっていないし、この流れならばもっとやれてよいはずで、状態面で今ひとつだった可能性を考えておきたい。見直し可能。

 

 

 前段でも書きましたが、何もかもが見当違いで当たるわけない結果となりました。今の状況を象徴しているようなカス予想だったと言うことです。石でも何でも投げて頂ければ甘んじてお受けいたしますよ。アハハ…






(↑よろしければクリックしてやって下さいませ)

9/2 ちょっと気になる馬

 実は昨日の9/2はこの国の独立記念日…土曜ですので月曜が振替となり珍しい3連休となりました。決して武井咲が結婚したから休むわけではありません。土屋太鳳チャンが結婚したら休むかもしれませんが…まぁいいや。早速参りましょう。

 

新潟記念

馬場・Lap想定

 大逃げなどもあり、過去を紐解いても明確な傾向が見られないレース。その時その時の馬場傾向を重視して考えたほうが良さそうだ。その土曜日は、特に外回りで先行馬が意識して馬場の中ほどをチョイスして走るレースが散見された。結果的にその先行組の粘り、さらにその後ろから差してくる馬の台頭が目立ったと言える。逃げる馬、そして極端に後ろから行く馬は少し割り引いて考えたい所だ。

 

気になる馬

☆ 12 マイネルフロスト

 →走れど走れどあまり人気にならない馬。力関係との比較だけで買う価値があるのだが、前半さえ緩めに入れれば、後半のペースに左右されないというのも強み。ここも外でウインガナドルが行くのだろうが、速い流れにはなりそうもなく、好走できるペースの範疇に落ち着きそうだけに、再度の好走の可能性は十分と考えたい。

 

馬券はどう買う?

 メインは3連複でボーナスは馬連といった感じか。近走は早めの競馬で粘り込むレースを見せているアストラエンブレムが、ここも同じような競馬を見せれば好走できる可能性は高そうで、まずはこの馬。後は距離不足の感もあるが、スロー気味でも上がりの脚をまとめられるハッピーモーメントも面白そうだ。そして逃げ不振と書きながらも、すんなり行ければウインガナドルも侮れない。ウインガニオンを粘らせたように鞍上も馬場がわかっている可能性が高い。一応この3頭を2列目候補で、3列目はかなり手広く構えたい。馬連を買う場合も相手には広めに。

 

 

小倉2歳S

馬場・Lap想定

 例年前傾が基本のレース。今年は特に逃げて勝ってきた馬が多く、どの馬が行けるかは分からないが、デフォルト通りのペースという風に見ておきたい。馬場的には内外互角のイメージ…展開次第という言い方のほうがいいかもしれない。合わせて考えると、気持ち差してくる馬の方が優勢という見立てをしておきたい。少なくとも逃げだけで結果を出している馬は買いたくないという所だ。

 

気になる馬

◎ 07 ペイシャルアス

 →未勝利勝ちが3番手からの完勝。前後半差は+1.0ながら、ラストは自身が刻んだLapであり、逃げ馬換算では+1.8程度でこのレースへのLap適性としては上々の内容だったといえる。降着となった2走前ではハイLapを番手につけており、スピードのない馬ではないし、開催末期で適度に時計の掛かる馬場もプラス。ここは勝ち負けまで期待したい。

 

馬券はどう買う?

 勝ち負けまでと言ってみたものの、不確定要素が強い2歳馬のレース。基本は3連複で、プラスアルファを単系の馬券で構築したい。相手はまずアサクサゲンキ。この馬はスピード優勢系の馬も今回は外からコントロールが出来そうな鞍上が座った事は大きな加点と言える。また新馬で前傾Lapを逃げ切ったバーニングペスカもペース適性は上と見て抜擢。その他はお好みで…2歳重賞はあまり勝負する舞台ではないことは心に止めておきたい。

 

 

その他気になる馬

▲ 札幌11R 

 →台風の影響で直線向かい風。このレースもかなり上がりが掛かることが予想される。上がりが掛かるならこの馬…終わったのかもしれないが、ここで走らなければ諦めるスタンスで。






(↑よろしければクリックしてやって下さいませ)

フォローする