重賞回顧ブログ~The結果論~

レースの後からなら何とでも言える。そんな結果論から次の当たりを導き出すBlogです。

2019 函館スプリントSの回顧

 何かいつもよりアクセス多いな…とか思っていたら、こんな事になっていたみたいでして(汗)いやいやいや…ホントにね。「このレース、馬券1円も買ってないよ~」なんて口が裂けても…って、予想エントリでドーンと言っちゃってましたね。はい、包み隠さず申しますと適当に印つけただけです。サーセン…MVPなんて恐れ多いです。来週以降、しっかりとフェードアウトしますので、今週いっぱいはお赦し下さいませ。

f:id:beraan:20190618130315p:plain

 という訳で、当初回顧の必要もないやろと思っていたこのレースを少しだけ触っておこうと思います。

 

函館スプリントS

Lap・馬場振り返り

12.3-11.0-11.1-11.3-11.0-11.7=1:08.4

 少なくとも前傾+1.5くらいになるのがデフォルトのレースだが、少頭数で全く競り合いが発生しなかったこともあり、特に1~2F目が遅く推移…結果的に-0.4の後傾Lapでの決着となった。この時点で前の馬に圧倒的有利な状況が作られたのは言うまでもないのだが、ラストはもう少し纏めて欲しかったというのが本音…まぁ7頭でこのメンバーなら仕方がないのかもしれないが。

 

各馬振り返り

 カイザーメランジェ:ハナに立ってマイペース。4角でも持ったままで、直線で加速し後ろを出し抜くと、ラストは差を詰められながらも押し切った。時計面での恩恵、全く競られずにマイペースに持ち込めたこと、もちろんメンバーに恵まれたこと含めて、全てが噛み合った勝利と言えるだろう。次以降重賞で買えるシーンは来るのか来ないのか…

 アスターペガサス:最初から出していって番手キープ。4角で手応えが悪くなり、直線では一旦前と離されたが、ジリジリと巻き返して何とか2着は確保できた。出していった分、脚を使えなかったという印象が強く、速めのペースを後ろからついていくような競馬があっているということでいいのでは。後は坂のあるコースは良くないようなので、次買うなら北海道にいる間にしておこう。

 タワーオブロンドン:普通に出るも控えて5番手。4角では前を射程圏に入れるが、直線はジリ脚で、2着すらも捕まえきれなかった。58キロという事、更には時計の掛かる馬場への対応力という点もあるが、もっとも強調したいのは「大して強くないのでは?」という事。個人的にはサマースプリントシリーズ続戦なら次以降も軽視する方向で考えたい。

 

 

 次以降というわけではないですが、道悪が全然ダメと言われていたのがこの馬→見た目にノメッていたような所も見受けられなかったのですが、サマースプリント中に北海道以外の良馬場で使われる時は、一応そんな事を思い出してみてもいいかもしれません。







(↑よろしければクリックしてやって下さいませ)

(↑ブログ更新のメール配信をご希望の方は…開催日には、メール通知限定の狙い馬も配信してます)

2019 ユニコーンSの回顧

 これって、次週(つまり今週)だけの優先出走権ってことですよね。それだと元々権利を持っていて今週出走予定だった馬たちが出られない的な玉突きが起こる可能性が出てくるんじゃないでしょうか。また先週出られずピークアウトして出走が叶わない馬もいるだろうし、それが未勝利馬なら、かなり事態は深刻になりそう…思い切って2ヶ月位は優先権あげてもいいと思うんですがねぇ。

 

ユニコーンS

Lap・馬場振り返り

12.3-10.5-11.1-11.9-12.6-12.3-12.0-12.8=1:35.5

 好発はヴァニラアイスも内からワイドファラオとイメルが並んでいく序盤戦…3F目にワイドファラオがハナに立つもヴァニラアイスが付かず離れずで追走したことで結果的に4F目まで緩まずに進むことになった。一転、後半はペースが落ち、最終的には前後半で4秒以上の前傾となったのだが、特徴的なのは後半の中でも緩んでから2度の再加速があったこと…その緩んだ5F目の所で後ろの馬は差を詰める可能性はあったと思うのだが、前半の速いペースでも後続はあまり離れずに追走しており、脚を溜める暇がなかった可能性が大きく、結果的にラスト1Fはどの馬も脚色が一緒になってしまった。

 

各馬振り返り

 ワイドファラオ:競り込まれながらもハナをキープし、緩みを入れて再加速。ラスト1Fで2着馬に並びかけられてもしぶとく粘りクビの上げ下げを制した。芝で走っていた時は加速戦には対応していたものの、前半が緩いレースばかり。ここも緩めた事で後続の餌食になるかとおもったが、見事に残しきった。後続も脚が溜まっていなかったこともあるが、そのペースを作ったのはこの馬であり、純粋に強いと思わせる内容だった。緩急つけられるタイプの馬で、距離はもう少し伸びても対応できそうなので、次もハナ条件で期待できそうだ。

 デュープロセス:速いこともあって中団から。ペースが緩んだ部分で外目に切り替え勢いをつけると、残り1Fで前に並びかけ叩き合いに持ち込んだ。位置取りの利はあったものの自身の脚力は見せており、出遅れながら自身の脚だけで差し切った昇竜Sをもう一回り上回る内容だった。距離が伸びるのはあまり歓迎ではないと思うので、次以降も狙えるかどうかは微妙だが、世代トップクラスであることは十分証明できたと言えるだろう。

 ダンツキャッスル:前を行く2頭を見ながら3番手。直線ペースが上がった部分で置かれたが、ラストでしぶとく巻き返して3着。明らかにペースが合わなかったという印象。次は自己条件かレパードSになるだろうが、新潟は加速Lapに可能性もあるので、そちらに出てくるなら、取り扱いには注意したい。

 ヴァニラアイス:スピードに任せて番手から前に圧をかける競馬。ラスト1Fまではしぶとく粘っていたが、最後は甘くなってしまった。スピード比べに持ち込みたかっただろうし、緩んだ部分でお付き合いしてしまったのは、少し残念だったが、基本的には距離だろう。もちろん狙うべきは短縮の舞台。

 エルモンストロ:行きたい馬を行かせて内の3列目。緩んだところで少し前が詰まるような所がありながら、直線ペースの上がったところで一瞬反応はした。ラストは止まり気味になっただけに、前とは力負けのイメージだが、一定の力は示したと言える。同じダートでも少し緩めに進めたほうが良さそうで、そんな舞台なら狙ってみたい。

 アシャカトブ:出は悪くなかったものの、馬なりで最後方から。4角までは内でそこから外を狙って伸びてきたが、ラストは脚色が同じになってしまった。ポジション的には最も有利な所だったと言っていいのだが、それで届かないのだから力負けと言っていいだろう。スケベゴコロで狙ったが…サーセンでした。

 デアフルーグ:道中は2着馬を少し前に見る位置から。直線入り口でもしっかりと射程に入れていたが、伸びはイマイチ。ここまでのペースかつ高速馬場は初めてで、対応できなかったということなのかもしれないが、それにしても見せ場のない負け方はちょっと不満が残る。距離が伸びるのは悪くないのでJDDに出るなら巻き返す可能性もあるのだろうが…

 

 

 それが無かったら…という訳でもないですが、出負けした上に、ペースの速い所で位置を上げていったのがこの馬→最初からいい結果が望める要素が無かった。やはり前半からゆっくり目に入れる延長の舞台で見直したいところです。レパードSでもワンチャンあっていいと思うのですが。






(↑よろしければクリックしてやって下さいませ)

(↑ブログ更新のメール配信をご希望の方は…開催日には、メール通知限定の狙い馬も配信してます)

2019 ユニコーンSのほんのちょっとだけ気になる馬

 うーん。7頭立ての函館はもちろんのこと、このレースもこれという穴馬は見つけられませんでしたので、それをタイトルに反映させてのエントリです。話4分の1で見ておいて頂ければと思います。

 

東京11R ユニコーンS(G3) ダ1600m

ほんのちょっとだけ気になる馬

アシャカトブ

 →このレースのステップで最右翼の青竜Sが今年はスロー。ここへの直結度は少ないと感じさせる結果だった。そこで中盤からいまいち伸びきれなかったのがこの馬なのだが、本来緩みのないペースで力を出せる馬で、今年はメンバー的にかなりペースが上がりそうということで、力的に足りない部分をペース適性でカバーできないかなと言う妄想で推奨しておきたい。最強GPへの印登録は▲という事でご了承いただければ…それくらい気のないレースということで。

 

馬券はどう買う?

 メインは3連複。上位2頭は強いので2列目は2頭にして、3列目もあまり手を広げずに見ておきたい。2強の中ではデアフルーグに魅力を感じるので、3連単はこの馬が勝つ馬券を少しだけ付け加えておく。

 

 

その他気になる馬

函館11R 

 →OPでもそれなりに格好をつけているので、頭数半減でちょっとだけ魅力が出てきたかなと思わせたのがこの馬。何より時計対応力がない馬なので、コース替わりと馬場悪化もプラスに働きそうというのが大きい。とか言いながら、このレース馬券を買う気はまるで無いのだが。






(↑よろしければクリックしてやって下さいませ)

(↑ブログ更新のメール配信をご希望の方は…開催日には、メール通知限定の狙い馬も配信してます)

2019 水無月Sのちょっと気になる馬

 いやはや…全米オープン見ようと早めに起きてみたら…大量除外で一気に目が覚めてしまいました。重賞のない土曜日に雨降りで読みづらい状況ですので、明日への様子見ということで、軽めに済ませておくことにしましょう。

 

 

阪神11R 

 →前走は格上挑戦で参考外。元々はこの距離でも軽く先行できていたし、今回も枠を利して少なくとも好位は取れそうな気配。何より渋って時計の掛かる馬場は大きく加点できる要素だけに、この人気でも必ず押さえておきたいところだ。先週の傾向から、ちょっと内の傷みが早いんじゃないかと思えるキライもあったので、もしそうなら…さーせんということで。

 






(↑よろしければクリックしてやって下さいませ)

(↑ブログ更新のメール配信をご希望の方は…開催日には、メール通知限定の狙い馬も配信してます)

2019 マーメイドSの回顧

 

 これちょっと衝撃的でした。かつてシンコウウインディという馬が、他の馬に噛みつきに行く仕草を見せていましたが、これ噛んでますもんね、完全に。

 

マーメイドS

Lap・馬場振り返り

12.2-10.9-12.2-12.2-12.3-12.4-12.1-11.8-11.4-12.8=2:00.3

 レーツェルが行きかける所を、同帽色アドラータが内から交わしていき、2角までに少し離し逃げのような形を作る展開。後の組は一団での追走し、残り5Fからじわじわと差が詰まっていき、残り3Fの部分で吸収される様な形となった。それでもラストはガクッとLapを落とし、この部分で前と後ろが一気に入れ替わっての決着…正直、先行馬たちにとってもそこまで厳しいLapではなかったと思えるのだが、すでに馬場の内目が傷み始めている事を表しているのかもしれない。

 

各馬振り返り

 サラス:直線向いてもまだ最後方に近い位置から、ラストのラストでグイッと伸びて、先に抜けた2着馬を捕らえきった。前走で上がりの速い勝負で好走したが、基本的には今回のようなペースが合っていたと思っておきたい。とは言え、軽量に位置取りと、ハマった感が強い結果でもあるので、基本的には半信半疑で考えておこう。

 レッドランディーニ:3角から外々を動いて、一旦は勝ち切るかというところまで持っていけたのだが…今春の復帰戦以降は、速い上がりにも対応できて来たのだが、一気にペースの違うココでも結果を出しており、今が充実期と見ていいのではないだろうか。距離は2000位あったほうが良さそうだ。

 スカーレットカラー:2着馬のすぐ前の馬群の中から。直線では中々前が空かず、最後はやや内目に進路を見つけて伸びてきた。まともならもう少し際どかったはず。次走以降も上がりが掛かるような流れなら、しっかりと買っておきたい一頭。距離は1800m位がちょうどいいと思う。

 センテリュオ:結果としてはそこまで悪い位置取りではなかったように思うが、斤量差もあって伸び負け。ただココまでタフな馬場があっているとは思えないので、一応上場酌量の余地はあると見ておきたい。

 モーヴサファイア位置取りの割には健闘したほうだが、上がり勝負は全く向かない馬で、流れ的には悪くなかったはず。そのレベルの馬と思っておきたい。

 

 

 前目の競馬で割食った馬は何頭かいるのですが、流れも馬場も合っていなかったなと思わせたのがこの馬→フローレスマジック前々走では上がりにより過ぎない流れでも好走していたのですが、ココまでの厳しい流れになると太刀打ちできなかった印象です。力は上だと思いますので、牝馬限定の舞台でそれなりの馬場なら、巻き返し可能と思っています。







(↑よろしければクリックしてやって下さいませ)

(↑ブログ更新のメール配信をご希望の方は…開催日には、メール通知限定の狙い馬も配信してます)

2019 エプソムカップの回顧

 まさかのキタサンブラック落選ですか…G1・7勝馬が顕彰馬になれないなら、今からどんな馬がなれるっちゅうねんって事ですな。個人的注目はそれよりもスペシャルウィーク…見立てでは、今年→キタサン、再来年→恐らくアーモンドアイが確実という流れなので、再来年までが対象であろうこの馬は、実質来年がラストチャンスと思っていたのですが、今年のキタサン落選で、その可能性も一気に萎んでしまいました。うーん…残念至極。

 

 

エプソムカップ

Lap・馬場振り返り

13.5-12.2-12.7-12.9-12.6-12.3-11.0-10.8-11.1=1:49.1

 新馬戦で見られるレベルの異様なスロー…レースの上がり自体が32秒台と、前目である程度上がりが使える馬に最も有利に働き、後方の馬はハナからノーチャンスというレースになってしまった。全馬32~33秒台で上がっており、この結果だけを見て、上がり勝負やトップスピード比べに対応できたと判断するべきではないレベルであることは、強く念押ししておきたい。

 

各馬振り返り

 レイエンダ:自身は押しつつ、サラキアを行かせて番手。結果的に最高の位置取りでの競馬となった。またこの馬にとっては少し力のいる馬場になったことも大きかったのではないだろうか。ようやくと言っていい初重賞だが、当然今回だけでは評価できず、基本人気先行型なので、次も嫌う方向で考えるのがベターなのかも。

 サラキア:まさかの逃げの手も、結果的には間違ったチョイスではなかった。ギアアップ能力はあるだけに、前につけられた時点で自身が十分残せる要素は揃っていたということ。現状でそれ以上は何とも…

 ソーグリッタリング:前の2頭とは位置取りの差…究極の上がり脚を持っているわけではないので、ここは参考外でよいだろう。

 ショウナンバッパ:どんなレースでも自身の脚はしっかり使える馬で、究極の上がり勝負でもそれが出来るのは立派の一言。次以降も常に警戒が必要な一頭…どのみち人気にならないので押さえておいて損はない。

 ブレスジャーニー3~4角で内目に切り替えて、距離ロスを最小限にする競馬。位置取り面で届かなかっただけに、それでもぎ取った掲示板と言える。個人的には小回りで脚を溜めるような競馬でも対応できると思っているだけに、その辺りの条件替わりがあれば、もう一回くらいは買ってみたいかなと思っているが…

 

 

 距離延長の昇級戦でもそこそこやれたなと思わせたのがこの馬→(アンノートル)自身に抜群の上がりの脚があるわけでもないので、4角の位置取りから順位をあげられなかったのは仕方なし。もう少し上がりの掛かる舞台ならやれておかしくありません。サマーマイルシリーズでちょっと注目してみようと思います。





(↑よろしければクリックしてやって下さいませ)

(↑ブログ更新のメール配信をご希望の方は…開催日には、メール通知限定の狙い馬も配信してます)

2019 エプソムカップのちょっと気になる馬

 明日はちょっとバタバタするので手短に…

 

東京11R エプソムカップ(G3) 芝1800m

ちょっとだけ気になる馬

アップクォーク

 →前走は出遅れを巻き返しての先行策で直線包まれるという、競馬になっていないのだが、それでもコンマ7秒差なら特に悲観視する内容でもなかった。もともと血統の字面以上にギアアップと上がりの能力で勝負してきた馬で、明確な逃げ馬がいない今年のレースはペースも向いてきそうなので、重賞初挑戦の試金石という舞台でもこの人気ならちょっと買ってみたいなぁという感が先立つ。

 

馬券はどう買う?

 メインは3連複だが、人気どころを含めて一長一短のメンバーなので、1頭軸で手広く流して高め待ちとしたい。01 03 04 06 07 08 09 12 13 14…10頭(55点)は買い過ぎかな(汗)

 

 

その他気になる馬

阪神11R 

 →時計の掛かる阪神の馬場でこそ狙いたい馬。前走は馬場があっていなかったはずなのに押し切ったのは逆に評価したい所だ。

 






(↑よろしければクリックしてやって下さいませ)

(↑ブログ更新のメール配信をご希望の方は…開催日には、メール通知限定の狙い馬も配信してます)

フォローする