重賞回顧ブログ~The結果論~

レースの後からなら何とでも言える。そんな結果論から次の当たりを導き出すBlogです。

先週の反省 2/18 フェブラリーS篇

 ようやく、というか遂に戻ってきてしまいました。まぁ日本での10日間と同じ生活を続けるのはお金的にも体的にも厳しいものがあるので、このくらいの期間がちょうどいいのかもしれませんね。そして、太め残り度合いもほどほどという感じで、頑張って絞っていこうと思います。

 さて…そんな日本滞在中は、様々なリアルフレンドとお話をする機会があったのですが、このブログの存在を知っている一人から「何かエラいエビちゃんファンから絡まれてるで~」と教えてもらいました。何のことかサッパリ分からず、よくよく聞いてみると、どうやらコメント欄らしい…という訳で、早速確認してみると…いやぁ、エラいdisられっぷりですね。こんな過疎ブログにコメントを入れてくれる方がいるとは思わず、全くケアしていなかったのですが、コメント後、1週間以上経過してようやく確認した次第であります。

 そして更に1週間近く経ってそれに反応するのかもどうかと思うのですが、確かに乗り替わって着順落としたのに、鞍上の手が合っているのは明白とか書いても、そりゃ意味分からないですよね…その辺りは反省し、以後気をつけて書くようにしようと思います。普段から文章が長くなりがちで、できるだけ簡潔にまとめようと思うのですが、その辺りが影響したのか、上手く伝わらないフシもあるという事も痛感いたしました。やっぱり文章にするというのは難しいです。上手い人が本当に羨ましい…。そして、コメントの他の部分に関しては言いたいこともありますが、とりあえずスルーと言うことでご了承ください。主さんも二度と見ないということで、ココに書いても仕方ないと思いますので…あ、コメントは初disられ記念ということで、そのまま置いておくことにします。

 

フェブラリーS

Lap・馬場振り返り

12.2-10.7-11.2-11.7-12.5-12.6-12.3-12.8=1:36.0

 内の2頭が行きかけるところに、ニシケンモノノフの最内からの主張…これでテンの3つが相当速い入りになり、4F目もその惰性で速め、5F目と6F目で緩みを作る形になったのだが、その隙に後続の馬は労せず前との差を詰められたわけで、3頭に追随したテイエムジンソク、ララベルと合わせて少なくとも前の5頭は相当厳しい競馬になったと見てよいだろう。ゴールドドリームが早めの仕掛けをした事から、位置取り的に有利だったのはそれより更に後ろから競馬をした組と言えるのだが、後は各馬の振り返りの部分で…

 

気になっていた馬

☆ 06 インカンテーション(3着/6人気)

 →当初は高い位置の競馬を考えていたようだが、ペースの速さを見て差しに回る競馬へ。道中の手応え的には今ひとつだったが、外から勝ち馬が並んできた時にはしぶとく抵抗したのだが、今一歩及ばなかった。予想段階でも書いていた通り、厳しいペースにも対応できる馬だけに、上手く位置取りを切り替えて結果につなげた。引っ掛かりさえ無ければ、対応ペースは多岐に渡っており次以降も絶対に無視できない存在と言えるだろう。

 

その他の馬

 ノンコノユメ出負けそして最後方に近い位置取りもいつもの通り。目標にしていたであろうゴールドドリームは先に前に行ってしまったが、そこは我慢をして自身の直線だけの競馬に徹して、ラストの競り合いを制した。根岸Sの時にも書いたが、ペース問わずに自身の脚は使える馬で、今回は更にペースのアシストがあったということだろう。これで評価を大きく上げる必要は特になく、狙えるレースではしっかりと言った付き合い方で良いだろう。

 ゴールドドリームやや出負けもすぐに巻き返して中団外目。直線の早い段階でキレすぎて先頭に立ってしまうものの、ノンコノユメに並ばれた後は手前を替えて抵抗を見せた。ラストは及ばなかったが、勝ちに行く姿勢を見せた中での競馬なら及第点といえるだろう。ペース適性と言うより、上がりを強調できる舞台、流れでこその馬だけに、その辺で多少の出し入れは必要になってくる。常に人気する馬だけに、そのあたりを上手く使って買い目を作る必要があるだろうし、穴党には付き合いづらい馬という感じ。

 サンライズノヴァ:外目で上手くコントロールされていたが、4角で2着馬が先に上がっていった際にフタをされる形になりややもたつくシーンが見られた。とは言え、それがなければのレベルではなく前とはやや力負けの印象が強い。器用さのない馬で基本的に内枠は良くないだけに、今後もそのあたりを注目しながら見ておきたい。

 レッツゴードンキ4角までは外目を意識したコース取り…直線で一気に内に切り替えると、前が射程圏に入る所までポジションを上げたのだが、流石にラストは甘くなってしまった。ダートでも展開次第では十分やれる内容と見ておきたい。恐らく次は高松宮記念だろうが…

 テイエムジンソク:スピードの持続に長けた馬とは言え、流石にこのLapでは残せず…この結果だけで強い弱いを論じる必要はなく、ノーカウントで良いレースとしておこう。

 

上には書きませんでしたが、ほんの少しだけ見直したいのは…

 

 3着馬に注目しておきながら、ペースは全くの読み違えで1円にもならず終了でした…これは馬と鞍上が凄かった事の裏返しで、私個人としては外れて当たり前の結果だったということです。東京ダートは本当に読みづらくて苦手意識が強いんですよね…






(↑よろしければクリックしてやって下さいませ)

(↑ブログ更新のメール配信をご希望の方は…開催日には、メール通知限定の狙い馬も配信してます)

2/18 ちょっと気になる馬

 例によって豪快に更新をサボっておりますが…来週半ばにはまたアチャラに戻りますのでボチボチ巻き返していくとします。その前に…G1くらいは予想しておきましょうか…というわけで、よろしければご覧ください。

 

 

東京11R フェブラリーステークス(G1) ダ1600m

Lap・馬場想定

 土曜の馬場を見る限りペース次第なのだが、やや前目が有利な印象…メンバーを見てもノボバカラが行って、内で包まれたくないケイティブレイブ辺りが続く流れ…短距離出身のノボバカラが飛ばしたとしても、後続がガンガン付いていくような流れは考えられず、普通に緩みの少ない平坦に近いLapになると見ておきたい。

 

ちょっと気になる馬

☆ 06 インカンテーション

 →武蔵野Sは楽な流れに乗ったという見立ては間違ってはいないのだが、マーチSを見ても決してその流れだけでしか走れない馬ではないし、スピード負けする馬でもない。掛かりやすい馬だけに、内で何頭か行かせて上手くポケットに入るような展開であれば、このメンバーでも十分やれると見ておきたい。

 

馬券はどう買う?

 メインは3連複。平均Lapの範疇したであれば、前目の馬が残せるという判断のもとでのチョイスだけに2列目のメインはテイエムジンソクをピックアップ、外の差し馬たちがまとめて飛んでくる展開になった場合はすっぱりと諦めるスタンスで。

 

 

小倉11R 小倉大賞典(G3) 芝1800m

ちょっと気になる馬

△ 
 →ハンデ戦で忘れた頃にやってくるタイプの馬。そんな中でも10Fより9F戦の方に適性が高いので、ここらで一発を目指して小銭だけ買ってみたい。


馬券はどう買う?

 相手も全く絞れないので、ワイドをメインにし、ボーナスで馬連…04 05 06 08 13辺りをメインに、馬連に関してはもう少し手広く買ってみたい。何れにせよ小銭投下の域を出ないように…という感じで。

 

 






(↑よろしければクリックしてやって下さいませ)

(↑ブログ更新のメール配信をご希望の方は…開催日には、メール通知限定の狙い馬も配信してます)

2/11 ちょっと気になる馬

 帰国早々にちょっと羽根を伸ばして、博多までやってまいりました。今日は一日競馬と思ったら、この日だけは小倉競馬が開催されていないというツイていなさ…仕方がないのでエクセル博多でパチパチすることにします。

 

 

東京11R 共同通信杯(G3) 芝1800m

Lap・馬場想定

 朝から良馬場の東京。夜半の雨の影響はほぼ無かったと見ておきたい。先週の馬場を引き継ぐのであれば、それなりに軽く時計も出る状態という想定でよいはずだ。メンバーを見てもコスモイグナーツがペースメイクすることが濃厚…この馬は道中ほぼ緩めずにLapを刻むタイプで、中盤もそれなりに流れてからの上がり勝負…総合力を問われるようなレースになると見ておきたい。

 

ちょっと気になる馬

◎ 10 ゴーフォザサミット

 →未勝利勝ちの中山の持続力勝負から一転…百日草特別では先行して決め脚を発揮しての勝利とペース問わずに走れていることはこの舞台では大きな魅力に映る。そこそこのペースを前目から出し抜くような走りをすれば、グレイルの力は認めるつつも、逆転まであると見ての抜擢としたい。

 

馬券はどう買う?

 オッズ的に魅力はやはりこの馬が頭になる馬券だろう。まずは単勝を買って、馬連馬単をメインで…相手はグレイルだが、万一のことを考え02 06 09辺りも押さえておきたい。また3連系の馬券を買うなら、01 03 04辺りも絡めてみたい。

 

 

京都11R 京都記念(G2) 芝2200m

Lap・馬場想定

 →土曜の開催終了から更に雨が降って重馬場スタートの京都…かなり時計のかかる状態で外から動ける組が優勢な状況だ。展開的にはプリメラが行くのだろうが、他の馬たちは様子見の状況…クロコスミアの動き次第という感じになると思われる。全体的にはスローで坂の下りからの上がり勝負と見ておこう。

 

ちょっと気になる馬

△ 09 ミッキーロケット

 →典型的に上がり脚のない馬だが、今回はそれは奏功する…外からジワッと先行するタイプで今回は馬場も展開も向いてきそう。G3でも取りこぼしがあり、格負けしていることは承知の上で少し買ってみたい。

 

馬券はどう買う?

 3連複だが、この馬場でレイデオロのみを相手にするのはリスクがありそうで、03 04 05 10も2列目に取っておき、万一の高め待ちの小銭投下という感じに留めておきたい。

 

 

その他気になる馬

☆ 東京9R 
 →メンバー的にはスローが濃厚だが、前目から小脚を使って後続を突き放せる能力はある。昨年の段階から決して弱い競馬はしていないだけに、この自己条件なら普通に通用するはずだ。

 





(↑よろしければクリックしてやって下さいませ)

(↑ブログ更新のメール配信をご希望の方は…開催日には、メール通知限定の狙い馬も配信してます)

2/10 ちょっと気になる馬

 毛穴が開いたところにいる人間に今の日本の気温は応えます…昨日の夜に日本にたどり着きました。明日も移動ですので、手短に済ませておきます。後半レースは今ひとつピンときませんでしたので、前半レースですがご了承ください。

 

 

2/10のちょっと気になる馬

☆ 小倉3R 
 →前走は初芝で人気薄も掲示板確保。中京らしく4角手前で溜めがあって、直線で加速する逃げ馬にはプラスにならないLapでも粘れたことは一定の評価をしたい。多頭数で思わぬ馬がハナに立つシーンもあるかもしれないが、この馬のペースになれば残り目を期待したいところだ。






(↑よろしければクリックしてやって下さいませ)

(↑ブログ更新のメール配信をご希望の方は…開催日には、メール通知限定の狙い馬も配信してます)

先週の反省 2/4 その2 きさらぎ賞篇

 

 誰が最速やねん…ツッコミはさておき、これが成功すればもっと豪州へのトレードが増えてくるでしょうし、それはそれで面白いのではないかと思います。出来れば内国産馬が行ってほしいなぁ。バクシンオーの仔が健在なら良かったのですが…ニシノラッシュとかどうですかね?

 

 

きさらぎ賞

Lap・馬場振り返り

12.8-11.9-12.1-12.5-12.0-12.1-12.2-11.5-11.7=1:48.8

 サトノフェイバーがスンナリで、3角前に後ろからグローリーヴェイズが迫ってきた時もペースは上がらず…更にその後ろで折り合いに苦労しながらバタバタしている組を尻目にマイペースを刻んでそのまま押し切り…残る馬が残るべくして残ったという特に面白みのないレース…回顧に困る…というのが正直なところである。

 

ちょっとだけ気になっていた馬

☆ 04 ラセット(3着/5人気)

 →上手く内で脚を溜めながらの競馬で、直線も内目から脚を伸ばしたが、前2頭との差は詰まらぬままの完敗だった。前走同様に立ち回りの巧さは見せたのだが、いかんせん上がりの脚が付いてこない…自己条件なら好勝負出来ると思うが、現状は重賞ではという見立てが適切だろう。サーセンでした。

 

その他の馬

 サトノフェイバー:何が何でもという感じではなかったが、マイペースでLapを刻んでの押し切り。自身でペースをコントロールできる柔軟性は買えるのだが、現状はそれ以上は何とも…このままクラシックに向かおうというのあれば、買いたいと思わせる要素は今のところゼロというのが正直な所。

 グローリーヴェイズ:出負けもペースが上がらない内に番手まで巻き返しての追走。その過程で後続の馬たちの折り合いを狂わせるおまけも付けた(たまたまだろうが…)500万下は超スローの切れ味勝負だったが、ここも多少ペースが上がったとは言え、依然としてスローだった訳で、それで使える脚が一気に少なくなってしまった事は、やはり評価できない。G1云々とは程遠い位置にいる賞金持ちと思っておこう。

 カツジ:行きたがるのを押さえながら先行策。2着馬が前に行った際に上手くやり過ごせたが、上手くやり過ごせなかったダノンマジェスティと数回接触するシーンがあった。とは言えデイリー杯も同じくらい掛かっていたようにも見えるだけに、伸びあぐねたのは距離面かも。

 ダノンマジェスティ:3角手前から挙動が怪しくなり、後はずっと外に張りっぱなし。それでも33.0の脚を使った新馬戦と違ったのは鞍上な訳で、ここが和田の継続騎乗だったなら勝ち負けできたかどうかはともかく、今回、松若が責められるのも仕方なしだろう。参考外で良いが、まともに走れるようになのは何時なのよという問題であり、そういう意味では時間がかかりそう。

 

 

 いつもの姑息なin誘導も出来ないほどのレースレベルだったと思います。何も書いてませんが良ければ押してやってください…


 






(↑よろしければクリックしてやって下さいませ)

(↑ブログ更新のメール配信をご希望の方は…開催日には、メール通知限定の狙い馬も配信してます)

先週の反省 2/4 その1 東京新聞杯篇

 張りゴマを減らして負け額を小さく済まし、これで予定通りと次週に備える…完全にパンチドランカーの思考ですね。そんなダメ人間が今週も振り返る「反省というのは名ばかりの回顧録」よろしければお付き合いください。

 

 

東京新聞杯

Lap・馬場振り返り

12.4-11.4-11.6-12.2-12.4-11.1-11.0-12.0=1:34.1

 トウショウピストがしっかりとコントロールした上でのペースメイク…過去2年ほどではないが十分スローの範疇と言えるレースだろう。上がり3Fの勝負になったことには違いないのだが、やや抜けた勝ち馬の走りを見ている限り、ラスト12.0は計測ミスの可能性が高く11.4-11.7位の決着だったと見ておきたい。馬場的にはほぼフラットな状況でこの流れとて外で決め脚を発揮できる馬は届いたと思うのだが、逆に内目のそこそこの位置からもしっかりと上がりを使える馬がいたゆえに届かなかったという見方をしたい。そういう意味では後方から進める馬には流れが合っていなかったとも言えるのだが。

 

ちょっと気になっていた馬

☆ 10 ダノンプラチナ(11着/7人気)

 →出負けで後方から。4角は馬場の中ほどを通し直線だけ外に出したが届かず…同じスローでももう少し流れた中でのパフォーマンスを予想していただけに、この展開では上がり負けするのも仕方なし。ただペースが上がった後からも地脚でついていっていただけに、ゴリゴリと動かす鞍上よりも、田辺のほうが合っているのは明白。また同じ理由から中山適性も高いのではないかと想像できるだけに、継続騎乗でダービー卿辺りに出てくるのであれば、もう一度だけ買ってみたい。

 

その他の馬

 リスグラシュー中団馬群の中で待機…直線序盤で前がわずかに空くと、そこに飛び込み抜け出してきた。決して上がり脚を強調して好走する馬ではないだけに、この流れでも自身の持てる最高の脚を使って勝ちきった事は大きいし、55キロを背負いながら、抜けた後もさほど追わずにやや余力を残すような勝ち方も、次以降を期待させると言っていいだろう。このレース以上に上がりに寄らなければ、ヴィクトリアマイルでも好勝負必至と見ておきたい。

 サトノアレス:出負けで後方のラチ沿いから。直線もそこを離れることなく鋭く伸びてきた。出負けさえなければと思わせがちだが、そこからのリカバーはほぼ完璧であり、その部分はプラマイゼロとしておきたい。ギアアップ及び上がりを強調するレースの適性が高い馬で、引き続きそんな条件で狙いたい。

 ダイワキャグニー:グレータロンドンが外から行ってくれたお陰で、その後ろをスムーズに追走。この馬なりの正攻法で前に迫ったが…直線序盤で置かれ、ラスト1Fで巻き返すように伸びてきた辺り、ギアアップが必要なレースは不向き、上がりもこの馬の限界に近いもので駆けているだけに、それなりに力を示した内容と言える。左回り特化型であることを踏まえても好走条件は限られているが、安田記念はこの馬にとって可能性を秘めている舞台だけに、もう少し賞金を積んでほしいのだが…

 デンコウアンジュ中団の勝ち馬を見るような位置から。直線も先に抜けた勝ち馬の後を追うように伸びてきた。流れは合っていただけに前とは力負けの印象…まぁ牝馬どおしなら昨年同様やれる下地は維持していると見ておこう。

 ディバインコード:番手の絶好位から。直線もジリジリとは伸びているがインパクトのある走りではなかった。数字の示すとおり上がり負けと言うことで良いが、更に上のメンバーで厳しいペースになるとやれるイメージもなく、あくまでOP特別~G3相手で流れが合えば…という感じで捉えておきたい。メンバーが弱ければ適性は広く、安定感ある走りが見られるはずだ。

 クルーガー:中団の内々、直線では押しながら進路を探しつつだったが、抜けられそうな間がありながらも、それを割る勢いがなかった。ギアアップ能力の無さをモロに見せてしまった感じで、やはり後傾持続力勝負でこそということ。

 グレーターロンドン:意外な積極策。十分に後方を引きつけ残り2Fから追い出されたが、全く伸びなかった。溜めてこその馬ということだろう。妙な鞍上スイッチの弊害とも取れるだけにとりあえず参考外としておく。

 アドマイヤリード:この流れは悪くないはず…一応、休み明けだっただけに、上がりを強調する舞台ならもう一度注目してみる。

 

 上には書きませんでしたが、意外とやれたなという印象なのがこの馬…(ハクサンルドルフ…外からいい脚。後傾持続力勝負の上がりを強調する舞台で。)

 

 時計が少し遅かったのは、やはりペースの遅さが影響していると思いますので、そこまで気にする必要はないと思います。それなりに見どころのある馬が複数いて、面白いレースでした。

 

 



(↑よろしければクリックしてやって下さいませ)

(↑ブログ更新のメール配信をご希望の方は…開催日には、メール通知限定の狙い馬も配信してます)

2/4 ちょっと気になる馬

 昨日は珍しく抑えめの投票で傷口を最小限に留めての日曜日…とは言え今ひとつ触手の動くレースや馬も無かったりして…次週は日本の投票になりますので、セーブ気味の投票としておこうと思います。

 

 

東京11R 東京新聞杯(G3) 芝1600m

Lap・馬場想定

 稍重から回復途上の馬場だがペース次第で逃げ差し自在…雪かきの影響か、どの部分も平均的に痛み気味でジョッキーも掴みきれていないという印象だった。極端に外を回らされる馬以外は特に差し引きは考えないでいいだろう。またここ2年は超スローから逃げ馬が残しているレースだけに展開も注目なのだが、今年もトウショウピストが単騎確定の情勢…この馬は短距離からの転戦で、過去2年の様に極端に落とすことはないものの、コントロールは出来る馬だけに、やや遅めのペースを想定しておきたい。極端な上がり脚はなくても上がりを強調するレースで走れる馬を強調したいところだ。

 

ちょっと気になる馬

☆ 10 ダノンプラチナ

 →前走は久々の勝ち星だったが、元々はG1馬。続けて使われている時点で爪の不安がないということであり、それに伴い状態が上がってきていることは明白だろう。個人的には去年の関屋記念でも狙ったのだがその際は上がり負けの掲示板確保が精一杯…ココは更に流れが向くとみたい。何よりエビダンスが合っていない可能性が大きく、ここで鞍上が変わることは大きな魅力に映る。

 

馬券はどう買う?

 3連複で2列目は、流れも合って力上位のクルーガー、外枠も先行できるだけに立ち回りはそこまで苦労しないであろうダイワキャグニーの2頭に絞って、3列目はそこまで手を広げず大荒れはないという前提で臨みたい。ボーナスは馬連で。

 

 

京都11R きさらぎ賞(G3) 芝1800m

ちょっと気になる馬

☆ 04 ラセット

 →未勝利勝ちが内から味な競馬。上がりを強調するタイプではないが、前目から出し抜く脚は持っていそうで京都は合うはずだ。ダノンマジェスティが決め脚を発揮して勝ち上がってきている以上、それが来ない前提で考えた時には、違った特性を持った馬を狙い撃つのがセオリー…とは言え、その想定した流れでダノンマジェスティが来ない保証はどこにもないだけにあくまで小銭のみの参戦としておきたい。

 

馬券はどう買う?

 単勝と上位3番人気までの馬連を観戦料をして購入して白目で眺めておこう。

 

 

その他気になる馬

☆ 京都9R 

 →ここ2走は展開不向きでやむを得ない敗戦。平坦替わりでこの枠なら普通に脚が溜められ巻き返しの要素は十分。

 

 

 




(↑よろしければクリックしてやって下さいませ)

(↑ブログ更新のメール配信をご希望の方は…開催日には、メール通知限定の狙い馬も配信してます)

フォローする