重賞回顧ブログ~The結果論~

レースの後からなら何とでも言える。そんな結果論から次の当たりを導き出すBlogです。

8/20のちょっと気になる馬

 久々に結構考え込んだ重賞精査となりました。その割にはあまりまとまった感じになっていないのは…自己嫌悪ですな。とりあえず恥を晒しておきます。

 

札幌記念

Lap・馬場想定

 先週の雨を経てからのCコース替わり…時計に注目されたのだが、土曜に関しては以前までの高速度合いは鳴りを潜めてしまった。馬場的にはペース次第でフラットに近い状況と見ておきたい。ここはロードヴァンドールが行き、マイネルミラノの番手が確定的。やや後傾の持続力勝負になると想定。こちらもデフォルトに近く、流れで大きく出し入れする必要はなさそうだ。

 

気になる馬

△ 08 ツクバアズマオー

 →前走の函館記念は不良に近い重馬場に脚を取られて4角で終戦。札幌替わりで良の時計の掛かる馬場になったのはこの馬には大きなプラスと言える。上がりのみの勝負にならないレースも適性は高く、敵は強いが3着ならあっておかしくない条件が揃ったと言えよう。

 

馬券はどう買う?

 もちろん3連複メインだが、1~3番人気はどれも消せないだけに、旨味は少ない。少額投資に押さえておくべきレースと言える。基本は1頭軸流し…相手は01 02 03 04 05 07 09 13辺りにおいて「人気飛べ!」と祈っておきたい。

 

 

北九州記念

Lap・馬場想定

 馬場的にはフラット、時計的には速い水準を保っている小倉芝。中距離以上は差しが優勢に見えるが、6F戦に関しては偏りはないと見ておきたい。ただ今回は、逃げ先行馬は中より内目に、差し系の馬が外に寄ってしまっただけに、アクティブミノルが行き、他の先行馬はフタをする構図がミエミエ。例年差し馬が台頭するレースだが、今年は少し異なる傾向になるのではと想定する。

 

気になる馬

◎ 02 アクティブミノル

 →アイビスSDでも狙ったが、結果的に再加速を求められるレースが合わなかったということ。ここは再加速はありえないコースであり、ハナにも立てそうで巻き返しの要素は充分。例年逃げ馬はどこにもいないレースなのだが、前段の通り今年は趣きが違うと想定しての抜擢としたい。

 

馬券はどう買う?

 メインは3連複だが、ボーナスは頭まで来た時のプラスを狙った馬券としたい。相手は昇級戦の2頭は少し人気しすぎの感はあり、旨味はない。01 07辺りも加えての高め待ちとしておきたい。差し系から2列目に買うのは13のみで良いだろう。

 

 

その他気になる馬

◎ 新潟6R  
 →コース変更、距離延長は大歓迎。アタマまであっておかしくない。

 





(↑よろしければクリックしてやって下さいませ)

 

先週の反省 8/13 その2 エルムS篇(おまけ付き)

 いやはや…2・3着付けの3連単買って、勝たれるとかね…えぇ…私にとっては日常茶飯事でございますよwww もうブリーダーズGCは超適当に…最下部、おまけで公開です。

 

エルムS

 

Lap・馬場振り返り

6.8-10.6-11.8-12.3-11.9-11.6-11.7-11.8-12.4=1:40.9(R)

 JRA史上初のダ1700m1分40秒台での決着だが、バランス的に見るとデフォルト通り…どの区間も水準より速く刻んだ結果というイメージである。ただ特徴的なのは上がり4F目で最速を記録していること…3角前でリッカルドがポジションを上げたことでのペースアップだったのだろうが、その部分で後ろの馬は少し出し抜かれてしまった感も。

気になっていた馬

クリノスターオー(12着/5人気)

 →内の馬が速く番手すら取り付けず。これは小回りダート外枠の宿命とも言えるのだが、その時点で好走の余地は残されていなかった。状態的に本物でなかった可能性もあるが、今回に関しては他の馬に先行の余地を与えてしまった時点で負け。平謝りです…m(_ _;)m

 

その他の馬

 ロンドンタウン:行きっぷり抜群に好位のイン。直線も楽に前に迫った2着馬の後からスッと抜け出してきた。小回りの高速馬場でこれだけやれるのはちょっと想定外。力をつけているという背景もあるのだろうが、今回は鞍上の好判断もあってのこと。現状のG3クラスの上位常連という以上の評価は避けておきたい。

 テイエムジンソク:出は五分よりやや悪かったが、それでも二の脚で番手確保。4角では悠々と前に迫っていったが、交わすのに手間取り、そのスキに勝ち馬にあっさりと交わされてしまった。立ち回りとしては決して間違いではなかったと言えるし、勝ち馬より高速馬場への適性が低かったという事で良いだろう。出来れば8F以下の短距離も試してほしいのだが…

 ドリームキラリ:前走マーキュリーカップは未確認だが、ブリンカーを付けて行きっぷりが回復。2着馬が迫ってきても相当抵抗していた。強気にLapを踏んでハナに行ければ、このようなシーンが今後も見られそう。常に注意が必要な一頭と言える。

 コスモカナディアン:勝ち馬直後の内目から。4角まではいい感じで進めてきたが、そこから前との差は詰まらないままだった。高速馬場への適性はイマイチっぽく、その辺りが末脚に影響した感も。距離延長と良替わりで狙ってみたい所だ。

 ピオネロ:前半の位置取りの時点で、ほぼノーチャンスだった。一応参考外としておきたいが、そもそもそこまで強くない馬であることは忘れてはいけない。

 

 

 前段でも少し書きましたが、このメンバーでレコードになってしまうほどの特殊馬場でしたので、結果は参考外とするのはもちろんのこと、時計が速い=強い競馬だったとすることも止めておいたほうが良いと思います。そういう意味では勝ち馬も2着馬もまだ半信半疑という見立てで良いのではないでしょうか

 




 

ブリーダーズGCの注目馬(で、いつから牝馬限定になったの?)

 ◎クイーンマンボは連は外さない。でも万一勝つなら▲かなという感じの3連単を作ってみようと思います。

サマーチャンピオンのちょっと気になる馬

 昨日は◎サイタスリーレッドが直線で失速して3着。流石に1人気の◎が3着になる馬券は買えませんな。気を取り直して…と言いたいのですが、今日はいまいち触手が動きません。とか言いながらも、しっかり買っちゃうんですがねw

 

 サマーチャンピオン

 

 昨年の覇者グレイスフルリープは、昨年同様に行きたいはず。初ダートで逃げ切り楽勝だったウインムートに対してどう絡むのかがカギとなるだろう。何も起こらなかった場合はそのままの態勢でゴール…やりあって速くなった場合は、捲ってくる馬の台頭があるかもしれないが、どのような展開になろうと潰しが効く馬が一頭いる…今日はそこを狙ってみたい。

 

◎ 

○ 

▲ 

☆ 

△ 02 マサヤ

 

 馬券は◎の2・3着付け3連単。頭は○・▲・☆の3頭だが、○と▲はあまり強弱つけずに、▲が頭まで来た時に跳ねるような感じで買ってみたい。






(↑よろしければクリックしてやって下さいませ)

クラスターCのちょっと気になる馬

 盆…とは全く関係ない土地から暇つぶしエントリでございます。日本が休みだとこっちも意外とすること無いんですよね。まぁ色々溜まってたことを片付ける良い機会だったりするのですが。

 

クラスターC

 予想のポイント

・基本は先行組(地方交流なら当たり前ですが)

・外枠が結構有利

こんなところですかね?

 

◎ 

○ 

☆ 

△ 03 ガッサンプレイ

 

 ◎は正直ここまで人気するとは思いませんでしたが、むしろ湿った馬場のほうが安定感がありそうで、人気でも仕方なしの見立て。もしかしたら逃げるかもしれませんね。後は色々書くとリンク誘導の意味もありませんので(爆)

 

 馬券は3連単で◎→○→印を大本線に、◎→印→○、○→◎→印を押さえに買ってみようと思います。買い方で工夫しないとゲインが少ないのが地方交流重賞。そういう意味では結構訓練にはなると思いますよ。

 



(↑よろしければクリックしてやって下さいませ)

先週の反省 8/13 その1 関屋記念篇

 今年の全米プロは仮眠を挟みつつでしたが、ほぼフルタイムで見続けていたので、終わった時にはこちらも疲労困憊でした。もちろんプレーしていた本人は、その何万倍も堪えていたのだと思います。その中で見せた男泣き…普段寡黙な彼が見せるからこそ、悔しさがよく伝わってきました。17番で相手がバーディーを取った時点で終戦でしたが、オジサンはその後の18番の果敢なアタック…ハザード後のピンをデッドに狙ったショットを忘れません。もちろん来年も応援し続けますよ。ちなみに私はゴルフネットワークで見てましたので、某局の炎上インタビューの事はよく分かりませんが、GNのインタビュワー(杉澤さん)は素晴らしく、まさに我々の声を代弁していたと思います。

 

 

 はてさて…いったい何のブログでしょう。取り急ぎ、そこまでトンチンカンな予想ではなかったものの1円にもなっていない関屋記念を振り返っておくことにします。

 

関屋記念

Lap・馬場振り返り

12.4-11.1-11.7-11.4-11.3-11.1-11.0-12.2=1:32.2

 好発のマルターズアポジーに競っていく馬なし…前半を上手くスロー気味で切り抜けると、後は小出しにLapを上げて後続の脚を奪っていく作戦。ラストは止まってしまったが、結果的に後ろの馬に脚を溜めさせない中盤を作った上で、自身は34.3で上がって、前の馬も封じ込める絶妙Lapを演出した。馬場的は展開に左右されるフラットな作りだったと見ておきたい。

 

気になっていた馬

ダノンプラチナ(5着/8人気)

 →出負けは想定内。上手く巻き返し、最内でもロスなく前に迫っていけたのだが、ラストで脚が鈍ってしまった。使える脚は使っているし、それをカバーする内での立ち回りにも不満はないが、願わくばもう少し流れてほしかった…また、プラス12キロはやはり少し重かったかもしれないが、次に使える保証がある馬ではないだけに、上積みは考えないでおきたい。次が京成杯ならハンデで背負わされることが想定されるため、評価は下げたい所だ。

その他の馬

 マルターズアポジー一貫Lapでなくとも、スロー気味に入ってソコソコの上がりは使えるだけに、前半3Fをしのいだ時点で勝負あり…とにかく競られずに入れたのが大きい。今後もペース適性よりその部分に重きをおいて考えたい。たとえそれがG1でも同じ考え方で…

 ウインガニオン:前を捕まえきれなかった時点で、やりたいレースとは違ったのかもしれないが、この馬も前からそれなりの上がりを使える馬だけに、結果的に後ろにフタをする役割になってしまったことも仕方なしと考えたい。恐らく次走以降は好調期から外れてくると思われるので、半信半疑で考えておきたい。

 ダノンリバティ:直線で外に出そうとして何度か躊躇する場面もあったが、結果的には位置を取れた事がこの結果に繋がったと言える。ただ、この馬自身としてはもう少し流れて欲しかったというのが本音だろう。好走条件を選ぶ馬だけに、次以降も出し入れはきっちり行いたい。

 ヤングマンパワーこの馬としては使える上がりは使っての結果…展開的にここまで遅くなることを想定していなかったゆえの結末とも言える。メンバー一つで、もう少し高い位置での競馬も出来る馬だけに、次も少し注目しておきたい。

 ロードクエストスタート決めて中団からの競馬となったが、その分脚を溜められずに、決め脚を欠いてラストは止まってしまった。今回の場合、溜めるだけ溜めても良い結果は出なかっただろうし仕方無しの面もある。基本的にハマれば強いが、スイートスポットは小さい馬…新潟2歳Sの衝撃は一旦忘れて、次走以降はそれなりの評価で考えたほうが良いだろう。

 メートルダール:この流れでも十分対応できるだけの下地はあったと思うだけに、ここまで負けるのは不可解。鞍上も分からないと言っているように、とりあえずは参考外としておきたいが、この負けを経てしまっては、次以降軸で狙う事は難しくなったと言わざるをえない。

 ブラックムーンペースも合わなかった事は間違いないが、今回はそれに加え、中途半端に中団からで進め、全く持ち味が出なかった。この敗戦は必然と言える。決め手のみの勝負になるレースでこその馬。

 

 明日は回顧エントリを休んで、クラスターCの予想とか書いてみようかなと思っております。多分あたりませんがね。






(↑よろしければクリックしてやって下さいませ)

8/13 ちょっと気になる馬

 我慢我慢の3日目でした。土曜日は天候が悪化する可能性があって3サムになったようですが、日曜日は予定通りの2サムなら最終組の1つ前となります。元々1日おきに好スコアと出すタイプですので、他も伸ばせずに1打差で留まれたことはラッキーですね。まだまだチャンスあり…寝不足はまだ続きそうです。

 

新潟11R 関屋記念(G3) 芝1600m

馬場・Lap想定

 マルターズアポジーが出てきたことで数字的に緩まないことはすでに確定。単騎でシブトイ事を考えると後続も放置はしないはず…昨年同様中盤の緩みも少なくしっかり流れるレースを想定したい。土曜日の新潟外回りは意外と前が粘れるシーンもあったのだが、これはペースが寄与したケースが多く、しっかり流れれば差しも十分届く馬場と判断、この点で大きな出し入れは考えなくて良いだろう。

 

気になる馬

◎ 01 ダノンプラチナ

 →上がりを強調するタイプでも、スロー専用馬ではなくペース適性は多岐にわたってる馬。速めの流れでも瞬発力を使える特性は、このコースでしっかり流れる今年に限ってはかなり生きてくると見たい。蹄の関係で続けて使えない馬だけに、毎回しっかりと仕上がっているはずで、休み明けでもココが狙い目。鞍上に目をつぶって勝ち負けまで考えたい。

 

馬券はどう買う?

 絶賛不調中の鞍上だけにメインは3連複で考えるが、ボーナスは3連単の頭づけで。相手は昨年と同じような流れになるなら、リピーターのヤングマンパワー、ダノンリバティだが、人気どころではペース適性高そうなメートルダール、そして今回は絡まれそうにないマルターズアポジーの残り目も拾っておこう。逆に溜めてなんぼのブラックムーンロードクエストはちょっと評価を下げたい所だ。

 

札幌11R エルムS(G3) ダ1700m

Lap・馬場想定

 行きたい馬多数。テイエムジンソクはそんな馬を馬なりで見るような競馬になるだろう。デフォルト通りに緩みの少ない一貫競馬と想定しておく。それでも前に行った馬が残れるのがこのレースなのだが…また馬場的には湿って41秒台の決着が濃厚。時計対応力も考慮しチョイスしたい。

 

ちょっと気になる馬

 →前段の通り前の馬を狙いたい。逃げないまでも前でしっかりLapを刻んでも崩れない馬をチョイス。このコース常連で時計対応力もあるだけに、テイエムジンソクの相手はこの1頭で考えたい。2頭軸の3連複を少額投入で。

 






(↑よろしければクリックしてやって下さいませ)

先週の反省 8/6 その2 レパードS篇

 昨日のエントリで書いたとおりの展開…圧巻の7バーディーノーボギーでした。サスペンデッドでしたので暫定首位ですが、明日は恐らく最終組。メジャーの最終日で大逆転というのは難しいので、出来れば明日で勝負を決める感じで頑張って欲しいです…興奮するのは早いかもしれませんが、マジでメジャー制覇が見えてきました。ゾクゾクしてきます。

 

 肝心(?)の競馬の方は、土曜の推奨は無しで残っていた回顧エントリを放出し、日曜は何らかのエントリを上げてみようと思います。

 

レパードS

Lap・馬場振り返り

12.3-11.1-12.7-13.1-12.5-12.8-12.9-12.7-12.8=1:52.9

 1角までにサルサディオーネがハナを取りきってしまい3F目からペースダウン。5F目でペースが少し上がるのだが、新潟ダートのデフォルトである残り2F目での加速がほぼ無いまま、そのままのペースがゴールまで続く特殊な流れとなった。勝ち時計も同レース開催以降最遅なだけに、4角で他の馬がもっとペースを上げていれば結果は違ったのではないだろうか?またラストは止まっていないものの、4角でペースが上がらない情況で差し込んでこられなかった追い込み馬達は力不足と言わざるをえない。

 

注目していた馬

 後出しと言われるかもしれないが…穴ならローズプリンスダムと思っていて、実際にローズから3連複を買ったのだが、2着馬は1円も買っておらず、払い戻しは無し…(´・ω・`)これだけ付くなら100円でも押さえとけよ!って言葉が胸に突き刺さります。まぁ日本で遊び呆けていた分の代償ということでしょうな…

 

各馬振り返り

 ローズプリンスダム:好位の内目で脚を溜め直線で唯一伸びてきた。OP勝ちがあって、しかも内容的に決して悪くなかっただけに、流石にこの人気は舐められすぎと言わざるをえない。追って味のあるタイプでスピード比べは難しいかもしれないが、良馬場のダートならまだ面白いところはありそう。道中で動ける機動力もあるので地方交流もOK。

 サルサディオーネこの馬の500万勝ちは中京。中京ダートもラスト2F目のLapが上がるのがデフォルトなのだが、この馬の前走はそれがなく、そのまま押し切っている。期せずしてここもそれを再現する形になった。これに関しては、勝負どころでこの馬に迫る馬がいなかったという外的要因によるものが大きく、結果2走ともに恵まれたと見るべきだろう。これで人気になるようなことも無いだろうか、今後は準OPに属することになるだけに、そうなると厳しいと思われる。

 エピカリス↓のような情況での出走だった模様。 

 それが具体的にどう影響したのかは分からないが、直線で進路が無かった事も含めて考えても、ここであっさり負けるほどの馬ではないだけに、やはり状態面で今ひとつという事だったのだろう。負けて強しと言うつもりはさらさら無いが、参考外としておきたい。

 ブライトンロック:この流れであれば、本来こういった立ち回りの馬がもっと来れていいはずなのだが…この馬自身に関して言えば、距離が長かったということだろう。16ではなく東京ダ1400m辺りで是非見てみたい。

 ノーブルサターン:枠的にハナを取りきれなかったことは仕方ないが、もう少し前を意識したレースをしないと全く意味がない。2着馬の粘りを許したのは、この辺りの馬に最も責任があると思うのだが…自己条件なら普通にやれるはず。

 ハルクンノテソーロ:出負けもあるが、基本は距離が長い。またユニコーンSは色々恵まれた点もあるだけに、過大評価は避けておいたほうが良さそう。

 テンザワールド:1角までで位置を取れなかった分、終始外で振られ加減。一応参考外としておきたい。砂をかぶっても全く問題ないだけに内枠なら巻き返せそうだが。

 タガノディグオ:条件的にはあっていなかったものの、それを考えてもココまで負ける馬ではないはず。マイナス14キロが示すとおり、状態面で今一歩だった可能性も。また手前も変わっておらず、左回りは上手くないのかもしれない。

 

 

 いやぁ…後になってサルサディオーネが買える要素を探してみたのですが、ハナを取れることが不確実な情勢下では、やはり積極的に拾うのは難しかったなと改めて感じます。ただそれが自身にない能力だったとしても、それを見につける能力より、100円でも押さえるように気を配れるようになる事を考える方が精神衛生上いいんじゃないかと思います。上手く説明できないので、負け惜しみと取られるかもしれませんが。

 




(↑よろしければクリックしてやって下さいませ)

フォローする