重賞回顧ブログ~The結果論~

レースの後からなら何とでも言える。そんな結果論から次の当たりを導き出すBlogです。

2019 フローラSのちょっとだけ気になる馬

 昨日は全くダメダメ…完膚無きまでに叩きのめされました。流石にマイラーズCには手が出ないので、この難解レースにチャレンジしてみますが、たぶん今日もダメだと思います。

 

東京11R フローラS(G2) 芝2000m

ちょっとだけ気になる馬

ペレ

 →トライアルらしくスローという感じになる年と、ならない年に結構極端に分かれるレース。今年は行きたいウィクトーリアとジョディーがおり、折り合いはつくだろうがどスローの上がり勝負という形にはならないという想定で臨みたい。ペレは東京での未勝利勝ちの内容が秀逸。ポイントは後傾ながらトップスピードとギアアップの勝負にはならなかったことだ。そして前走…逃げ馬の作るスローから直線での極端なギアアップに付いていくのが精一杯の内容で2着だったのだが、逆に今回想定の流れで逆転できると判断したい。

 

馬券はどう買う?

 オークスに出るためには2着がいるのだが、馬券は3連複で。相手は非常に難解でなので、02 03 07 08 09 10 13 16 18をまず1頭軸で流し、2列目02の時だけ少し厚めに買いたい。

 

 

その他気になる馬

京都11R 

 →オッズに大きな差が出ているレースだが、ヒモでちょっと押さえたいのがこの馬。時計対応力だけで見れば、3枠目に滑り込んできてもおかしくないかなという思いから…あくまでヒモなので、◎を付けない前提の推奨であることはお断りしておく。






(↑よろしければクリックしてやって下さいませ)

(↑ブログ更新のメール配信をご希望の方は…開催日には、メール通知限定の狙い馬も配信してます)

2019 オアシスSのちょっと気になる馬

 一瞬だけ日本に戻ってまいりました。終始バタバタしてる感じなので、色々と端折り気味になりますがご了承下さい。というか、福島牝馬Sが10頭立てとは知らなんだ…(T_T) というわけでオアシスSをちょっと考えてみました。

 

 

東京11R オアシスS(L) ダ1600m

ちょっとだけ気になる馬

ローズプリンスダム

 →前走4角まで保たなかったドライヴナイトが短縮で連闘。加えてドリームキラリもいて、いつもの東京8Fの流れにはなりそうにない。通常ならダートでも上がりを強調して、自身の末脚でまとめて面倒見られる馬も来れるコースなのだが、ここはしっかりとしたペースで脚を残せる馬を買ってみたい。と…そんな流れがぴったりな馬がこの馬。バタバタの我慢比べより、12秒台中盤~後半が続くレースを我慢比べするパターンがこの馬の真骨頂。8F戦も経験あって、そこそこの位置を取れる前半の脚も持っているだけに、休み明けで動ける体制ならば、最も魅力的に映る馬だ。

 

馬券はどう買う?

 基本は3連複で、ハマった時にはそれ以上の着に来ると見て、そんな馬券もボーナスで押さえたい。相手は02 04 05 06 08 10 11 13 15の9頭。この人気なら100円ずつの3連複45点と馬連9点を投じて見ておく感じでいいのではないだろうか。

 

 

その他気になる馬

福島11R 

 →一応、ここでの推奨とするが、全く触手の動かないレース。ポイントは前でペースを作る馬たちが共に後傾でも走れる下地があるということ。ならば、その後ろから虎視眈々と狙える馬を中心視するのがセオリーだろう。万一もう少しペースが上がっても対応できるタイプで人気でもまず上げたいのがこの馬。(だから↑で取り上げづらいということなのだが)






(↑よろしければクリックしてやって下さいませ)

(↑ブログ更新のメール配信をご希望の方は…開催日には、メール通知限定の狙い馬も配信してます)

2019 アンタレスSの回顧

 シャケトラのニュースを貼り付けて、枕を作っていたのですが、こんなニュースも飛び込んできて、昨日付けエントリからの流れもあるので、まずはコチラから…

 JC後も、ドバイターフ後もふらつくような所を見せていたと言うし、常に全力を出し切るタイプの馬なんでしょうね。プラス輸送や環境の変化、更に古馬牝馬の負担重量58キロなんかを加味すると、凱旋門賞は難しいんじゃないかという判断に至ったんだと思います。ただ例年一次登録締切は5月10日前後なので、この早い段階でそこまで判断したというのは、今年はもう欧州には行きませんと言ってるようなもんですからねぇ。(4/18 追記:海外送金の日程の関係上、今年の日本サイドでの締切は4/18だったようです→ソース)国内専念もしくは、行っても香港か来年のドバイか…そんな感じなのかなぁと…そして、個人的にはそれでもいいんじゃないのかなと思ったりもしております。

 

 そしてコチラ…骨折を乗り越え、G1に手が届く最後のチャンスかも知れなかっただけに、言葉にならない位に残念です…馬券的にも長休明けのAJCC阪神大賞典を考えると人気どころでまず買いたいのはこの馬でしたしね…今は安らかにというしかありません。合掌。

 

 

アンタレスS

Lap・馬場振り返り

12.4-10.4-12.5-12.0-12.7-13.2-12.6-12.0-13.0=1:50.9

 ドライヴナイトが勢いよくハナに立ち、そのまま離し逃げの形に。4F目までについた差が、5F目でやや詰まり、6F目が終わる頃に完全吸収されるような形で推移しており、後続に関しては大きく緩むところのないラスト2Fで出し切るガチンコ勝負になったと言えるだろう。

 

各馬振り返り

 アナザートゥルース:早々に逃げ馬が沈み、その後の3頭(テイオーエナジー、グリム、リーゼントロック)が並ぶように先頭集団を作ったのだが、その後ろにいたのがこの馬。先に抜けた2着馬をあっさり捕らえて初重賞となった。ラストが掛かるような流れは得意で展開的にもバッチリ。同じようなレースが再現できるかは微妙なので、重賞常連というわけではないだろうが、ペース適性から見ても比較的安定して力は出せそうだ。

 グリム:先団の後ろ目から3角でややポジションアップ。4角では先頭3頭の真ん中から抜け出しを図ったが、勝ち馬には遅れを取ってしまった。いつもと違い馬群の中に入れての競馬でも力を出せたのは非常に大きい。次走以降も注目の一頭と言えるが、距離はもう少しあったほうが良さそうなので、9F戦ならメンバー次第ということにしておきたい。

 ロンドンタウン:この馬の前走の回顧でも書いたのだが、今回もラストでLapが落ちるようなLapになったことが大きい。更に前走のようなズブさも見せておらず、出来も安定してきた感がある。しばらくは安定した力は出せそうだ。

 ヴェスタールンド:道中掛かり気味で結果的に早めのまくりに…それでも一定の力は示したと言えるだろう。やはり4角までしっかり脚を溜めてこその馬という事を再認識したわけだが、落鉄&骨折の疑いありとのこと。一応参考外としておこう。

 ナムラアラシ:最後方から大外をまくり上がっていったが…やや強引さがあったものの脚は戻ってきた印象。この馬もどちらかと言うとギリギリまで溜めたほうがいいし、距離ももう少しあったほうが良いので、次がそんな舞台ならば買ってみたい。

 

 

 3~4角で手応えが悪くなりながらも、エンジンが掛かってからはしっかり脚を使って伸びてきたのが、この馬→ この馬も距離延長がベターだが、この距離でもしっかり流れるようなペースなら巻き返しがあっておかしくありません。







(↑よろしければクリックしてやって下さいませ)

(↑ブログ更新のメール配信をご希望の方は…開催日には、メール通知限定の狙い馬も配信してます)

2019 アーリントンCの回顧

 

 ルメールはアーモンドアイに乗るでしょうからねぇ。某所ではマーフィーだという話も上がっているようですが。ダービーを勝って2冠でも、3冠より海外という風潮が強いノーザンファームの事ですから、どこかには行くことにはなるのでしょうが、個人的には凱旋門賞絶対視という風潮はあまり好きではないので、適する舞台があれば行けばいいかなと位に思っております。

 

アーリントンC

Lap・馬場振り返り

12.4-11.2-11.4-12.4-12.4-11.5-11.0-11.9=1:34.2

 イベリスが少し促してハナに立つと、後ろの馬たちは引っ張るようにして控える序盤戦。3F通過はビックリするような遅さでもなかったのだが、中盤2つをしっかり緩め、直線での上がり勝負へ…多頭数でも一団の競馬だったので、後ろの馬でも上がりを強調できるような馬は力が発揮できたと言えるだろう。逆に前の馬は上がりをまとめられる馬が少なく切れ負けのような状況。わざわざ引っ張って脚を溜めた意味が全く無いというおそまつな結果だった。

 

各馬振り返り

 イベリスフィリーズレビューの加速Lapで4着に負け、距離延長のこの舞台を選択。マイペースで後続の追撃を封じ込んだ。前段のとおり、一団の競馬でもすぐ後ろの組が引っ張って、思った以上に消耗してしまったこと、そのおかげでプレッシャーも少なくレースが運べたことが大きい。距離をこなしたことは評価できるが、再現性としては乏しく本番に出ても買える要素は少ない。

 カテドラル:ちょっとだけ気になっていた馬。明確に出負けし最後方。直線に入っても行き場所を探すような形だったが、前が空くと一気に伸びてゴール前の2着争いを制した。実際に追い出されたのは残り250m位で、やはり上がりに凝縮するようなレースならば力が発揮できること言うこと。ただ本番はこのようなスローは考えにくく、そうなったとしても前でしっかり脚が使える馬がいるだけに、勝馬よりは買えるかなと言うレベルだろう。

 トオヤリトセイト:後方から外目を徐々にポジションを上げつつ、直線では真っ先に外を伸びてきた。勝ち上がりは2戦とも7Fだが、上がりを強調するレースで、この馬にも流れが向いたということだろう。マイル戦で更に流れた時にどのくらい脚が使えるかは未知数だが、このメンバーなら本番でまだ買えるのかなと思わせたのがこの馬。人気薄ならヒモに加えるレベルだが…

 ニシノカツナリ:中団馬群の中から直線外にだすのに、3着馬が行った後の進路を取らざるを得なかった。進路が開けてからの脚は目立つものが合っただけに、ちょっともったいない4着。自己条件ならあっさり…と思ったら、どうやら故障で戦線離脱の模様。素質はあるだけに再起を願いたい一頭。

 ユニコーンライオン:この馬の特性を把握して早めに動かしていったが…それでも全体の流れが合っていたわけではないので、キレ負けの形になってしまった。少なくともコーナー4つのコースで、もっと言えば上がりの掛かるような流れがベター。

 

 

 権利を意識してか、ちょっと早めに動かしていき止まってしまったのが、この馬→ 権利が取れたかは別として、この馬の特性から見ても、もう少し待っても良かったのかなと思わせた内容でした。こうなると一息入れて立て直しという形になると思いますが、OPまではすぐに行ける器だと思います。







(↑よろしければクリックしてやって下さいませ)

(↑ブログ更新のメール配信をご希望の方は…開催日には、メール通知限定の狙い馬も配信してます)

2019 皐月賞の回顧

 いやぁ…タイガーウッズがやりました。同年代で、大きな挫折も経験した中での復活劇は感慨深いものがあります。昔からの性分で、圧倒的に強い人やチームを応援しようという気持ちが全く湧いてこない人なので、以前の1強時代の彼は、あまり好きじゃなかったんですよね…今は絶対的な強さと言うより、大混戦時代の1人の有力プレイヤーまで復権してきたという所で感情移入してしまう自分がいます。でもスタート前は、モリナリに優勝してほしいなと思っていた自分もいて…中々言葉で説明するのはむずかしいですな。

 なんせ、トップがコロコロと入れ替わり、手に汗握る展開で寝るヒマもなかったおかげで、回顧も早めに仕上がったというのは喜ばしい限り…あ、それと、馬の1強は全然応援できるんですよねぇ、不思議なもんで。実際に馬券を買うことは少ないんですが。はい、なかば強引に紐付けできたので、本題にまいりましょう。

 

 

皐月賞

Lap・馬場振り返り

12.3-10.5-12.0-11.8-12.5-12.1-12.2-11.7-11.6-11.4=1:58.1

 ランスオブプラーナが行く所にダディーズマインドが並びかけて1角手前。2F目が速くなったのだが、隊列が決まってからはすぐにペースは落ち着いた。5F目で12.5まで落ちてひと塊で後半に入っていったのだが、そこからは徐々にゴールまでペースを上げていく加速型の持続力勝負での決着となった。5F分割ではほぼイーブンなのだが、今回の場合、加速を続けていく中でポジションを上げていかなくてはならない訳で、比較的後ろの馬には厳しい流れになったと言えるだろう。

 

各馬振り返り

 サートゥルナーリア:スタート決めて中団外のポジションをキープ。2着馬を目標に4角外から並びかけると叩き合いを外からねじ伏せて無敗でまず1冠。”まず"という言葉はふさわしくない勝ち方にも見えるのだが、少なくとも自身より前の馬たちに有利だった流れの中を、休み明けでねじ伏せたのだから、着差以上の内容だったと見るべきだろう。自身、一気にメンバーもペースも上がった中で、問題なく対応できた辺りは、今更ながらセンスの高さを示すものだし、トップスピード戦にも対応でき、ダービーの流れにもマッチする可能性が高い。順調に行けば2冠に最も近いのがこの馬という評価を変える必要はない。

 ヴェロックス:しっかり出て好位を追走。4角を前にしっかりと前を射程に入れる正攻法で押し切りを図ったのだが…この競馬をして差されるのだから、どうしようもないというのが正直な所。小回り10Fで結果を出し続けている馬で、トップスピードの質は落ちるだけに、ダービーでは少し乗り方に工夫が必要になりそうだが、そこはこの鞍上…流れに合わせる乗り方しか出来ないというわけではないので、期待すべきはその辺りか。

 ダノンキングリー:前から2列目の内を難なくキープ。直線では前の馬の内に入れてあわやのシーンを作ったが、ラストはわずかに差されてしまった。少し狭いところを突くことになったのだが、トップスピードではメンバー中トップとも言えるものを持っているだけに、そこまで不利に映らなかった。1・2着馬とは通った位置も違うのだが、向こうは向こうで持ち味を生かす競馬だったし、コチラに有利に働いたということはない。むしろトップスピード戦では優位に立てるものを持っているので、東京替わりは恐らくプラスに働くはず。距離面では微妙に映るが、それは勝ち馬とて同じなので、現時点の適正では2番手の有力候補としておきたい。

 アドマイヤマーズ:スタート出て好位もやや掛かり気味。4角では2着馬の内を持ったままだったが、1・2着馬が行った後に追い出す形になってしまった。もうちょっとデムーロなら強引に行っても良かったのかなと思うのだが、反応自体で見劣ってしまっているので、この距離では力の差が見えた一戦だったとも言える。NHKマイルに向かうようなので、そこならば主力扱い…グランアレグリアとのガチ勝負を期待。

 クラージュゲリエ:中団内目から4角ではアドマイヤマーズの後ろ。そこから追い出されたが、前とは逆に離されてのゴールとなった。ペースバランスは悪くなかっただけに、力を出し切った内容だったと言えるだろう。後ろから行って切れる脚を使える馬ではないだけに、ダービーで前を逆転するのは相当難しいと言っていい。

 タガノディアマンテ:出負けの時点で位置取り的にノーチャンス。この馬の上がりは使っての6着だけに、仕方無しの部分が大きいだろう。後傾Lapなら安定した脚が使える馬なので、メンバーさえ落ちれば重賞でも出番があるはず。

 

 

 後ろの馬がノーチャンスだ何だ言って、力のない馬が脚を使えるようなペースでもなかったので、上位馬は評価していい内容だったと思います。そんな訳でことさら強調できる馬はいないのですが、全く自身の競馬が出来ずに、秋以降に改めて期待してみたいなと思わせたのがこの馬→でした。







(↑よろしければクリックしてやって下さいませ)

(↑ブログ更新のメール配信をご希望の方は…開催日には、メール通知限定の狙い馬も配信してます)

2019 皐月賞の気になる馬

 昨日はカテドラルから買って1円にもならないという、ゲ○を吐きそうな結果で寝込んでおりました。ネジを巻き直してもう一度…という感じにも今ひとつなれないので、流し気味で行こうと思います。

 

中山11R 皐月賞(G1) 芝2000m

気になる馬

アドマイヤマーズ

 →基本的にサートゥルナーリアと共同通信杯の2頭を加えた3頭の競馬であることを前提での推奨。更にサートゥルナーリアが死ぬほど強い可能性(が高い)だけに、共同通信杯組の2頭の中で序列をつけるとすればコチラという意での推奨とする。斤量差に加え、この馬の上がり限界を超える脚を求められた可能性が高く、今回の流れを考えると、その差は逆転可能と見たい。外に何としても行きたいという馬もおらず、内の馬で先団を形成できそうで、この馬の先行競馬が上手く嵌りそうというのもプラスに働くだろう。

 

馬券はどう買う?

 前段のとおり、基本はサートゥルナーリアとの2頭軸だが、万が一この馬が勝つんじゃないのという線は一応見て3連単を買いたい。3列目は02 03 04 07 08 10としダノンキングリーは配当的に来たら諦めるか、元返しまでという感じで。

 

 

その他気になる馬

阪神11R 

 →前走は内を突いてきたのだが、基本的にダートを内を突いて伸びてこられる馬は、決して弱い馬ではない。いま阪神ダートは意外と差しが効いており、ペースもそこそこ上がりそうなので、さらなる前進を期待したい。






(↑よろしければクリックしてやって下さいませ)

(↑ブログ更新のメール配信をご希望の方は…開催日には、メール通知限定の狙い馬も配信してます)

2019 アーリントンCのちょっとだけ気になる馬

 今日も出遅れ気味…さっさと本題に行こうと思います。

 

阪神11R アーリントンC(G3) 芝1600m

ちょっとだけ気になる馬

カテドラル

 →2歳時は相当の器と言われたが、ここ2走はあまり瞬発力を求められない流れで大敗。現時点では瞬発力特化型とみて、ワンターンのこの舞台でもう一度見てみたい思いでの推奨。ここもさほどペースが上がりそうにないメンバー構成だが、フルゲートで短距離からの転戦組もおり紛れが出る可能性もあるので、大きく買うことはしたくないが、ペースがはまれば…というスケベゴコロで。

 

馬券はどう買う

 メインは3連複だが、2歳時の走りが出来れば頭まで来られるだけのものは秘めていると思うので、2着以上に来る馬券も少しだけ買っておきたい。相手は01 03 05 06 11 12 17あたりを中心に。

 

 

その他気になる馬

中山11R 

 →ブリンカーを外して行きっぷりが良くなかった前走を踏まえ、今回再装着。メンバー的にも楽に先行できそうなので、狙って面白そうだ。






(↑よろしければクリックしてやって下さいませ)

(↑ブログ更新のメール配信をご希望の方は…開催日には、メール通知限定の狙い馬も配信してます)

フォローする