重賞回顧ブログ~The結果論~

レースの後からなら何とでも言える。そんな結果論から次の当たりを導き出すBlogです。

先週の反省 11/19 マイルCS篇

 

 サトノダイヤモンドは年内お休みだそうで…出来ればキタサンブラックともう一回やってほしかったですね。

 

マイルチャンピオンシップ

Lap・馬場振り返り

12.2-10.8-11.6-12.1-11.9-11.5-11.6-12.1=1:33.8

 稍重にしては時計が掛かり過ぎというイメージだが、Lapバランスとしては凸凹が少なくイーブンに近いデフォルト通りの決着だったと言える。馬場的には外優勢とはいえないものの、逃げ馬が残るためには相当なLapの恩恵が必要な状態だった。4角の上がり3つ目が最速になっている分、そこで外を回った馬は少しロスが大きかったと言うのもあるか。

 

気になっていた馬

△ 04 サングレーザー(3着/7人気)

 →中団馬群の中から、直線では先に抜けた2着馬の直後に切り替えて追っていったのだが、内に併せられた勝ち馬には抵抗できず。とは言え、ペース・馬場への適性もあっただろうが、騎乗もほぼ完璧…全て重なっての結果だった。時計への対応力は未知数だが、緩まない流れでしっかりと脚を使えるというのは、このクラスでも安定して走れる重要な要素と言える。来年も要注目の一頭。阪神カップでも普通に有力。

 

その他の馬

 ペルシアンナイト:詳細は省くが、どこまでも神騎乗…3角以降の立ち回りがラストの一伸びをもたらしたのは言うまでもない。大外枠であること、鞍上の連続3着記録をいろいろと言われだした時点で、その記録は潰えるだろ…少なくとも、期待値は足りてないやんという観点から決意の無印にした誰かをあざ笑うような結果だった。もちろん評価を変える必要はあるのだが、今の所は3着馬と同等くらいと考えておきたい。極端な上がり勝負が分が悪いのも同じ。

 エアスピネルこちらも完璧な競馬。流れも申し分なかった。メンバー次第でG1に手が届くかも知れないが、それだけの力差は無いということで良いだろう。基本人気になる馬なので、キレに寄れば寄るほど信頼度が下がる点も上手く使うよりほかない。

 レーヌミノル先行策から押し切りを図ったが、キレのある馬には抵抗できず。それでも止まっているわけではなく、力のある所は見せられたと言っていいだろう。今日のパフォーマンスを見る限り7F戦のほうがベターであり、阪神カップに出るなら主力扱い。

 イスラボニータスタートが悪かったわけではないのに、位置が取れずに中団の後ろから。直線伸びかけた所にサングレーザーの外寄せの影響を受け、再加速を余儀なくされたのだが、それがなくても勝ち負けまでは難しかった。常に上がり最速をマークできるわけではないので、位置取りの優位性がモノを言う馬…そういう意味では序盤に勝負は決まっていたといえる。

 レッドファルクス道中は内目を意識しながらの追走。直線も内目に入っていったが今ひとつ伸びなかった。決してこなせない流れではなかったものの、もっと上がりを強調するような流れのほうが合っているという事だろう。

 サトノアラジントロールを見れば分かるが、最初から馬を外に誘導しており、プランどおりだったということだ。ただそれでは勝てるものも勝てない…現代競馬で外から差す事が優位に働くシーンはほぼないだけに、内枠に入った優位性を消してしまう様な乗り方は、少なくとも新潟・東京以外では通用しない。

 

 

 3歳馬が1・3着…主役不在のこの路線も少し変化が見えてきたといえるでしょうか。それでもその2頭は完璧に乗られたこともあり、そこまで抜けた馬はいないという評価で良いと思います。

 

 




(↑よろしければクリックしてやって下さいませ)

(↑ブログ更新のメール配信をご希望の方は…開催日には、メール通知限定の狙い馬も配信してます)

11/19 ちょっと気になる馬

 昨日は完全にトンチンカンな予想でした。家に戻り、結果を確認し1レースも当たっていないことを確認しふて寝をしておりました…

 

京都11R マイルチャンピオンシップ(G1) 芝1600m

Lap・馬場想定

 土曜は雨の重スタートで、昼前には上がったが、そのまま回復することなく終了。日曜もそれを引き継ぐ形だが、気温も低く余り回復しないままのメインという事になるだろう。その土曜は外回りレースが極端に少なく、明確な傾向は引き出せず…その上でマルターズアポジーのペースを読まねばならないというのは、もはや苦行の域である。というわけで最初に言っておきたいのは勝負するレースではないということ…あくまで小銭投入に留めておきたい。

 それでも色々と決め打ちをしつつの予想…まず展開。マルターズアポジーの単騎は確定…ロケットスタートが決まれば、少なくとも前半は競り合わない…34秒台後半位の標準的な入りからの後傾加速気味のレースになると想定しておきたい。そして馬場だが、土曜はスローなら前残りも可能性があって、平均以上になれば差しが優勢といった感じ。ただ外ばかりが良い訳ではなく、馬場の中ほどからも差して来られる馬場だった。6枠という微妙なところに入った1・2人気が4角では前を射程に入れるような競馬になることを考えると、妙味はやはりそれより内目で競馬する馬ではないかと考えての推奨としたい。

 

ちょっと気になる馬

△ 04 サングレーザー

 →ここも中団の内目から進めて、直線でバラけつつ馬場の中ほどから差すレースが叶いそう。前走時の回顧では半信半疑としたが、その他のメンバーも条件含め一長一短なだけに、ここは連勝の勢いに一票を投じてみる。速くない馬場への適性はピカイチ…馬場状況は違えど前走のような競馬が出来れば3着くらいはあっておかしくない。

 

馬券はどう買う?

 もちろん3連複。6枠両頭も決して条件が合わないわけではないので、素直にこの2頭を2列目にして、3列目で変なのが来るのを祈る馬券を買いつつだが、極端な穴目が来る要素も少なそうで、あまり点数を広げずに買いたい。こんな矛盾したことを書いてる時点であまり勝負出来ないレースであることはお分かり頂きたいところだ。

 

 

その他気になった馬

▲ 京都10R 

 →メインと違い、しっかりと流れる可能性が高いレース。後方からの差し込みに期待したい。脚の遅いディープに最適の馬場というのもプラス。 






(↑よろしければクリックしてやって下さいませ)

(↑ブログ更新のメール配信をご希望の方は…開催日には、メール通知限定の狙い馬も配信してます)

11/18 ちょっと気になる馬

 明日は所用あり…事前投稿となります。重賞はさすがに買いようがないので、京都のメインをちょっとだけ上げて今日はお茶を濁すことにしましょう。

 

京都11R アンドロメダS 芝2000m

 

 →Twitterで書いたのでバレバレの推奨なのだが、同条件の適鞍を蹴っての格上挑戦。ただこちらの方が、ペースが比較的流れてこの馬向きになりそうな気配で、あながち間違った選択とは言えない。もちろんハンデ戦で通常より軽い斤量で出られる分、格上挑戦のビハインドは少ないのもプラスであり、併せればしぶとい特徴を活かせば3着くらいならあるかなという感じでの推奨としたい。

 

 馬券は3連複だが、大外ストロングタイタンが流れ的にも微妙なだけに、手広く高め待ちと行きたい。2列目は01 07 08 09 11辺りで。

 

 

その他気になった馬

△ 京都8R 

 →メインと同距離…こちらも少頭数ながらそこそこしっかりとペースが流れそうで、この馬の差し脚が生きそう。少頭数なのも脚質的にプラスと思われる。

 

 

 どっちもあんまり自信ありませんね…結果見て日曜勝負という感じでしょうか。






(↑よろしければクリックしてやって下さいませ)

(↑ブログ更新のメール配信をご希望の方は…開催日には、メール通知限定の狙い馬も配信してます)

先週の反省 11/11 その2 デイリー杯2歳S篇

 なななな~、なななな~の深キョンが死ぬほどカワエエです。異論は認めません。はい、参りましょう。 

 

デイリー杯2歳S

Lap・馬場振り返り

12.6-11.0-12.1-13.0-12.3-12.4-11.6-11.3=1:36.3

 字面的には4F分割で1秒ちょっとの後傾だが、出遅れながら掛かり気味に上がっていたメガリージョンが故障してしまったせいもあって各馬様子見の展開が長く続き、坂を下ってからもペースが上がらない始末…そしてラスト1Fで最速をマークするという新馬戦でたまに見かけるLap構成での決着となった。ほとんどの馬が脚を余してゴールしたものと思われる。

 馬場的には土曜の朝までに降った雨から回復傾向での良馬場。それが時計の遅さの一因とも言えるが、基本はペースに拠るところのほうが大きかったと見ておきたい。

 

各馬振り返り

 ジャンダルム:出負けで巻き返しを図る際に、故障して下がった馬のアオリを受けてしまったが、直線は内目に切り替えると一気に前を捕らえ突き放した。新馬もドスローからの超上がり勝負だったが、ここでも形は違えど同じくギアアップへの反応の良さを活かしての快勝だった。血統の字面的に見ても、道中の折り合い方を見ても、一介の瞬発力特化型とも思えないだけに、次以降も楽しみはありそうだが、強い相手と相対していないのも事実で、そのあたりをどう捉えるか…次がG1ならオッズ次第で上げ下げするしか無いかなというのが正直なところだ。

 カツジ:番手からもこの馬が前との差を詰めたのではなく、前が勝手に垂れる感じで先頭に立つと、勝ち馬以外の後続は完封しての2着。ただこの馬に関しては、かなり流れに恵まれた感があり、この結果を鵜呑みにするのはかなり危険と見ておきたい。基本的には立ち回り勝負で良い馬と思っておこう。

 ケイアイノーテック:休み明け、差し遅れだけに参考外としておきたいが、基本的にキレ負けの感もあり、しっかり流れる舞台で再度見てみたい一頭と言える。

 フロンティア:掛かりまくり、さらに故障した馬と接触するようなシーンもあって参考外といえるが、新潟2歳で折り合えていたのが紙一重だったということだろうし、基本は距離短縮で持ち味が生きる馬といえるだろう。

 

 

 ココ2年は2歳重賞も増え、この重賞がG2たる所以も大して無くなってきた感はあります。京都8Fは重賞以外は内回り使用で、重賞だけは外回り使用なんですよね。それだけ2歳馬にとっては厳しいコースなんです。なのでここでしっかりと結果を出せる馬は、来年以降も期待できるんですがねぇ。開催時期を工夫できないもんでしょうかね。それか3着までに優先出走権あげちゃうとか…






(↑よろしければクリックしてやって下さいませ)

(↑ブログ更新のメール配信をご希望の方は)

先週の反省 11/11 その1 武蔵野S篇

 エアスピネルは乗り替わりですか…

 モズカッチャンのそれとはちと違うのかもしれませんが、何としてもG1を勝つために、ほんのわずかな不安要素でも取り除きたいとことなんでしょうね。ただ個人的にムーアはそこまで上手いとは思わない(もちろん下手ではないが)…少なくともオッズ的には過剰気味になっている感はあるので、馬券を考えると面白い方に向いたのかなと思っております。

 

武蔵野S

Lap・馬場振り返り

12.3-11.2-11.6-12.2-12.7-12.0-11.6-11.9=1:35.5

 押し出されるようにベストウォーリアのペース。それでも前半は極端ではなく"やや"程度のスローだったのだが、5F目で一気に12.7と緩めた上で直線で再加速。良馬場では過去10年で最速の上がりをマークしての決着となった。ただココは東京マイル…位置取りよりも速い上がりに対応できる馬が上位に食い込んだと考えるべき…先行有利のレースだったという部分だけでは判断しないほうが良いだろう。

 

ちょっと気になっていた馬

◎ 14 モーニン(9着/4人気)

 →出負けで後方から。緩んだ隙にポジションを上げていったが、直線半ばで息切れしてしまった。願わくば勝ち馬のようなレースをして欲しかったのだが…ココは参考外としても次に買えるとしたらフェブラリーS位…流石に狙い目にはならないだろうが。

 

その他の馬

 インカンテーション注文通りの番手。逃げ馬のペース上げ下げにも難なく対応し、直線半ばで捕まえるとあっさりと押し切った。前目から上がり35.4でまとめればどの馬も交わせないということだ。ギアアップへの対応は出来る馬だが、決して流れとして得意というわけではないだけに、今が充実期と見るべき。基本的に厳し目の流れでも対応できる馬だけに、ペースの上がる本番でも決して侮れない。願わくば内目の枠がほしいところだ。

 サンライズソア:逃げ馬を前に見るハコ内。直線は1・3着馬に締められて行き場を失ったが、残り2F辺りで3着馬を押しのけるように進路を確保すると、前に鋭く迫った。ユニコーンSでも遅めの流れをしっかり対応していたように、この流れがプラスに働いたのには違いないが、その前の2戦はOP特別ながら前に厳しい流れを止まらずに追走できており、トータルで力をつけているのは確実。次がチャンピオンズCでも3着は塗るべき…来年のフェブラリーなら上位扱いすら可能と見ておきたい。

 アキトクレッセント:前目からでもソコソコ上がりをまとめられる馬だが、マイルでそれが出来るとは驚き。まぁ決して弱くないので、条件さえ合えば、再度の好走も可能といえる。ただ前を交わせてもおかしくないほどの展開だったのに、逆に離されてしまった辺りはやはり距離面と見るべきだろう。

 ノンコノユメモーニンを先導役に3~4角で進出。直線もよく伸びたのだが…ラストのキレを欠いたのは休み明けだとしたら、及第点を与えられる内容と言える。一応次走も注目。

 カフジテイク:今年のドバイ以降、様々な形を試されてきたが、結局のところは溜めを作ったほうがよく、それでもマイル以上はちと長い…その特性は変わっていないようだ。とにかく来年の根岸S待ちでよいだろう。

 ベストウォーリア逃げたことはもちろんプラスではなかったが、あまりに抵抗なく交わされてしまっており、不可解さが残るレースだった。いずれにせよ1800mで買いたい馬ではないので、来年のフェブラリーで買うか買わないかは改めて考えたい。

 サンライズノヴァ:あえて控えたような印象の序盤。3角以降は馬群内の外目だったが、一団だったこともあり終始馬に囲まれて動けず…ペースの緩んだ部分でもポジションを上げられずだった。ユニコーンSもそうだったが、基本的にギアアップの必要な流れは向いていないといういうこと。一応参考外だが、そこまで強い馬ではないということは忘れずにおきたい。

 

 

 例年、本番に直結しないレースなのですが、今年は少し様相が異なります。まぁ過去の傾向を見て馬券を買う人間ではないので、その辺りは気にすることはないのですが、もしそういった要素で、このレース組が人気を落とすのであれば、願ったり叶ったりであることに違いはありません。最後にユニコーンSの回顧エントリでのサンライズノヴァの項目を張り付けてこのエントリを終わることにします。

 サンライズノヴァ:出負けで中団後ろ。前が緩めたすきにスムーズに差を詰めると直線半ばで外から突き抜け、早々に勝利を確定させた。インパクトのある勝ち方だったが、位置取り面の優位性を流れを生かした内容であることには違いなく、決して弱い馬ではないものの個人的には手放しの評価は避けておきたい。今後は取りこぼすシーンを想定しつつ、逆張りでのお付き合いという感じが良さそうだ。

先週の反省 6/18 その2 ユニコーンS篇 - 重賞回顧ブログ~The結果論~

 軸が当たらな意味ないっちゅう話ですがwww それにサンライズノヴァ、おもくそ2列目で厚く買ってるやん。というツッコミはお控え下さいww






(↑よろしければクリックしてやって下さいませ)

(↑ブログ更新のメール配信をご希望の方は)

先週の反省 11/12 その2 福島記念篇

 はい。ココからはイケてなかったやつの回顧ですね。

 

福島記念

Lap・馬場振り返り

12.5-11.9-11.7-12.8-12.7-11.4-11.6-11.6-11.5-12.5=2:00.2

 プリメラアスールが楽逃げ超スローに持ち込んだ所を、向正面でマイネルミラノが急襲。一気にペースを引き上げ持続力勝負に持ち込んだ。とは言え流石に上がり5F目での最速はやり過ぎで、ラストはお釣りのなくなる我慢比べに…前半が極端に遅かった分、全体時計は速くならなかったのだが、それを差し引いても遅い時計の決着。ラスト1Fが大きく掛かったのに、差し馬がズバッと来られなかったのも、レースレベルを表しているといえるだろう。

 

ちょっと気になっていた馬

☆ 13 マサハヤドリーム(11着/9人気)

 →終始外目を回って追走も、4角では早々に圏外…コンマ6秒差なら悲観する内容ではないが、重賞でもやれるだけものは見られなかった。OP特別が持ち場かも。また距離はもう少し短いほうが良い。

 

その他の馬

  ウインブライト:マイネルミラノがペースを上げたすぐ後ろを付いて行き、早め先頭から押し切った。結果的なのか、チームプレーなのかは分からないが、後半はこの馬のペースになったと言っても良い。ラストで差されなかったのは、相手が弱すぎたこともあるだろうが、自身も仕上がり途上だったなら、もう少し上でもやれそうな気配。小回りで機動力を生かす舞台で今一度だが、距離はこれ以上伸びない方が良い。

 スズカデヴィアス:小回りもこの流れも決してこの馬にとって良い舞台とはいえなかった。それでも来られたのは地力上位ゆえの事だとおもうが、時計が速くならないレースで脚を溜めつつ上がり勝負…みたいな舞台がベストなだけに、それを探すのはなかなか難しく当面は2~3着が増えそうだ。

 ヒストリカル基本ラストが掛かるレースで進化を発揮する馬だが、今日は枠なりにながらコーナーでほぼ前がつまらずにロスの無い立ち回りが出来たことも大きい。まだ衰えはなく、自身の持ち場なら常に3着には塗っておいたほうが良いだろう。

 マイネルディーン:4角まで最内…そこからかなり強引に外に振り向けてぶつかりながら進路を確保すると、勢い良く伸びてきた。さすが地方ジョッキーと言った所。年齢的に上積みがないのは百も承知だが、もっと距離を伸ばしても面白いかも。

 ショウナンバッハ:出負けから特に策のない外目を回しての差し込み。それでも一定の結果は出せており、ようやく復調の兆し。基本は器用に立ち回れるタイプなだけに、今回のような持続力勝負で内枠なら次は買ってみたい。もちろん鞍上はチェンジで。

 プリメラアスール:前半はシメシメと思っていたはずだが…それでもバッタリとは止まっておらず、OP特別あたりで楽に行かせて貰える条件なら、狙って面白い存在になれるはず。

 サンマルディン:スズカデヴィアスに内からピタリとマークを喰らい、全く前に馬を置けなかった。そんな中でもペースアップには付き合っており、必然の惨敗と言える。掛かる割には内で脚をためるレースは不得手なだけに、小回りはあっていないということ。舞台替わりでもう一度見てみたい。

 

 

 確かにレベル的にはうーん…のレースでしたが、どの馬もそれなりに狙い所は見つけられた感じはしましたので、次以降にしっかりと活かしたいと思います。






(↑よろしければクリックしてやって下さいませ)

(↑ブログ更新のメール配信をご希望の方は…開催日には、メール通知限定の狙い馬も配信してます)

先週の反省 11/12 その1 エリザベス女王杯篇

 いやぁ、久々にドハマリしたG1でした。当分こんなことも無いと思いますので、意気揚々と回顧していこうと思います。

 

エリザベス女王杯

Lap・馬場振り返り

12.5-11.3-12.7-12.8-12.7-12.8-12.9-12.2-11.6-11.2-11.6=2:14.3

 押してクインズミラーグロが主張も、クロコスミアはスッと引いて先行争いはなし。結果、超スローからの上がり4つの勝負となったのだが、坂の下り(上がり4F目)で12.2という数字では明確にペースが引き上げられたとも言えず、実質は上がり3Fの勝負だったと言って良いだろう。その割には3角までで縦長の隊列になっており、その時点で後方の馬はノーチャンス…力勝負とは程遠いG1となってしまった。

 馬場的には芝レースで2桁馬番が馬券圏内に入ったのはわずか3頭、その内2頭は逃げた馬という位に、ペース関わらず内目を通る馬が優勢だった一日。差す馬も内からというシーンが目立った。土曜日より顕著に傾向が見えており、雨馬場から一転、乾燥し内が踏み固められていく過程での傾向と捉えるべきだろう。

 

ちょっと気になっていた馬

☆ 04 クロコスミア(2着/9人気)

 →予想段階で書いた通り、ペースさえ守れば好走条件の幅は多岐にわたる馬であり、他に主張する馬がいた時点で慌てず控えた事がまず大きい。後は直線まで引きつけ、一気に後ろを出し抜き、あわやのシーンまで演出した。恵まれた点があるのはもちろんなのだが、この馬の力も認めるべき内容と個人的には思う…今後も狙えるシーンはいくらでもあるはずで、良いお付き合いをしたいところだ。

 

その他の馬

 モズカッチャン:勝ち馬と同じく前目でもしっかりと上がりをまとめられる馬。内枠を引いてこの流れになった時点で、好走は約束されたと言っていい結果だった。とは言え、秋華賞と合わせて考えれば、現役牝馬の中では屈指の力を持った馬というべき存在である事は疑いようもない。ただし牡馬と対峙してどうかまでは保留としておきたい。

 ミッキークイーンこの馬らしい正攻法の差し競馬。直線も馬場の中より外目を一気に伸びてきたが、わずかに届かなかった。自身の持てる脚は全て出してのものであり、この流れで突っ込んでこられたことは負けて強しといっていいだろう。牡馬と対峙してもそれなりにやれるだけの実績は持っているだけに、残り少ないであろう現役生活の中でも、まだ狙えるチャンスはあるはずだ。

 マキシマムドパリ:流れに助けられた一頭ではあるが、もう一つ上を狙うとしたらもっと早めに動かすべきだった。下り坂で躊躇したような感じも見て取れただけに余計にもったいなく感じる。そうしていたら3着があったかどうかは別として、もっと出し切る方法はあったのではないかというニュアンスで見て頂ければ。

 ヴィブロス外から高い位置を取る作戦。上手く収まったかに見えたが、かなり行きたがっており、4角ではすでにお釣りがない状態だった。決して力を出せない流れではなかっただけに、返す返すも外枠が響いた形になる。ただ基礎能力もペース適応力も高い馬だけに、次以降もいくらでも狙い所はある…むしろ強敵相手のほうがいい結果になる可能性すらあるのでは?

 スマートレイアー序盤は前目の位置。向正面では自身の前に動きやすいスペースを作りつつの追走だったが、3角手前で何としても前に馬を置いて落ち着かせたいヴィブロスがそのスペースに入ってしまい、3~4角で全く行き場を失ってしまった。かなりもったいない競馬で見直し可能。

 リスグラシュー出が悪く後方から。その時点でノーチャンスだったが、上がり勝負に分がない中でも自身の脚は使えており、悲観する内容ではない。条件さえ合えば巻き返しの要素は十分。来年の宝塚記念とかで好走しても決して驚かない。

 ルージュバック基本的に上がり勝負の馬だが、ギアアップ能力には欠けており、勢いをつけつつ加速していくのが理想型。そういう意味では今回の立ち回りは良さを生かせないそれだった。単発勝負の外国人Jの悪い面が出た一戦と言える。後方に陣取った以上、チャンスはなかったのかもしれないが、もったいない競馬だったことに違いはない。

 ディアドラ:位置取り面で好走の余地はなかったが、ペース適性としてはこなせないわけではなかっただけに、少なくとも上がり最速は出しておいて欲しかった所。まぁ夏の北海道から続けて使われてきただけに、疲れの面も否定できず、ここは参考外としておきたい。

 

 

 結果的にG1勝ちのないオーナー、厩舎、生産牧場の執念の乗り替わりが実った形になりました。我々はダビスタなんかのゲームですら、G1ともなればより良い鞍上を求めてしまうわけで、G1であと一歩足りなかった何かを引き寄せるために未知の魅力を引き出せる鞍上にスイッチすることは、ある意味必然と言っていいのかもしれません。ましてや、依頼を受ける側のジョッキーに対してどうこう思うことはお門違いというものです。それを踏まえても、ゴール後の馬上からおめでとうと祝福の声をかけた和田Jは真の人格者ですね。

 実は私…モズカッチャンが迫ってきたと知り、ゴール前は何故だか「和田粘れ!」と叫んでおりました。結果それは叶わなかったんですが、馬券的には2着付けしか買ってない3連単が当たってしまう事になりました。自身が馬券に向き合うにおいて、応援的な馬券を買う事は絶対にしないと決めている以上、配当金は当たり前のように次週の糧にすることになりますが、心情的には複雑な所もあったのも事実…次こそは頭付けの馬券を買って叫びたいものです。あ、3連複でもいいのか。





(↑よろしければクリックしてやって下さいませ)

(↑ブログ更新のメール配信をご希望の方は)

フォローする